甘酸っぱい春の味。注目のいちごのお菓子5選 #トラベルライターのお取り寄せ

甘酸っぱい春の味。注目のいちごのお菓子5選 #トラベルライターのお取り寄せ

通年で手に入るようになった果物といえど、甘酸っぱいいちごは春の訪れを感じさせてくれます。今回は今の時期に食べたいいちごをふんだんに使ったおいしいスイーツを5つご紹介します。

「とちおとめ」や「博多あまおう」など有名いちごを使ったものや、新進気鋭ブランド、限定品までバリエーション豊かに揃えてみました。お気に入りを見つけてみてくださいね。

名産地・栃木で採れた完熟いちごがぎっしり。いちごの里の「いちごの里タルト」

いちごの里タルト

栃木県は「とちおとめ」をはじめとする、いちごの名産地。年間で25,400t(2019年)と日本一の収穫量を誇ります。県内には観光農園も多数あり、「いちごの里」もそのひとつ。12月から5月まで、完全予約制で「スカイベリー」「とちおとめ」「とちひめ」「とちあいか」の4品種のいちご狩りを楽しむことができます。

併設するショップ「ベリーベリーマルシェ」では、新鮮ないちごのほかに収穫したいちごを使ったジャムやケーキなどの加工品も購入でき、おみやげに大人気。おすすめはロングセラーの「いちごの里タルト」。パイのなかにはカスタードと生クリームが敷き詰められ、栽培している選りすぐりの完熟いちごをぎっしりとのせています。さっぱりとした甘いフィリングと、生の甘酸っぱいいちごのおいしさの両方を存分に味わえる一品です。

商品お問い合わせ先

公式サイト:https://www.itigo.co.jp/
オンラインショップ:https://shop.itigo.co.jp/

スポンサーリンク

冷たいプリンベースのデザート。西通りプリンの「福岡県産あまおう苺入カタラーナ」

福岡県産あまおう苺入カタラーナ

福岡県といえば栃木県に匹敵するほど、いちごの生産が盛んな土地。特に福岡県限定で生産されているブランドいちご「あまおう」は、大粒で甘みが強く発売からあっという間に人気になった品種です。

そんなあまおうを使ったおいしいスイーツが「福岡県産あまおう苺入カタラーナ」です。福岡のおみやげとして人気が高いプリン専門店の「西通りプリン」が手掛けるこのお菓子、少し溶かして半解凍で食べるのがベストな食べ方なのだそう。

九州産の厳選した卵や牛乳、生クリームを使って作るなめらかな口溶けのプリン生地に、白ワインでコンポートした「あまおう」をたっぷりのせています。食べる直前に冷凍庫から出し、5~10分ほど置いてから食べるのがおすすめ。濃厚な卵の風味が感じられる冷たいプリン生地に、ほどよい酸味とさわやかな果汁が合わさってペロリと食べられてしまいます。

商品お問い合わせ先

公式サイト:https://www.nishi-puri.com/
オンラインショップ:https://www.nishihara-shokai.shop/

スポンサーリンク

新感覚!チーズのスイーツ。Now on Cheese♪の「チーズケーキサンド いちご」

新感覚!チーズのスイーツ。Now on Cheese♪の「チーズケーキサンド いちご」

北海道の人気洋菓子店・小樽洋菓子舗ルタオの運営企業が新たにプロデュースするのが、チーズを使ったスイーツブランド「Now on Cheese♪(ナウオンチーズ)」です。チーズの個性を最大限に生かしたスイーツブランドを標榜し、クッキーやフィナンシェなどの焼き菓子を作っています。

JR東京駅に昨年8月にグランドオープンした商業施設「グランスタ東京」に出店したショップ「Now on Cheese♪Hello,tokyo station!」では、ここでしか買えない限定のチーズケーキサンドが登場。北海道産の生クリームと厳選したオーストラリア産クリームチーズを使用して低温でじっくりと焼き上げたチーズケーキを、サブレでサンドしています。

3月末までの限定で登場している、「とちおとめ」の果汁を使用した「チーズケーキサンド いちご」がおすすめ。ふんわりとやさしくいちごが香るチーズケーキサンドは、ひとつふたつと手が伸びてしまうおいしさです。

商品お問い合わせ先

公式サイト:http://nowoncheese.jp/
オンラインショップ(楽天):https://item.rakuten.co.jp/kcc-brand/c/0000000114/
※「チーズケーキサンド いちご」の通信販売はありません。

苺専門家が作る極上の焼き菓子。MAISON DE FROUGEの「苺のフィナンシェ」

いちごのお菓子研究家が作る極上の焼き菓子。MAISON DE FROUGEの「苺のフィナンシェ」

京都に店を構える「MAISON DE FROUGE(メゾン・ド・フルージュ)」は、苺専門家・渡部美佳さんがオープンさせたいちごのお菓子専門店です。

「味の違い、見た目の魅力、苺の特徴すべてを楽しんでもらいたい」という想いからスタートしました。店頭には断面が美しいショートケーキやいろんな品種の自家製いちごジャムなどが並びます。

デパートの催事では行列のできる人気店として熱い視線が注がれる「MAISON DE FROUGE」ですが、、ロングセラーの「苺のフィナンシェ」はこの時期に食べたい絶品焼き菓子。焦がしバターのコクに香ばしいアーモンドの風味がきいた濃厚な生地に、甘酸っぱい生いちごがアクセントになっています。常温でも冷やして食べても、素材のおいしさを存分に味わえます。

商品お問い合わせ先

公式サイト:https://ichigonoomise.com/
オンラインショップ:https://ichigonoomise.shop-pro.jp/

スポンサーリンク

鉄板の組み合わせ。CACAO MARKET by MarieBelleの「バークチョコレート ホワイトストロベリー」

鉄板の組み合わせ。CACAO MARKET by MarieBelleの「バークチョコレート ホワイトストロベリー」

CACAO MARKETはNY発のチョコレート専門店「MarieBelle(マリベル)」の姉妹店で、日本には京都、銀座、石垣の3店舗を展開しています。製造過程にもこだわった上質なカカオ豆を厳選して使用しているのが特長で、おいしさはもちろんのこと、見た目やパッケージの美しさにも定評があり、贈り物にも重宝します。

ホワイトチョコレートにピンクの花が咲いたようなルックスの「バークチョコレート ホワイトストロベリー」は、ハンマーを使って砕いたチョコレート。やさしい甘さのホワイトチョコレートと、ポーランド産のフリーズドライのいちごは相性抜群。鮮やかなピスタチオのグリーンが彩りと香ばしさを添えています。カゴをイメージした缶のデザインも素敵。

商品お問い合わせ先

公式サイト:https://www.cacaomarket.jp/
オンラインショップ:https://shop.cacaomarket.jp/

まとめ

外出を自粛される人も多いなか、味覚で春を感じられるよう、いちごのさわやかさや甘さを堪能できるスイーツを5つご紹介しました。お取り寄せできるものも多いので、おやつや贈り物にぜひお試しください。

※いちごの収穫量出典:
栃木県庁 全国のいちご生産割合
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g61/ichigo-seisanjokyo/ichigo-seisanryou.html

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。