白ワイン蒸しが絶品!モンサンミッシェル産ムール貝

白ワイン蒸しが絶品!モンサンミッシェル産ムール貝をお取り寄せ

みなさん、ムール貝にどんなイメージがありますか?

パエリヤや海鮮系のパスタに入っている黒い大きな貝、映えるけど冷凍のシーフードという感じ……

なんて思っているなら、それはあまりにももったいない!
モンサンミッシェルで採れる活ムール貝は、白ワイン蒸しにするととびきり美味しいんです。
夏から冬にかけての季節限定の味覚で、12月まで楽しめます。

スポンサーリンク

モンサンミッシェル産ムール貝とは?

モンサンミッシェル

モンサンミッシェルは、あのモンサンミッシェル。フランスにある世界遺産としてあまりにも有名ですね。観光地としての名物はふわふわのスフレオムレツですが、ムール貝はモンサンミッシェルの浮かぶサン・マロ湾で採れます。
日本には活ムール貝、つまり生きている状態で空輸されて届きます!

おかわり

一般的なムール貝よりもひと回り小粒で、旨味がぎゅっと詰まっているのが特徴。磯の香りはありながらも悪い意味での貝臭さはなく、日本の高級レストランでも旬のメニューとして扱っているところがあります。

下処理が簡単!

モンサンミッシェル産ムール貝は、下処理がほとんどいりません。ザルに入れて水道水でガシャガシャと洗うだけ。砂出しも必要ないので、届いたらすぐにでも調理できます。

下処理1

表面に石のようなものがたまに付いているので、それはタワシなどで取り除きましょう。(そのままだと調理に外れて砕け、砂のようになってしまいます)

下処理2

ヒゲが付いている場合もちぎります。とはいえ石もヒゲも、1パックに10個もないくらいなので楽々です。

簡単!おすすめは白ワイン蒸し

モンサンミッシェル産ムール貝は、まずは白ワイン蒸しで食べてください。レシピもごくシンプル!

材料(2〜3人分)

  • ムール貝(下処理済) 700g(1/2パック)
  • にんにく(薄切り) 2かけ
  • 白ワイン 100~120ml
  • オリーブオイル 大さじ3
  • イタリアンパセリ 適量

セロリや玉ねぎ、エシャロットを入れるレシピもありますが、にんにくだけでもOK。にんにくだけで作るときは、青森産などちょっといいにんにくを使うのがおすすめです。

作り方

フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて中火で熱し、香りが出てきたらムール貝を入れる。

作り方1

ヘラでざっと混ぜてオリーブオイルを絡め、白ワインを回し入れて蓋をする。

作り方2

これは1分ほど経った状態。白ワインが多すぎるとアルコールを飛ばすために長く加熱しないといけなくなり、ムール貝に火が通りすぎるので、目分量ではなく計量してくださいね。

2分ほどして貝が開いたら蓋を外し、刻んだイタリアンパセリを入れてひと混ぜする。

作り方3

お酒が飲めない人やお子さんが食べる場合は、強火で30秒~1分ほど加熱してアルコールを完全に飛ばしてください。

お皿に盛り付けて完成。

完成写真

モンサンミッシェル産ムール貝の美味しい食べ方

アルザスワイン

モンサンミッシェル産ムール貝の白ワイン蒸しに合うと言われているのは、アルザスの白ワインです。と言っても、アルザスワインは少々お高いので、お好みの白ワインでどうぞ!

食べ方

フォークや箸でもいいのですが、食べ終えた貝殻をトングにすると食べやすいです。ちょうどいい貝殻を探すのもまた楽しい!

ムール貝のパスタ

残ったスープをバゲットに浸すだけでも美味しいですが、パスタもおすすめ。塩味は充分なので、茹でたパスタを絡めるだけでOKです。

モンサンミッシェル産ムール貝の買い方

パッケージ

楽天市場やYahoo!ショッピングなどの輸入食材を扱っているオンラインショップで、1.4kg入りのパックを買うのが一般的。注文を受けてから発注してフランスから入荷、その翌週に届くという流れが多いですが、すぐに発送してくれるお店もあります。

価格は4,000円台〜6,000円台で、高いほど粒揃いで石やヒゲの処理も丁寧です(今回ご紹介したのは4,500円)。

冷凍保存も可能

賞味期限は受け取ってから5〜7日ほど。食べきれない場合は冷凍もできます。
耐熱・耐冷の保存袋に入れて空気を抜いて閉じ、70〜80度のお湯に20分ほど浸してから冷凍します。
シャトルシェフなどの保温調理器や炊飯器の保温モードを使うと便利です。

モンサンミッシェル産ムール貝で食卓を華やかに

旨味の詰まったモンサンミッシェル産ムール貝は、小さな子どもから大人まで楽しめます。お誕生日やクリスマス、お正月など、自宅でごちそうを用意したいときにおすすめです。
貝類がお好きな方は、ぜひ一度お試しください!

スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。