ワイン飲み放題スイーツブッフェが5,500円!横浜ベイシェラトンホテル「Sweets Parade~ストロベリー~」

ワイン飲み放題スイーツブッフェが5,500円!横浜ベイシェラトンホテル「Sweets Parade~ストロベリー~」

横浜駅から徒歩1分という好ロケーションに建つ、ハイクラスホテル「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」。2021年春は2種類のストロベリーブッフェからスタート!

最上階の「ベイ・ビュー」では、ローストビーフの手鞠寿司風など食事メニューも充実し、アフタヌーンティータイムに楽しめる「ストロベリースイーツブッフェ2021」(2021年3月31日まで毎日)、ラウンジ「シーウインド」では、アルコールも飲み放題でディナータイムに楽しめる「Sweets Parade(スイーツパレード)~ストロベリー~」(2021年4月30日まで木金のみ)が開催されています。

今回は、「Sweets Parade」をご紹介。ラウンジはエレガントな大人の雰囲気で、いちごのスパークリングワインとともにいただく絶品スイーツ&ミールは最高です。

▲ 今回ご紹介するのはこのプラン

港町らしさを感じる横浜のオアシスのようなラウンジ

港町らしさを感じる横浜のオアシスのようなラウンジ

「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」の魅力は、駅近でありながら都会の喧噪を全く感じない優雅な雰囲気。ホテルに到着すると、今までの賑やかさがウソのように、ゆったりとした時間が流れていました。

シーウインド

スイーツブッフェが開催されているのは、2階にある「シーウインド」。名前の通り横浜の海と風をテーマとしたラウンジは、ネイビーブルーとブラウンを基調としたエレガントな雰囲気。ロビーから続く吹き抜けの空間に、風をイメージしたシャンデリアや船の帆をモチーフにしたインテリアが加わり、まるで横浜のオアシスのようです。

スポンサーリンク

非接触オーダーシステムを導入したオーダー式ブッフェ

オープンキッチン

シーウインドは、スタイリッシュなオープンキッチン。今回のスイーツブッフェはテーブルオーダー式なので直接取りに行くことはできませんが、スイーツたちがずらりと並べられていました。

非接触オーダーシステム

オーダーは自分のスマホから!「非接触オーダーシステム」が採用され、スタッフを呼ぶことなくスムーズに注文できます。お隣と席の間隔がきちんと取られていましたし、しっかりと感染症対策をされている印象でした。何よりほとんど席を立つ必要がないので安心。私はホテルでは優雅なひとときを堪能したいので、そういう意味でも最高のサービスでしたね。

ウエルカムフルーツのいちごでスタート

いちごのウエルカムフルーツでスタート

到着してすぐ提供されたのは、ウエルカムいちご。今回のスイーツブッフェに選ばれたのは、静岡県で誕生したプレミアムいちご「きらぴ香」です。キラキラと輝く艶があり、口の中に広がる豊潤ないちごの香り……一口食べて「名前そのまんまだ!」と驚きましたね。とっても美味しいいちごです。

ドリンクコーナー

お楽しみのスイーツが届くまでの間に、ドリンクコーナーへ。こちらはセルフサービスでフリードリンクとなり、コーヒーや紅茶などのソフトドリンクのほか、アルコールも用意されています。

13種類のストロベリースイーツ!

ストロベリーパフェ

ドリンクを手に席に戻るとすぐにスイーツが運ばれてきました。こちらはスペシャルスイーツ「ストロベリーパフェ」。こちらのパフェを含め、いちごのスイーツは全部で13種類用意されています。

きらぴ香がふんだんに使われています!中に横浜ブランドの「横濱馬車道あいす」が入っているのですがこれが絶品。ミルク感たっぷりのバニラアイスときらぴ香の相性も抜群で、ホイップクリームとラズベリーソースが絡み、間違いのない美味しさでした。

華やかなスイーツプレート

贅沢にまとめて注文してみるのもいいでしょう。華やかなスイーツプレートは幸せな気分にさせてくれますからね!
どれも美味しくいただきましたが、特に気に入ったのは以下の3点。

ピスタチオフレーズ(後列左)

ピスタチオのムースにいちごのムースが入った、鮮やかなグリーンのケーキ。フォークを入れるとグリーンとピンクの美しい層が現れ、濃厚なピスタチオの風味といちごの爽やかな酸味のコラボが絶妙でした。

ストロベリーロールケーキ(中央列左)

いちご風味の生地で生クリームを挟んだロールケーキ。超しっとり&ほんのり甘いスポンジは、口当たりが軽く、鼻を抜けるいちごの香りが印象的でした。何個でも食べられる美味しさです。

チョコレートスフレ(前列右)

甘さ控えめ&ふわふわの食感のチョコレートスフレ。ベストマッチ賞を与えたいほど、いちごとの相性が抜群でした!

次ページ:ライトミールとワインで、ディナーも満喫

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。