油を楽しむ~アボカドグラタンに山葵油を #世界のオイルを巡るレシピと油活のススメ

油を楽しむ~アボカドグラタンに山葵油を #世界のオイルを巡るレシピと油活のススメ

1年間、油の基本についてお話しさせていただきました。
油の成分と種類、搾り方、保存法、どう摂ればいいのか、使い分けや加熱におすすめの油など。
油について疑問に思ったら読み返していただければ嬉しいです。

アボカドグラタンのレシピはこちら

30年で爆上がりした油の地位

今回は油屋で私が見てきた油事情とこれからの油の楽しみ方をまとめとしてお届けします。

かつて油は健康の敵

私が油業界に飛び込んだのは16年前、インターネットに登録していた履歴書に歴史130年の油専門店からネットスカウトが来ました。面接で油のネットショップを立ち上げたいとのお話をいただき仕事をスタートしました。

「油は健康によくない、太る原因」という意識がまだまだ多数派だった時代です。油の商社として「油は身体に大切なもの」ということを知って欲しいと啓蒙活動に力を入れていましたが、この頃はまだまだといった感じでしたね。

たまにテレビや雑誌に取り上げられることもありましたが、どちらかというとグルメ系の美味しい油の紹介が多かったです。元々ある病院の養生食用に開発した癖のないえごま油も、主に医療関係者やアレルギー、アトピー治療の患者さんが購入していました。

いろいろあった油ブーム

油は飲み物ではないので料理で紹介するしかない、と油を使った料理ブログ「油屋ごはん」をはじめたり、ネットショップ運営の試行錯誤、当然油の深い知識はなかったので日々勉強とあまり売れないけど忙しい日々が続きました。

数年後、最初に体験した大きなブームは「シャングリラ・ダイエット」。詳しくは説明しませんが油で食欲をコントロールして痩せるという方法で、癖のない精製オリーブオイルの生産が間に合わないほどの注文が。

それから主に女性誌で「アンチエイジングとオイル」、「飲んで痩せる油」などが増えてきました。このころはご来店されるお客様も「飲む油ください」の声が多くて……。まず何が目的で飲みたいのか、薬局でもないのにカウンセリングばかりしていたような記憶があります。

10年前くらいから機能性植物油が取り上げられはじめ、健康系の番組や雑誌で「植物油特集」「オメガ3オイルで花粉症を乗り切る」「ココナッツオイルと認知症」などの取材がどんどん増えてきました。

えごま油、あまに油などオメガ3という言葉が認知されはじめたのもその頃です。特にえごま油は、以前も書きましたが、日本で1000年以上前に搾油された古い歴史を持つ油。時を経てまた地位を取り戻し、さらに別の価値を見出された面白い油だなと思います。

【関連記事】あまに油とえごま油との違いは?
https://hito-tema.net/recipe-and-column/cuisine-recipe/14843

油活は健康への鍵

思い出話のようになってしまいましたが、かつて健康に悪いイメージだった油が今や健康に必須と言われる時代になったことがとても感慨深いです。そこまでの意識がない方も「いい油は健康に大事そう」くらいまで来たように思うのです。

でも油が変わったわけではありません。私たちの細胞に油があるのも昔から同じです。油と身体への影響の研究が進み、情報が広がり私たちの知識、見方が変わったということでしょう。

実は油にはいろいろな種類と機能性があったこと、体内での役割も油によって違うこと。身体に必須な油が足りてないことや、過剰な油が炎症や病気の元になること。美容、妊活、ダイエットにももちろん必須だし、もう脂肪は臓器と言えるほど重要な役割を果たすこと。

私たちは日々解明される謎のまだほんの一部しか見えていないのかもしれません。

これから「油は健康に活かす」時代。
情報をアップデートしながら油を上手に活用すれば、毎日の食事は美味しく身体にもよいものとなります。まさに油活は健康への鍵。基本を大事に、あまりブームに振り回されず新しいものも取り入れて楽しみたいですね。

そしてまだまだ力不足で、油に無頓着な方が多いのも事実。
油は大事、油活は楽しいことを是非周りの方にも教えてあげてくださいね。

【関連記事】油はどう摂ればいい?油の摂り方3ヶ条
https://hito-tema.net/recipe-and-column/cuisine-recipe/5149

次ページ:アボカドグラタンに山葵油を

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。