紅茶好きライターおすすめ、北欧の美味しい紅茶3選 #ロンドン女子の英国日記

紅茶好きライターおすすめ、北欧の美味しい紅茶3選 #ロンドン女子の英国日記

こんにちは、ライターの山田志桜里です。
まだまだ安心して外出できず、長引くステイホーム期間が続いていますが、みなさんどのようにお過ごしでしょうか?

リード

紅茶好きの私は、自宅でゆっくりとティータイムを楽しむ日が増え、今日はカナダ好きのお友達から薦められたメイプルリーフクリームのクッキーをお供に、紅茶を淹れようとしているところです。海外のお菓子って、なんだか気分が上がりますよね。

関連記事

こんにちは、フリーライターの山田志桜里です。こちらの連載 #ロンドン女子の英国日記 では、ロンドンで在英ライターとして活動していた私が、イギリスで見つけた素敵なお店や紅茶にまつわるあれこれを毎月ご紹介しています。 コロナによる自粛期[…]

イギリスからお取り寄せ!Bettysの本格ティータイムをご自宅で #ロンドン女子の英国日記

以前の連載 #ロンドン女子の英国日記 では、イギリスの老舗ティールームからお取り寄せできる紅茶とお茶菓子のセットをご紹介しましたが、イギリスから海外取材に出た際に買い集めた紅茶の中にも、気に入って愛飲しているものがたくさんあります。

今回はその中からお気に入りの3つをご紹介したいと思います。

#1 A.C.PERCH’S(デンマーク)

 A.C.PERCH’S

まず1つ目は、デンマークの老舗紅茶ブランド「A.C.PERCH’S(エーシーパークス)」。1835年に首都コペンハーゲンで設立されたブランドで、北欧最古の紅茶専門店としても知られています。

デンマーク王室御用達ということで、海外でも幅広く愛されているブランドです。

 A.C.PERCH’Sパンフレット

本店は、コペンハーゲンの観光地の一つ「ラウンドタワー」から徒歩3分ほどのクラウンプリンセス通りにあり、軽食やスイーツが楽しめるティールームも併設されています。

ティールームでは、メアリー皇太子妃にちなんでブレンドされた「クラウンプリンセスティー」をいただきましたが、他のブレンドも気になったので、こちらのセットを購入しました。

全12種類のお茶

ダージリンやブレックファーストなど、定番の紅茶はもちろんのこと、ハーブティー、ルイボスティー、グリーンティー、ホワイトティーと全12種類のお茶が入っています。

クラウンプリンセスブレンド

私のお気に入りの「クラウンプリンセスブレンド」も。マイルドな烏龍茶をベースに、軽い口当たりのアールグレイとレモンをブレンドしたもの。ベルガモットとレモンがふわりと香り、ティータイムを華やかに彩ってくれるんです。

A.C.PERCH’sの人気商品を味わうのはもちろん、いろんなお茶を試しながら、自分のお茶の好みを探ってみるのもいいですね。

公式サイト:https://perchs.dk/?lang=en

スポンサーリンク

#2 Østerlandsk(デンマーク)

Østerlandsk

2つ目は、同じくデンマークで出合った「Østerlandsk(ウスターランスク)」の紅茶。観光途中にふらりと立ち寄ったお土産屋さんで、かわいいパッケージに思わず手を取った商品です。

1889年創業、130年以上の歴史を持つ「Østerlandsk」。イギリスのビクトリア女王の戴冠式の50周年記念行事に参加した際、もてなされた紅茶に感動したという海兵隊員が本国デンマークに紅茶を持ち帰り、お店をオープンしたのがはじまりなのだとか。
私が購入したこちらの2つは、どちらも飲みやすいティーバッグタイプ。

コペンハーゲンブレンド

赤の「コペンハーゲンブレンド」は、キーマン(紅茶)&煎茶(緑茶)のブレンドをベースに、カリン、マンゴー、ルバーブ、ココナッツ、イチゴを加えたもの。口の中に広がるフルーツの香りに癒される一杯です。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンブレンド

緑の「ハンス・クリスチャン・アンデルセンブレンド」は、同じくキーマン&煎茶をベースに、ベルガモット、バニラ、バラのつぼみが入ったもの。優しいバラの香りとバニラの甘さが、上品なティータイムを演出してくれます。

公式サイト:https://www.osterlandsk.eu

スポンサーリンク

#3 kauniste(フィンランド)

kauniste

3つ目は、こちらの「VARPU TEA(ヴァルプティー)」。日本でも人気のあるフィンランドの雑貨店「kauniste(カウニステ)」のお店を訪れた際に購入しました。

茶葉タイプですが、チャック付きとなっているので保管も簡単。インテリアのようにキッチンに置いておいてもかわいらしいデザインです。

茶葉

VARPUとは、フィンランド語でブルーベリーの小枝を指すのだとか。紅茶をベースに、ラズベリー、フィンランドのブルーベリー、コケモモ、薔薇の花びら、ピンクのヘザーの花が入っています。
袋を開けると、茶葉から美味しそうなベリーの香りが! しっかりとした紅茶の味わいの中に、様々な種類のベリーが顔を出し、日本にいながらフィンランドの自然を満喫しているような気分に包まれます。

公式サイト:https://kauniste.jp

まとめ

まとめ

以上、紅茶好きライターの私が海外取材で見つけた、お気に入りの紅茶をご紹介しました。気になる一杯はありましたでしょうか?

なかなか日本の店舗では出合うことが難しいかもしれませんが、それぞれネット通販に対応していますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。まだまだ長引きそうなステイホーム期間、いつもより少し特別なティータイムで上質な時間を過ごしてみては?

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。