年齢別におすすめ!子ども用歯ブラシ6選#歯科衛生士の歯磨き教室

年齢別におすすめ!子ども用歯ブラシ6選#歯科衛生士の歯の教室

子どもの歯ブラシも種類が豊富で、どの歯ブラシを使えば良いのか迷ってしまいがちです。また、子どもが使う物だから安全性が高いことも大事なポイントですよね。
そこで、今回は歯科衛生士おすすめの子ども用歯ブラシを年齢別に紹介していきます。是非、子どもの歯ブラシを選ぶ参考にして下さいね。

子ども用歯ブラシの紹介へジャンプ

スポンサーリンク

歯ブラシは年齢で違う

歯ブラシは年齢で違う
(画像出典)PIXTA

歯ブラシは、年齢や口の状態で選ぶ基準が変わってきます。年齢別に詳しく解説していきます。

0~2歳

歯が生え始めて、歯磨きを習慣化させる重要な時期です。しかし無理に歯磨きをすると逆効果になってしまうので、まずは歯磨きに慣れることを目標にしましょう。じっと磨くのが難しい年齢なので、事故防止のためにも一般的な硬い歯ブラシではなく、しなるくらい曲がるタイプの歯ブラシがおすすめです。歯ブラシの硬さは、痛いと感じにくい柔らかめが良いでしょう。

3~5歳

3歳頃には乳歯が全て生え揃うので、安全性に加えて、しっかりと汚れを落とす歯ブラシを選ぶことが大事になってきます。この年齢の子どもは、歯ブラシを噛むことが多いので毛がすぐに開いてしまいがちです。そのため、歯ブラシの硬さは柔らかめより普通の硬さの歯ブラシがお勧めです。また、歯の表面に毛が当たりやすいようにしてある、平切カットの歯ブラシが良いでしょう。

6歳~12歳

6歳から12歳は、乳歯が永久歯に変わる大事な期間です。特に、6歳の頃には乳歯の奥に永久歯が生えてくるので、奥歯までしっかりと磨ける歯ブラシを選ぶようにしましょう。薄くてコンパクトなタイプの歯ブラシは、奥歯まで届きやすくて、使いやすくなっています。歯ブラシの硬さは、虫歯の原因になる歯垢を落とすために普通の硬さが最適です。

次ページ:年齢別おすすめ歯ブラシ

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。