バレンタインは、青山「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」で差をつける~世界初のホワイトチョコレート専門Bean to Bar~

バレンタインは、青山「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」で差をつける~世界初のホワイトチョコレート専門Bean to Bar~

もうすぐバレンタインの季節ですね!
大切な人に、素敵なチョコをプレゼントしたい時、みなさんはどこのお店を選びますか?

今回、ライターの中島誠子が訪れたのは、東京・青山の「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」。世界初のホワイトチョコレート専門のBean to Barで、2019年10月にオープンしたばかりの注目店です。

店内の様子をはじめ、おすすめのチョコレートや美味しさの秘密などをレポしたいと思います!

「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」とは?

「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」とは?

Bean to Barとは、カカオ豆からチョコレートになるまでを一貫して手掛けるお店のこと。「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」は、「アルチザン パレ ド オール 青山」を改装し、2019年10月1日、世界初のホワイトチョコレート専門のBean to Barとしてリニューアルオープンしたお店です。

三枝俊介シェフ (画像提供)ショコラティエ パレド オール

「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」 は、ショコラ専門店「ショコラティエ パレ ド オール」や清里の「アルチザン パレド オール」などを手掛けるショコラティエ三枝俊介シェフの「自家製のカカオバターから生み出すホワイトチョコレートの新しい世界を表現したい」という強い想いから生まれたブランドです。

青山一丁目の駅を降り、駅直結で行けるこちらのお店は、ガラス張りでオシャレ。リニューアル前から常連の青山マダムをはじめ、都内勤めのOLさんやビジネスマンに人気のようです。

お店の中に入ってみると、ほのかにチョコレートの香りが漂い、幸せな気分に包まれました。ホワイトを基調としたエレガントな内装は、まるでジュエリーショップのよう。ショーケースに並べられたチョコレートたちも宝石に見えてきました。

三枝シェフによると、ホワイトチョコレートの魅力は「カカオの優しい味わいと素材を生かす力」なのだとか。どんなホワイトチョコレートがいただけるのか、期待が高まりますね!

ガラス越しにホワイトチョコレートの製造工程が見学できます!

チョコレートを作っている様子をガラス越しに見ることができるので、チョコレート選びの前にちょっと覗いてみましたよ!ホワイトチョコレートってどうやってできるか気になりませんか?ちなみに私は、茶色のカカオ豆からどうやって白いチョコレートが作られるのか、ずっと気になっていたので、興味深々で見学。

限られたスペースに製造機械をコンパクトに収めなければならなかったことや、一部の製造機械を特注で作ってもらわなければならなかったことなど、この設備が完成するまでに苦労があったそうです。ありがたく拝見させていただきましょう!

ホワイトチョコレートの作り方をおおまかに説明すると、

ローストする(カカオ豆を焙煎し、皮を取り除く)。

グラインドする(細かく潰し、カカオ豆をペースト状にする)。これがカカオリカーで、茶色のチョコレートになるもの。

プレスする(強い圧力をかけてカカオバター<カカオの油>を絞り出す)。ここで茶色さが薄くなり、黄金色の透明の液体になります。

ミキシングする(カカオバターにミルクと砂糖を加え、混ぜ合わせる)。その後、固めて完成の流れとなります。

どの工程が見られるかはその時よって変わりますが、私は、一番気になっていたカカオバターを絞り出す工程も見られて大満足。
大手のチョコレート工場見学ですと、企業秘密などから、細かな作業工程は見られないことがほとんどです。しかし、こちらでは全ての工程を間近で見ることができ、驚きました!

そして、ホワイトチョコレートは、カカオ豆からカカオの油だけを取り出して使っていることが判明し、なぜ茶色の豆から白いチョコレートができるのかの謎が解けてスッキリ。

ちなみに、カカオバターを取り出したあとのカカオリカーがどうなるのか聞いたところ、それがココアになるんだそうです。今回一番の驚きポイントでしたね。そのココアも販売されており、ドリンク用のパウダー「Bean to Cocoa」やお菓子作りなどにも使える「プードル カカオ ナチュール」などがあります。

工房の見学は、ガラス越しから自由です。聞きたいことがあれば、お店のスタッフの方が答えてくれるので、気軽に覗いてみてくださいね!

人気NO.1のチョコレート&バレンタインにおすすめのチョコレートはこれ!

さあ、大人のプチ工場見学を楽しんだところで、お店自慢のチョコレートのご紹介へ移りましょう。

まず、ご紹介するのは、人気NO.1の「タブレット」。

タブレットは、カカオバターに、ミルクと砂糖と天然バニラビーンズを加えて板状に仕上げたもの。カカオの産地別に作る「タブレット テロワール ブラン」は、ガーナ、ベトナム、ハイチ、トリニダード、タンザニアなど、世界中のカカオ農園から選び抜いたカカオ豆を使用し、それぞれのカカオ豆の味わいや個性が楽しめるチョコレートです。

中でも、スッキリして香りが良いハイチ、まろやかな甘みのガーナが、一般的なホワイトチョコレートに近いシンプルな味わいで人気。ちょっと変わったチョコレートが食べたい方は、チーズのような乳味と鼻に抜けるスモーキー感が特徴のトリニダードをセレクトしてみてください。

また、抹茶やベリーなどを混ぜ合わせた「タブレット ブラン メランジュ」というタブレットもあり、チョコレートの常識を覆す、シナモン、カルダモンを混ぜたスパイス味もあるので、ぜひお試しを。

数あるチョコレートの中、店長さんがバレンタインにおすすめするチョコレートは、ボンボンショコラ(一口サイズのチョコレート)の「パレドオール ブラン」。お店の看板商品であり、お店の名前でもあるこちらのチョコレートは、フランス語で、パレドオールが「金の円盤」、ブランが「白」という意味です。

数種類の厳選したカカオ豆をブレンドして作られた自家製のホワイトチョコレートが使われ、国産の金箔があしらわれた贅沢なチョコレートは、大切な人に渡したい一品。こだわりのホワイトチョコレートの味わいが楽しめますよ。

お酒が好きな方へは、「シングルディスティラリーショコラ ブラン」を。自家製ホワイトチョコレートをベースに5種類のウイスキー(ブレットバーボン、グレンモーレンジィ オリジナル、グレンモーレンジィ シグネット、タリスカー10年、アードベッグ10年)を合わせたボンボンショコラのコフレです。ポイントは、それぞれのお酒の相性を見極めて、カカオの産地も分けているところ。そんなプチ情報も添えて渡すとより喜んでもらえるかもしれませんね。

女子会への手土産はこちらを!ホワイトデーにもぴったり!

自家製のホワイトチョコレートに、フルーツやナッツと組み合わせたアラカルトも充実していて、こちらも魅力的!特に、爽やかな甘さのオレンジピールを自家製ホワイトチョコレートでコーティングした「オランジュ ブランシュ」は女性に人気です。

女子会やホームパーティにお呼ばれした時、オシャレで美味しい手土産は必須ですよね。お皿に並べただけで画になるアラカルトは、手土産にぴったりです。

また、 お酒に漬け込んだレーズンをホワイトチョコレートでコーティングした「メダイユ レザン」 、ドライフルーツをトッピングしたホワイトチョコレート「プティ パレット」、 フルーツとホワイトチョコレートのペアリングを楽しむボンボンショコラの「コフレ ブラン」も女性に人気で、ホワイトデーのお返しにも最適。

テイクアウトのソフトクリームやココアも絶品!

チョコレートだけでなく、ソフトクリーム、ココア、ホットコーヒーのテイクアウトメニューもあります!ソフトクリームは、カカオ豆からショコラの味と香りを抽出して、牛乳から作るソフトクリームにミックス。見た目は淡い白色ですが、口の中でふわっとショコラの香りが広がり、美味しすぎて感動しました!

そして、ココアは、自家製ココアパウダーを使用したホットココア。こちらもお世辞抜きに、人生で一番美味しいココアでした。カカオの味を深く感じるリッチな味わいで、ホッと落ち着きたい時に飲みたくなる味です。お買い物の際は、ぜひテイクアウトメニューも購入してみてくださいね!(イートインは不可)

ホワイトチョコレートのBean to Barを生んだショコラティエの三枝俊介シェフ

(画像提供)ショコラティエ パレド オール

製造の手間がかかるホワイトチョコレートは、大手のチョコレートメーカーでも、自社でカカオバターを搾って作ることはほとんどなく、大多数がカカオバターを購入しています。

Bean to Barのチョコレート店を展開する中、ホワイトチョコレートの自社商品も作りたいと思うようになった三枝シェフは、自ら試行錯誤し、自社でホワイトチョコレート作りのノウハウを培ったそうです。

そうした中、カカオバターが本来持つ香りや味わいに出会い、ホワイトチョコレートのBean to Barを生んだ三枝シェフ。これからもホワイトチョコレートで、今までになかった様々なチョコレートを作ってみたいという夢があるそうです。今後も目が離せませんね!

まとめ

Bean to Barだからこそできる、カカオ豆の厳選や、味の調整、様々なアレンジ。そうして出来上がるホワイトチョコレートは、常識を覆す上品さと美味しさです。そんなこだわりのホワイトチョコレートを、大切な人に贈ってみてはいかがでしょうか。

ショコラティエ パレ ド オール ブラン
住所:東京都港区南青山1-1-1 ツイン東館 地下1階
電話番号:03-3470-0613
アクセス:東京メトロ 銀座線・半蔵門線 / 都営地下鉄 大江戸線「青山一丁目駅」直結
営業時間:10:00~20:00
定休日:日曜日
公式サイト: http://www.palet-dor.com/p_blanc.html
Instagram: https://www.instagram.com/palet_dor/
Twitter: https://twitter.com/staffpaletdor/
Facebookページ: https://www.facebook.com/chocolatier.paletdor/
※パレ ド オールの公式オンラインショップはありますが、2019年12月現在、パレ ド オール ブランの商品の取り扱いはありません。

【hitotema 編集部注】
当記事は広告記事ではありません。
編集部が記事企画し、中島誠子さんが取材・撮影・執筆を担当しました。

関連記事

リーガロイヤルホテル(大阪)の直営チョコレート専門店「ショコラブティック レクラ」の人気商品「惑星ショコラ」は、宇宙ロマンの詰まったボンボンショコラ。太陽系8惑星をモチーフとしており、見た目はもちろんお味にも惑星のイメージが反映されていま[…]

星マニアが「惑星ショコラ」を食して語る! ショコラブティック レクラ┃リーガロイヤルホテル大阪
スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。