魅力は無限大!「魔法のアルミホイルレシピ100」(たけだバーベキュー) #お役立ちレシピ本

魅力は無限大!「魔法のアルミホイルレシピ100」(たけだバーベキュー) #お役立ちレシピ本

仕事や家事にバタバタの毎日。あと1品欲しいけど、時間ないし、食べちゃお~なんて時ありませんか?今回ご紹介するレシピ本は、そんな時の救世主になってくれる神本!吉本興業のお笑い芸人、たけだバーベキューさん監修の「魔法のアルミホイルレシピ100」です。
https://www.amazon.co.jp/dp/4847092635

アルミホイルって簡単!
アルミホイルって、奥が深い!
恐るべしアルミホイル!

と感じる1冊です。実際に気になったレシピを作ってみましたので、本書の魅力とともに、そちらもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

監修のたけだバーベキューさんってどんな人?

本書を監修している吉本興業所属のお笑い芸人・たけだバーベキューさんは、月に10回ペースでバーベキューをするほどの大のバーベキュー好き。今や趣味を超えてバーベキュー関連のお仕事もたくさんされています。
「ZIP!」や「ヒルナンデス」(いずれも日本テレビ)で見た人も多いのでは?

驚くのは、自身で出された料理本が9冊もあること。どれも目を引くレシピ本なのですが、今回ご紹介する「魔法のアルミホイルレシピ100」は、これまでのバーベキューライフで培ってきた、たけだバーベキューさんの料理のアイディアがギュッと詰まっています。

「アルミホイルレシピ100」の第一印象

全体をパラパラ見た印象は、レシピがたくさんあって、オシャレな料理が並んでいるなという印象でした。実際読み始めてみると……

コンパクトなサイズ感が嬉しい!

重いレシピ本は使いにくいのですが、文庫本よりひと回り大きいくらいのサイズなので、読みやすく、持ち歩きしやすい。料理中はもちろんのこと、電車の中でもサッと出せるサイズ感がGOOD。それなのにレシピが100もあるのは驚きです。

バーベキュー用のレシピ本ではなかった!

バーベキュー用のレシピ本だと思い込んでいましたが、家庭用のレシピ本。主にトースターを使って調理するので簡単です!

包み方のバリエーションに興奮!

アルミホイルは単に包むだけでなく、封筒のように包んだり、BOXにしてみたりと、作る料理によってアルミホイルの包み方が異なります。丁寧な説明ページがありますよ!

アルミホイル調理の注意点が詳しくて親切!

「加熱後のホイルは熱々だと忘れるな!」
今まで読んだレシピ本にはない、こうした心に投げかけてくれるフレーズが魅力。これなら注意事項もしっかり頭に入りますね。

実際に作ってみました!

前菜からデザートまで、100のレシピがあり、どれも食べたくなるものばかり。今回は、その中でも特に作ってみたいレシピをピックアップして、実際に数品作ってみました!

今回は我が家のトースター(1000w)で何度で何分調理したかもあわせてレポしたいと思います。
前菜・メイン(肉・魚)・ごはんもの・デザートと一通り作ってみましたよ。

前菜~プチトマトの小舟焼き&フォカッチャのトースト~

まずは前菜から。見た目がかわいく、写真を見た瞬間にこれ作りたい!と思ったレシピです。

なんと、3分(230℃)で完成。シンプルですが、インパクトのある一品です。冷めても美味しいので、前菜にぴったり。
横にスペースがあったので、レシピ本には書いてありませんでしたが、フォカッチャを一緒に入れてトーストしてみました。

肉料理~ローストビーフ&アンチョビポテトのローズマリー焼き~

プチトマトを焼いている間に、ローストビーフをパパっと下ごしらえ。本格的なローストビーフが、トースターでできちゃうなんて驚きです!レシピ通りの15分の加熱ではレアだったため、230℃で25分加熱しました。お肉の厚さにもよるでしょうし、機種によって火力に差があるので少し気を付けたいですね。

トースターで焼いた後、そのまま15分お肉を放置して完成。トースターで放置調理したなんて思えないほど、ほどよい焼き具合の絶品ローストビーフが出来上がりました!焼き具合の調整が難しいものの、自宅のトースターでの温度・時間がわかれば簡単に作れるようになります。

ローストビーフと一緒に食べたいと思って選んだのは、アンチョビポテトのローズマリー焼き。ローストビーフと一緒にトースターに入れ、同時調理ができました!
アルミホイルも便利ですが、トースターってめちゃくちゃ便利ですね。同時に2品できちゃうんですよ。(主婦歴11年にして今更気づきました)

魚料理~鯛のオレンジ蒸し~

魚料理は、レシピ本の中で一番目を引いたこちらのレシピに挑戦。魚とオレンジを組み合わせた料理なんて……人生初!オッシャレ~な料理を作っちゃいますよ。

お肉料理と同時進行で作ってしまおう!ということで、こちらはフライパンで調理。

フライパンに乗せてからたったの15分で完成です。オシャレ料理がこんなに簡単だとは!しかもフライパンが汚れていない!このレシピを教えてくれた、たけだバーベキューさんに感謝ですね。
鯛はふっくら美味しく、オレンジの酸味とローズマリーの香りが絶妙に合うお料理でした。

ごはん料理~パエリア~

パエリアはいつもフライパンで作っていますが、トースターでもできるなんて初めて知りました。我が家のトースターでは、230℃で30分加熱&そのまま10分放置して完成。トースターで作ったなんて言えないレベルの美味しさと見た目に驚きです!

デザート~ふわとろマシュベリー~

最後はデザート作り。思わずキュンとするこんなかわいいレシピも載っています。

マシュマロとベリーなんて、最高の組み合わせじゃないですか!見た目もかわいいので、迷わずチョイス。200℃で15分加熱して完成です。

マシュマロが溶けて、ジャムのような甘~いベリーソースが完成しました。甘党はアイスに乗せて。さっぱり食べたい時は、かき氷のトッピングにしてもいいですね。

他にもスイートポテトやプリンなど、作ってみたいデザートがたくさんあったので、今後も作り続けたいと思います。

粋な職人になってみよう!

「粋なホイル料理職人を目指すなら!ホイル料理コワザ選手権」
なんていうページも途中にあり、ページを広げる度にワクワクします。
アルミホイル料理のコワザを勉強すべく、アンチョビパウダー作りにも挑戦しました。

アンチョビ缶のアンチョビをトースターで加熱するだけの簡単レシピなのですが、これがすごい!斬新すぎる魔法の粉と書いてあるだけあって、いろんな料理に使えます。

早速作って、オイルベースのパスタに混ぜたり、野菜炒めに入れたりしていただきました!我が家の常備調味料に決定。
こうした使えるワザがたくさん登場するので、読んでいても楽しい本です。

ここだけは、ちょっと注意!

本書のレシピは1000wのトースターが前提ですが、温度設定は機種によって変わるため、レシピには温度は記載されていません。そのため、温度調節(火力調節)にはちょっと注意が必要です。
温度調節機能が付いている場合は、200~230℃で加熱し、加熱具合を確認しながら調理していくといいでしょう。

そして気になる匂いですが、匂いのするもの(魚や肉)は、アルミホイルに包んで調理するので調理中も気にならず、トースターに匂いが残ることもありませんでした。ただ、「アルミホイルをぴったり閉じない」「アンチョビパウダーを作る際に缶のオイルをきちんと落とし切らない」など、レシピ本通りに作らないと匂いが残ってしまいそうなのでご注意ください。

アルミホイル×トースターの魅力に出会えて感謝!

Amazon楽天ブックス
KindleRakuten kobo

一番驚いたことは、アルミホイルを使ったトースター調理は、トースターにセットして放置するだけでお料理が完成してしまうこと。そりゃそうでしょと思うかもしれませんが、私は本書に出会わなければ、一生、アルミホイル&トースターで料理をしようと思わなかったでしょう。(それはただ単に、トースターは料理をするものではないと思っていたから)

材料をアルミホイルに包んでトースターに入れてしまえば、その間、他の料理を作ったり、他の家事を済ませることだってできちゃいます。しかも、1回に2品調理することも可能!洗い物だって少なく済みます。

その上、料理は美味しく、簡単に作れるとは思えないほど華やか。さらに、キャンプ料理にも活かせるので、アウトドア好きとしてキャンプ料理の幅が広がりそうです。

出会えて感謝、素直にそう思えるレシピ本でした。みなさんもぜひ手にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。