インフィニティプールが話題!立川「SORANO HOTEL(ソラノホテル)」でウェルビーイングステイを

インフィニティプールが話題!立川「SORANO HOTEL(ソラノホテル)」でウェルビーイングステイを

遠くにはなかなか行けないけど、都内で1泊して心身共にリフレッシュしたい。そう思う時はありませんか?
今回ご紹介するのは、2020年6月、東京・立川にオープンした「SORANO HOTEL(ソラノホテル)」。新宿からわずか30分とアクセス良好でありながら、都会の喧騒からエスケープできる、新しいスタイルのアーバンリゾートホテルです。

コンセプトは、「ウェルビーイング」。

ウェルビーイングって……?ちょっと聞きなれないワードですよね。一体どんなホテルステイができるのか。ホテルの過ごし方やホテルの魅力に迫るべく、取材に行って参りました!読むだけでも癒されると思うので、ぜひ取材レポをお楽しみください。

スポンサーリンク

一歩踏み入れたら別世界!GREEN SPRINGSに誕生した「ソラノホテル」

新宿駅よりJR中央線で約30分、立川駅から徒歩8分。晴天の下、到着したのは、2020年4月にオープンした新街区「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」。ここは、今回ご紹介する「SORANO HOTEL」をはじめ、レストランやショップ、ホール、オフィスなどで構成される大型複合施設です。

GREEN SPRINGSのサウスゲートからSORANO HOTELへ続く緑豊かで洗練された空間が、もう別世界でしたね。施設自体がひとつの街のような造りになっており、一歩敷地に足を踏み入れただけで、癒しの空気で包んでくれました。しかし、まだまだ癒しはこれから。早速、「SORANO HOTEL」の中をご紹介して参りましょう。

見てください、この素敵なロビー!天井の美しいルーバーが印象的なロビーは、テントをモチーフにデザインされており、キャンプや自然を連想させる造り。ホテル全体のインテリアは、「GINZA SIX」もデザインしたグエナエル・ニコラ氏が手がけています。隣接する昭和記念公園の景観との調和を楽しめるように、洗練されたナチュラルなトーンで統一されているんですよ。

チェックインを済ませたら、「IMA LOUNGE」へ。宿泊者への無料ドリンクサービスがあり、ホッとひと息、美しい緑を眺めながら、到着後のひとときを楽しめます。

インフィニティプールは温泉だった!!「SORANO SPA」で心と身体をリセット

ホテルステイの一番の楽しみは、10〜11階(最上階)2フロアにまたがる「SORANO SPA」。11階にインフィニティプール、インフィニティラウンジ、10階にインドアスパ、ナノミストサウナ、ジムスタジオを備えた、心と身体をリセットするスパエリアです。

まず利用したいのは、「インフィニティプール」。広大な昭和記念公園の緑、立川の広い空、街を眺められる、開放的なプールです。プールは横幅60mもあり、そのスケールは圧巻!「SORANO HOTEL」のSORAを一番感じる場所ですね。

なんと、使用されている水は、ホテルの地下1,400mからくみ上げた温泉水。これは贅沢です。自然と一体になって、ぷか~と浮いてみたい……。ちなみに、水温は、夏期で30℃前後、冬期で42℃位となるので、冬でも泳げますよ。

プールと一続きにある「インフィニティラウンジ」は、プール中にひと休みできるお部屋。身体に負担が少ない、ヘルシーなドリンクが用意されています。

インドアスパ
(画像提供)SORANO HOTEL

こちらは、10階の「インドアスパ」。景色を眺めながら、ジェットバスやジャグジーが楽しめる屋内スパ施設です。使用されている湯は、プールと同じくこの土地からくみ上げた温泉水で、温度は40~42℃くらい。プール後は、ここで身体を温めるといいですね。更衣室&ロッカーは10階にあり、インフィニティープールとインドアスパは水着で行き来することができますよ。

実は私、温泉ソムリエ。温泉を見ると泉質が気になってしまうんですよね。泉質は、「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉」。pH値8.2の弱アルカリ性の湯で、肌の汚れを落としてくれる効果がある美肌の湯です。塩化物には身体を温める効果や保湿効果もあるので、ゆっくり入浴してみてくださいね。

サウナ
(画像提供)SORANO HOTEL

さらに、サウナ特有の息苦しさを感じない超微粒子スチームの「ナノミストサウナ」や、一人ひとりのコンディションに寄り添ったプログラムを用意してくれる「ジムスタジオ」も備えられ、スパ施設を一通り利用するだけで、抜群の癒し効果が得られます。

もうお分かりでしょうか。こうした体験こそが、ホテルが提供する「ウェルビーイング」ステイ。心身ともに健やかに、そして慌ただしい日常から離れて心地良い寛ぎの時間を過ごすためのホテルなのです。

※SORANO SPAの利用は基本的に宿泊者とSORANO SPA会員(ジム会員)のみです。

「SORANO ROOFTOP BAR」で過ごすちょっとリッチな時間

スパでリフレッシュした後に訪れたいのは、インフィニティプールを見渡すバー「SORANO ROOFTOP BAR(ソラノルーフトップバー)」。

夕景
(画像提供)SORANO HOTEL

お昼12時からオープンしていますが、おすすめは夕暮れから夜のトワイライトタイムです。フルーツやハーブ、フレッシュ野菜を使用したカクテルなど、ウェルビーイングを意識したソフトドリンクやアルコール飲料のほか、15時からのアペロタイムには軽食、17時からのバータイムにはお食事メニューも揃います。

景色を眺めながら、夕食前に一杯。リフレッシュした身体で飲むカクテルは最高でしょう。こちらは、宿泊客以外も利用できます。

全室パークビューの客室で癒しのホテルステイを

続いて、客室のご紹介へ参りましょう。客室は、全部で81室あり、こちらは、スタンダードタイプの「Wa Modern パークビュー」。和モダン、ですね。スタンダードタイプでも広さ52平米、さらに全ての客室が昭和記念公園に面したパークビューという贅沢な造りです。その景色も重要なインテリアのひとつと考えられ、お部屋のデザインはあえてナチュラルでシンプル。

シンプルとは言え、角度のあるインテリアや間接照明がモダンなお部屋を演出しています。“自然な物に真っ直ぐな物はない”と、自然を意識してデザインしたグエナエル・ニコラ氏のこだわりでもあります。

また、高品質な寝具で快適な眠りをサポート。全ての客室で、通気性に優れ心地良い弾力が魅力の西川のウレタンマットレスと高品質なハンガリー産マザーホワイトグースの羽毛布団が採用されています。

ホテル部屋

Wa Modernのお部屋は、最大で大人4名+添い寝の子供2名まで宿泊が可能。エキストラベッドも通常のベッドと同じものが設置されます。これは嬉しいですね。

SORANO HOTELのこだわりは、環境面にも。まず、バスルームには歯ブラシなどの使い捨てアイテムが一切置かれていません。(持参が推奨されていますが、忘れてしまった場合は環境に配慮した歯ブラシをフロントで購入できます)

また、地球にも身体にも優しいオーストリア製のオーガニックアメニティや、吸水性抜群のホットマン社のフェアトレード製品「一秒タオル」が採用されています。

「スパスイート」という86平米もあるラグジュアリーなお部屋もあるので、ぜひ記念日に。宿泊費にスパトリートメントが含まれていますよ!

「DAICHINO RESTAURANT」で身体が喜ぶお食事を

レストラン
(画像提供)SORANO HOTEL

最後にご紹介するのは、「DAICHINO RESTAURANT(ダイチノレストラン)」。ウェルビーイングを意識し、和食を中心に、さまざまな国の料理のエッセンスを掛け合わせた創作料理がいただけるレストランです。

食事
褻(ケ)のメニュー(画像提供)SORANO HOTEL

朝食は、身体に負担をかけずに身体を目覚めさせてくれる「晴れ(ハレ)」と「褻(ケ)」の2つのメニュー。野菜料理を中心に、でんぷん質を控えめに、発酵食品や健康を重視したものがいただけます。

食材にもこだわり、品質の良さをゲストに見てもらえるようにと野菜のセラールームが設けられていました。朝食だけでなく、ランチやディナーもおすすめ。

取材日の日替わりランチには、立川ブランドの豚「やわらとん」や地元産の卵を使っただし巻き卵、地元野菜を使った新鮮なサラダなど、立川や多摩地域のローカル食材が多く取り入れられていました。ウェルビーイングを感じる、優しいお食事にほっこり。不思議と身体が喜んでいるようにも感じました。

スタッフがおすすめするホテルの過ごし方を聞いてみた!

夜のホテル外観
(画像提供)SORANO HOTEL

おすすめの過ごし方は、夕方頃からインフィニティプールに入り、スパを1時間ちょっと堪能した後、バーでお食事やお酒をいただくというコース。なんて大人な楽しみ方でしょう~!

夜のインフィニティプールは、人が少なく静かでおすすめなんだそうです。ライトアップされたプールを独り占め、なんて贅沢もできちゃうかもしれません。

夕方までは多摩エリアや高尾山などのアウトドアレジャーや立川からアクセスの良い山梨でワイナリー巡りなどをして、夜はホテルステイを満喫してくださいね。

最後に

テラス

SORANO HOTELはグレードの高いホテルですが、サービス料もエキストラベッドの料金もかかりません。従来のホテルの常識にとらわれない、自由な発想と革新性も大きな魅力です。

なかなか泊まれないという方は、まずは日帰り利用で楽しんでみてください。DAICHINO RESTAURANTでランチをしたり、レストランのテラス席でティータイムをしたりして、普段頑張る自分にご褒美を。お仕事帰りに、SORANO ROOFTOP BARでプールと夜景を眺めながら非日常のバータイムを楽しむのもいいでしょう。

都内の中心からも近いので、遠方の方は東京旅の滞在先として。そして、23区に住んでいる方や地元の方は、サッと行ける癒しの場所として。さあ、あなたもSORANO HOTELで素敵なウェルビーイングステイを。

SORANO HOTEL(ソラノホテル)の基本情報

住所:東京都立川市緑町3-1 W1
電話番号:042-540-7777
アクセス:JR立川駅北口より徒歩8分/多摩モノレール立川北駅より徒歩5分
公式サイト:https://soranohotel.com/

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。