「ANDO HOTEL 奈良若草山」で、東大寺を望む露天風呂と大和グルメ!

「ANDO HOTEL 奈良若草山」で、東大寺を望む露天風呂と大和グルメ!

奈良市の若草山の上に、和風オーベルジュ「ANDO HOTEL 奈良若草山」が登場!奈良で初めてとなる、東大寺を見渡せる展望露天風呂もあります。

こちらでいただけるお料理は、奈良の食材をたっぷり使った創作和食。大和牛や倭鴨、奈良の伝統野菜を堪能できますよ。特に野菜は基本的には奈良県のものしか使わないというから驚きです!

また、館内ロビーには焚火が揺らぎ、客室に用意されているのはオリジナルの自然派アメニティやガーゼ素材のナイトウェア。自然のものの優しさを全身で感じられるホテルです。
古都・奈良の大自然の中で、一日ゆっくりと過ごしてみませんか。

スポンサーリンク

「ANDO HOTEL 奈良若草山」とは

古都・奈良に、東大寺大仏殿や興福寺の五重塔を望める展望露天風呂付きのホテルが初めて登場!そのホテルとは、和食オーベルジュ「ANDO HOTEL 奈良若草山」(以下アンドホテル)。名前の通り若草山の中腹にあり、「自然との調和」をコンセプトとする、ナチュラルテイストのオーベルジュです。

アンドホテルは「遊景の宿 平城」からのリブランドオープン。その際に展望露天風呂が新設されたほか、ロビーや客室など施設の多くが新しくなりました。そのため新しいホテルならではのスタイリッシュな清潔さと、老舗ホテルならではのゆったりしたおもてなしの両方を兼ね備えているのが大きな魅力!

リブランド時に新しくなったロビーは、暖炉やソファーのある憩いのスペース。暖炉には本物の火が灯され、パチパチと火の粉のはぜる音や薪の燃える匂いが天然の癒しをもたらしてくれます。
館内は、木や紙や石など自然のものの素材感を大切にした空間。大きく切り取られた窓からは奈良の豊かな自然を眺めることができます。

ロビーの大きな窓には望遠鏡も設置。木製のボードゲームや美しい写真集なども置いてあり、遊び心と非日常を同時に感じられる和やかな空間です。

創作和食スタイルでいただく奈良の味

「自然との調和」をコンセプトとするオーベルジュということは……?そう、夜のお楽しみは、館内レストラン「TERRACE 若草山」でいただく地元の食材をたっぷり使った和食のフルコース!

和食でありながら、ハーブを使ったりフレンチの技法を取り入れたりと、様々にアレンジされたお料理たち。コンセプトは「不変と変化」です。古くからある良いものを大切にし、新しい良いものを取り入れていく、まさに古都・奈良を表現する料理なのです。

特に野菜は基本的にすべてが奈良県産。そのほか「大和牛」「倭鴨」などの奈良のお肉、奈良産のブランド米やフルーツなどを、創作和食スタイルでいただけます。

写真は2020年10月のディナーコース「率川(いさがわ)」。アンドホテル名物「大和牛雲丹出汁しゃぶしゃぶ」が楽しめるコースです。十津川のキノコ類や奈良の伝統野菜「筒井蓮根」など、秋ならではの奈良の味覚もたっぷりでした!

レストランにはバーラウンジも併設。清酒発祥の地である奈良でいただく、奈良産の日本酒はいかがでしょうか。定番の日本酒に時期限定のものも加え、常時5~6種類が揃っています。宿泊者は利き酒体験を楽しむこともできますよ。(利き酒体験は有料となります)

和洋を選べる朝食

(画像提供)ANDO HOTEL 奈良若草山

朝食は「和朝食」「洋朝食」からセレクト。写真は和朝食、健康的なお料理が並びます。「奈良の食材・奈良の美味しさをたくさん味わっていただきたい」との思いがつまったメニューは、季節やその時々で最も良い食材を選ぶスタイル。

レストラン利用のみもOK

レストランは、ランチタイムとディナータイムは宿泊客以外も利用OK。目にも美しいお料理の数々は、さすがオーベルジュです!(写真は2020年10月のランチコース「香具(かぐ)」)(ランチ:月~水定休、ディナー:一般利用不可の日あり)

モダン・ナチュラルなお部屋でくつろぎを

客室は全部で6タイプ。全室が若草山の自然に向かって大きな窓があり、自然との一体感を感じながらゆったりとリラックスすることができます。部屋は最大で5名まで宿泊可能なので、子ども連れの家族旅行やグループ旅行にもおすすめ。(最大5名はペントハウススイート)

5F以上の客室からは、若草山からの奈良の景色をより広く見渡すことができますよ。部屋によっては窓からすぐそこに東大寺を眺められるほどの近さ!写真の真中に見える屋根が、まさに東大寺の大仏殿です。

また夜になれば、「新日本三大夜景」の1つである若草山からの夜景が見えます。こちらからなら、わざわざ山道を登ることなく一晩中でもゆっくり夜景を独り占めすることができるのです。

コーヒーやアメニティもホテルオリジナル

アンドホテルでは、客室に用意されたコーヒーやお茶もオリジナル。
コーヒーは、奈良で1974年から続く喫茶店「ROKUMEI COFFEE Co.」のもの。焙煎技術日本一の実績を持つ焙煎士・井田浩司氏がアンドホテルのために創ったオリジナルブレンドのスペシャルティコーヒーです。

また2種類用意されているティーバッグは、どちらも奈良・月ヶ瀬産の日本茶です。こちらのお茶は上久保淳一氏監修。お部屋でも奈良をたっぷり味わうことができるのです。
マグカップやフリーカップは、奈良産まれの陶芸家・古谷朱里(ふるたにあかり)氏の作品。

シャンプー・コンディショナー類もオリジナル。オーガニック植物エキスを使った、身体に優しいアメニティです。

ルームウェアは、ダブルガーゼ素材のワンピース型。こちらは奈良のウェディングドレスショップ「Le ciel(ルシェル)」のオーナー兼ディレクターの坂本理会氏がデザインした、アンドホテルのためのオリジナルウェアですよ。

世界遺産を見渡せる露天風呂!

(画像提供)ANDO HOTEL 奈良若草山

アンドホテルでぜひ入りたいのが、奈良市初の展望露天風呂!
こちらは時間制の貸し切りタイプで、チェックイン時に希望時間を予約します。露天風呂は4つあり、そのすべてから東大寺や奈良市街が見渡せますよ。(露天風呂の1つはペントハウス専用)

展望露天風呂のほかに、予約なしで利用できる大浴場もあります。こちらも若草山の自然を間近に感じられる空間。

ラグジュアリー旅行には、ペントハウススイートも!

(画像提供)ANDO HOTEL 奈良若草山

アンドホテルの最上階はペントハウススイート!ホテルに1室きりの特別室です。110平米の広さがある上に部屋の3面が窓になっているため、奈良を一望するには持ってこいの部屋。春日山や高い建物のない奈良の街並みをはじめ、晴れた日には薬師寺や唐招提寺のある西の京や、聖徳太子ゆかりの朝護孫子寺のある信貴山や生駒山まで見渡すことができますよ。

ペントハウススイートには空の下で自由にくつろげるパーソナルテラスつき。ソファーに囲まれた中央にあるのは、焚火ができるファイヤーピットです。また専用の展望露天風呂もあり、部屋から直接行き来ができますよ。

(画像提供)ANDO HOTEL 奈良若草山

夜には焚火と共に、新日本三大夜景に選ばれた「若草山から見る奈良の夜景」を心行くまで楽しんでみてはいかがでしょうか。サービスとして焚火で炙るマシュマロなどを用意してもらうことができますよ。持ち込みだってもちろんOK。

アンドホテルで楽しむ奈良のひととき

アンドホテルは、ゆったりと奈良を楽しみたい時に最適なホテル。ホテル周辺は奈良の鹿たちもくつろいで過ごすことの多いエリアなので、のんびりと流れる「奈良時間」を感じてみてはいかがでしょうか。
また、若草山山頂での朝ヨガや春日山原始林ツアーなど、更に奈良を楽しむための体験アクティビティが豊富なのも魅力です。

ここでしか過ごせない特別なひと時を、ぜひ楽しんでくださいね。

ANDO HOTEL 奈良若草山の基本情報

住所:奈良県奈良市川上町728 新若草山ドライブウェイ沿
電話番号:0742-23-5255(フロントデスク営業時間:10:00~20:00)
アクセス:JR奈良駅、近鉄奈良駅より無料送迎あり
公式サイト:https://andohotelnara.com

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。