ドラックストアで買える歯科衛生士おすすめ歯磨き粉5選 #歯科衛生士の歯磨き教室

ドラックストアで買える歯科衛生士おすすめ歯磨き粉5選 #歯科衛生士の歯の教室

「歯磨き粉はどうやって選んでいますか?」と聞かれたら何と答えますか?
例えば

  • 値段の安さ
  • 爽快感の強さ
  • 好きな俳優さんがCMをしているから

なんて答えもありそうです。

でも、できれば自分に口に合った効果的な歯磨き粉を使いたいですよね。
歯科医院でおすすめしてもらうのがベストですが、やはり身近なドラッグストアで手軽に買いたいですよね。
そこで、今回はドラックストアで買える歯科衛生士おすすめの歯磨き粉5種類をご紹介します。

着色汚れが気になる方はこちらもどうぞ

歯に付いた着色汚れは、自分では落とせないと思っていませんか?最近では、コーヒー専門店やワイン専門店など、歯に着色しやすい食品を提供しているお店も増えてきました。そのため、コーヒーやワインを飲む機会が増えて、歯の着色が気になる方も多いと思い[…]

自宅でできる!着色汚れの落とし方 #歯科衛生士の歯磨き教室

歯磨き粉は目的で選ぼう

歯磨き粉は目的で選ぼう
(画像出典)pixta

歯磨き粉の選び方のポイントとしては、「何が目的で歯磨き粉を使うのか」になります。
例えば歯周病になりやすい方がホワイトニング用の歯磨き粉を使っても、歯周病予防にはなりません。
歯周病を予防するのか、着色が付きにくくするのかの「目的」によって歯磨き粉を使いわけないと効果を感じにくくなります。
そのため、自分の口の症状・悩みと一致する歯磨き粉を選びましょう。

口の中の主な症状・悩みは次の通りです。

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 知覚過敏
  • ホワイトニング

など。
それぞれの症状に対して、効果的な成分や注意することを簡単に説明していきます。

虫歯

虫歯になりやすい方には、フッ素が入っている歯磨き粉がおすすめです。フッ素は、歯に浸透することで虫歯になりにくい、強い歯にする効果があります。さらに歯の表面に膜を作るので、一時的に菌から歯を守る働きがあります。

歯周病

歯周病の方は、歯周病菌の増殖を防ぐために、殺菌成分であるイソプロメチルフェノール(IPMP)が歯磨き粉に入っているかを確認しましょう。

知覚過敏

歯がしみる方は、象牙質(歯の中の黄色い部分)が露出している可能性があります。研磨剤が多く入っている歯磨き粉を露出した象牙質に使うと、傷つけてしまい痛みが悪化する場合があります。研磨剤が入っていない、または低研磨の歯磨き粉を使うようにしましょう。

ホワイトニング

歯を白くしたい方や薄い着色を歯磨きで落としたい方は、研磨剤が入っている歯磨き粉を選びましょう。しかし、研磨剤が多く入っている歯磨き粉は、歯の表面を傷つけて着色が付きやすい状態を作り出してしまいます。研磨剤だけでなく、歯を守る成分が入っていることも重要になります。

ドラックストアで買えるおすすめ歯磨き粉5選

ドラックストアで買えるおすすめの歯磨き粉は、次の5つです。
それぞれの特長やおすすめポイントについて説明していきます。

クリニカ アドバンテージ(ライオン)

クリニカの歯磨き粉はフッ素濃度が1,450ppm で日本最高基準となるフッ素濃度が含まれていて、虫歯予防に最適です。フッ素濃度はppm という単位で表示されて、数字が大きいほどフッ素の効果も高くなります。味はクールミント、シトラスミント、ソフトミントの3つの種類があるので、スッキリ感を比べるのも良いですね。


ケアポリス(日本ゼトック)

この歯磨き粉は、歯周病予防におすすめです。高い殺菌効果があるイソプロメチルフェノールを使用しています。また、低研磨、低刺激なので歯茎のマッサージにもぴったりです。


シュミテクト(アース製薬)

シュミテクトにも多くの種類があって、どの歯磨き粉にも知覚過敏予防の効果がある成分が入っています。特に、歯周病ケアのシュミテクトには、しみる痛みを防ぐ効果がある硫酸カリウムが配合されています。


ブリリアントモア(ライオン)

この歯磨き粉は、歯を白くしたい方や着色を落としたい方におすすめです。歯磨き粉に含まれているピロリン酸ナトリウムが、着色の原因となるステインを歯の表面から浮かせる働きがあります。
また、フッ素が入っているため、歯の表面の汚れを落とした後の強化にも期待できます。


せっけんはみがき(シャボン玉せっけん)

せっけんはみがきは、合成界面活性剤、着色料、防腐剤を一切使用していない歯磨き粉です。無添加で余計な成分が何も入っていない物が良いという方におすすめです。
また、発泡剤には石鹸を使用しているので、泡立ちも少なく、口全体をしっかりと歯磨きすることができます。


お気に入りの一本を見つけよう

自分の口の状態に合った歯磨き粉を使うことで、歯や歯茎のトラブル予防になります。
味や磨き心地も歯磨き粉によって違うので、楽しみながらお気に入りの一本を見つけてくださいね。

特に気になる症状がない場合には、歯周病や知覚過敏の歯磨き粉ではなく、基本的な歯磨き粉であるシャボン玉の「せっけんはみがき」をおすすめします。

おすすめ歯ブラシの記事はこちら

歯ブラシの選び方は学校では習いません。だから、今までなんとなくで歯ブラシを選んできた方が多いのではないでしょうか?歯ブラシが自分の口に合っていないと、汚れが残りやすくなります。歯磨きをしても、汚れが落ちなかったら意味がありませんよね。そこ[…]

おすすめ歯ブラシ6選#歯科衛生士の歯磨き教室

記事監修:林 徹(歯科医、はやし歯科医院院長)

林徹先生

三重県津市 高茶屋小森町356-2林歯科ビル1F
059-234-0118
https://hayashi-dentalclinic.net/
小さなお子様からお年寄りまで、幅広い層の患者さまに信頼していただける医療を提供することを心がけています。

スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。