インフィニティプールが話題!立川「SORANO HOTEL(ソラノホテル)」でウェルビーイングステイを

インフィニティプールが話題!立川「SORANO HOTEL(ソラノホテル)」でウェルビーイングステイを

全室パークビューの客室で癒しのホテルステイを

続いて、客室のご紹介へ参りましょう。客室は、全部で81室あり、こちらは、スタンダードタイプの「Wa Modern パークビュー」。和モダン、ですね。スタンダードタイプでも広さ52平米、さらに全ての客室が昭和記念公園に面したパークビューという贅沢な造りです。その景色も重要なインテリアのひとつと考えられ、お部屋のデザインはあえてナチュラルでシンプル。

シンプルとは言え、角度のあるインテリアや間接照明がモダンなお部屋を演出しています。“自然な物に真っ直ぐな物はない”と、自然を意識してデザインしたグエナエル・ニコラ氏のこだわりでもあります。

また、高品質な寝具で快適な眠りをサポート。全ての客室で、通気性に優れ心地良い弾力が魅力の西川のウレタンマットレスと高品質なハンガリー産マザーホワイトグースの羽毛布団が採用されています。

ホテル部屋

Wa Modernのお部屋は、最大で大人4名+添い寝の子供2名まで宿泊が可能。エキストラベッドも通常のベッドと同じものが設置されます。これは嬉しいですね。

SORANO HOTELのこだわりは、環境面にも。まず、バスルームには歯ブラシなどの使い捨てアイテムが一切置かれていません。(持参が推奨されていますが、忘れてしまった場合は環境に配慮した歯ブラシをフロントで購入できます)

また、地球にも身体にも優しいオーストリア製のオーガニックアメニティや、吸水性抜群のホットマン社のフェアトレード製品「一秒タオル」が採用されています。

「スパスイート」という86平米もあるラグジュアリーなお部屋もあるので、ぜひ記念日に。宿泊費にスパトリートメントが含まれていますよ!

スポンサーリンク

「DAICHINO RESTAURANT」で身体が喜ぶお食事を

レストラン
(画像提供)SORANO HOTEL

最後にご紹介するのは、「DAICHINO RESTAURANT(ダイチノレストラン)」。ウェルビーイングを意識し、和食を中心に、さまざまな国の料理のエッセンスを掛け合わせた創作料理がいただけるレストランです。

食事
褻(ケ)のメニュー(画像提供)SORANO HOTEL

朝食は、身体に負担をかけずに身体を目覚めさせてくれる「晴れ(ハレ)」と「褻(ケ)」の2つのメニュー。野菜料理を中心に、でんぷん質を控えめに、発酵食品や健康を重視したものがいただけます。

食材にもこだわり、品質の良さをゲストに見てもらえるようにと野菜のセラールームが設けられていました。朝食だけでなく、ランチやディナーもおすすめ。

取材日の日替わりランチには、立川ブランドの豚「やわらとん」や地元産の卵を使っただし巻き卵、地元野菜を使った新鮮なサラダなど、立川や多摩地域のローカル食材が多く取り入れられていました。ウェルビーイングを感じる、優しいお食事にほっこり。不思議と身体が喜んでいるようにも感じました。

スポンサーリンク

スタッフがおすすめするホテルの過ごし方を聞いてみた!

夜のホテル外観
(画像提供)SORANO HOTEL

おすすめの過ごし方は、夕方頃からインフィニティプールに入り、スパを1時間ちょっと堪能した後、バーでお食事やお酒をいただくというコース。なんて大人な楽しみ方でしょう~!

夜のインフィニティプールは、人が少なく静かでおすすめなんだそうです。ライトアップされたプールを独り占め、なんて贅沢もできちゃうかもしれません。

夕方までは多摩エリアや高尾山などのアウトドアレジャーや立川からアクセスの良い山梨でワイナリー巡りなどをして、夜はホテルステイを満喫してくださいね。

最後に

テラス

SORANO HOTELはグレードの高いホテルですが、サービス料もエキストラベッドの料金もかかりません。従来のホテルの常識にとらわれない、自由な発想と革新性も大きな魅力です。

なかなか泊まれないという方は、まずは日帰り利用で楽しんでみてください。DAICHINO RESTAURANTでランチをしたり、レストランのテラス席でティータイムをしたりして、普段頑張る自分にご褒美を。お仕事帰りに、SORANO ROOFTOP BARでプールと夜景を眺めながら非日常のバータイムを楽しむのもいいでしょう。

都内の中心からも近いので、遠方の方は東京旅の滞在先として。そして、23区に住んでいる方や地元の方は、サッと行ける癒しの場所として。さあ、あなたもSORANO HOTELで素敵なウェルビーイングステイを。

スポンサーリンク

SORANO HOTEL(ソラノホテル)の基本情報

住所:東京都立川市緑町3-1 W1
電話番号:042-540-7777
アクセス:JR立川駅北口より徒歩8分/多摩モノレール立川北駅より徒歩5分
公式サイト:https://soranohotel.com/
Hotels.com:https://jp.hotels.com/ho1240712832/


関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。