淡路島「グランシャリオ」で美食グランピング!魅惑の火の鳥ナイトウォークも

淡路島「グランシャリオ」で美食グランピング!魅惑のナイトウォーク火の鳥も

今回のお出かけは、最近お気に入りの淡路島で美食と自然!
神戸三宮や明石から車で約30分、淡路島にあるグランピングリゾート「GRAND CHARIOT-北斗七星135°-(グランシャリオ)」です。

自然豊かな兵庫県立淡路島公園の中にあり、山々や海も見渡せる立地。美味しい淡路島食材をたっぷり使った美食に、天窓から自然の陽光が降り注ぐ、くつろぎの仕掛けがいっぱいつまったコクーン(客室)。
そして夜は、アニメパーク「ニジゲンノモリ」の人気アトラクション「ナイトウォーク火の鳥」へ!

「ニジゲンノモリ」で遊ぶ時に泊まるのもとっても便利ですが、身体を動かして遊ぶだけじゃあまりにも勿体ない!ゆったり優雅に滞在しに行きたい、グランピングリゾートの魅力をご案内します。

スポンサーリンク

グランピングリゾート「GRAND CHARIOT-北斗七星135°-」

グランシャリオ
(画像提供)GRAND CHARIOT-北斗七星135°-

「GRAND CHARIOT-北斗七星135°-」(以下「グランシャリオ」)は、兵庫県淡路島にある優雅なグランピングリゾート。兵庫県立淡路島公園内にあり、アニメパーク「ニジゲンノモリ」内の1施設でもあります。

GRAND CHARIOT(グランシャリオ)とはフランス語で北斗七星のこと、または135°はこの場所が東経135°に位置することに由来します。東経135°は神秘のエネルギーに満ちあふれると言われる場所。星や自然にゆったりと包まれ、心身ともに癒されたい時に訪れたいリゾートです。

チェックインは山小屋風レセプションにて

山小屋レセプション

到着したら、まずはレセプションにてチェックイン。レトロなストーブに木の年輪が美しいテーブル、木肌そのままの高い天井、壁には食器棚やライティングデスク……まるでおしゃれな山小屋へ訪れたかのようで、のっけからテンションが上がります。
この場所はチェックイン・チェックアウト時だけでなく、滞在中自由に利用してOK。様々なドリンクや写真集などを自由に楽しむことができます。

ウェルカムスイーツ&ドリンク

チェックイン時にはウェルカムスイーツ&ドリンクを。淡路島産・北坂養鶏場の卵を使ったクレームブリュレと、ゆずと和三盆のジュースがいただけますよ。濃厚ながら後味は軽いクレームブリュレを美味しくいただいたら、さあお部屋へ!

コクーン外観

グランシャリオの客室は「コクーン」と呼ばれる円すい形の屋根が印象的な建物。1コクーンが1客室で、すべて独立しています。コクーンの並ぶ中を歩いていくのは、まるでムーミン谷やシルバニアの森を散策しているみたいですよ。

コクーンで寛ぐ特別な一日

コクーン内観

レセプションから徒歩1~2分ほどでコクーンに到着!コクーンの種類は、愛犬OKの部屋やキャラクタールームを含めて11種類。今回泊まったのは「風のコクーン」。部屋タイプの中で最もコンパクトサイズのコクーンなのですが、それでも50平米の広さ!(テラス席含む)

コクーンはモンゴル遊牧民の移動式住居である「ゲル」を、しっかりした建物にしたような感じ。木の優しさを活かしたシンプル・ナチュラル空間に爽やかな木々の香りが漂い、まるで森の中にいるかのように心をゆったり落ち着かせてくれます。

コクーン天井

ベッドの上には丸い天窓があり、その高さは5m以上!部屋の中にいながら天窓を通して空や天気を感じることができるため、コクーンの中は自分だけのプライベートな空間でありながら、同時にまるで自然と一体になったかのような心地がするのです。
昼の青空も夜の星空も素敵ですが、とりわけすばらしいのが朝!朝になるとここから自然の陽光がさーっと降りてくるので、その下のベッドに眠っていると自然と目が覚めるのです。

お風呂
(画像提供)GRAND CHARIOT-北斗七星135°-

コクーンのお風呂はヒノキ風呂。ヒノキの豊かな香りが心身をゆっくりと癒してくれますよ。浴室に用意されているのは、天然アロマ製油を使用したせっけんシャンプーとその専用リンス・ボディソープ。また固形ソープは無添加びわせっけんです。こちらはナチュラルオイルをふんだんに使用した、職人さんの手作りソープです。

バルコニーデッキ

コクーンは、すべてバルコニーデッキつき。景色はお部屋によって異なり、海が見えるお部屋も3部屋あります。なお一面に広がるこちらの自然の風景は兵庫県立淡路島公園で、その面積はなんと東京ドーム28個分!雄大な自然の残る広大な敷地を、まるで庭のように見渡せます。

冷蔵庫の中

部屋の中やバルコニーでちょっと乾杯したくなったら、冷蔵庫を覗いてみてください。冷蔵庫の中の飲み物はお水やジュースからアルコール類まですべてお部屋代に含まれていて、気兼ねせずにいただけますよ。特に気になるのが、グランシャリオ・オリジナルラベルのスパークリングワイン!
それに机の上にはリンゴと、ナイフやフォークやナプキン類一式も。

※飲み物類はその時々で異なることがあります。

夕食には淡路島の美食を!

ダイニング

グランシャリオの宿泊は朝食・夕食つきがスタンダード。開閉可能な壁一面の窓から兵庫県立淡路島公園の豊かな緑を見渡せるダイニングは、レセプションと同じく自然いっぱいの山小屋風。

HAL YAMASHITA新和食コース

今回いただいた夕食は「HAL YAMASHITA新和食コース」。季節のコースも含め、3種類から選ぶことができますよ。

写真は「すき焼きコース」、淡路ビーフや淡路島玉ねぎをたっぷり堪能できる「淡路ビーフ山海トマトすき焼き」。玉ねぎやトマトやアナゴと共に淡路ビーフを焼いて、特製のお出汁でいただきます。しっかりと淡路ビーフのお味を楽しめながらも、食材の味わい深さを活かすお出汁はまろやかで優しい印象。自然の恵みの豊かさを噛みしめて、じっくり味わいたいすき焼きです!

こちらのお料理はすべて、世界で活躍するシェフ・山下春幸氏監修。彼の手掛ける「新和食」は、素材の持ち味を最大に引き出すのが特徴です。そしてその素材は、古くから「御食国(みけつくに)」として知られる淡路島の美味しい食材たち。「その日にとれたものをその日のうちにいただくのが当たり前」との鮮度へのモットーも、海も山も近い淡路島ならではです。

バーベキュープラン
(画像提供)GRAND CHARIOT-北斗七星135°-

もっとキャンプ感を味わいたい人には、バーベキュープランもありますよ。こちらで登場するのはA5ランクの淡路牛のステーキ!そのほか淡路島で育った新鮮な野菜やシーフードもたっぷりいただけます。

屋外席

食後には、屋外席でコーヒーやお酒を楽しむのもおすすめ。夜にはデッキにランプが灯り、幻想的でロマンティックな雰囲気になりますよ。デッキの外は真っ暗で、晴れた夜には頭上に星が瞬きます。
ちなみにこちらからでも星は見えますが、周囲が明るいため星見に適しているとは言えません。もし満天の星を観たいなら、おすすめはニジゲンノモリ公園内!

星空のBar 135°

夜には夏季限定で「星空のBar 135°」もオープン。場所は日替わりとなります。グランシャリオで育てたミントをたっぷり使ったモヒートや、淡路島発祥の七福神にちなんだ7種類のビール・七福神ビールはいかがでしょうか。

「ナイトウォーク火の鳥」も、夜のお楽しみ!

ニジゲンノモリ内にあるグランシャリオに宿泊する特権、それはニジゲンノモリの人気アトラクションの一つ「ナイトウォーク火の鳥」へのご招待がついてくること!

火の鳥ナイトウォーク

「ナイトウォーク火の鳥」は、手塚治虫氏の世界的名作「火の鳥」を題材にしたストーリーを追いながら、夜の森の中を約1.2km歩いて体験する参加型アトラクションです。ここだけのオリジナルとなるストーリーは手塚眞氏監修、演出はクリエイティブ集団NAKED。
所用時間は1時間から1時間半ほどで、子どもも無理なく参加できますよ。

手塚治虫書店

スタート地点は「手塚治虫書店」前。18:00~20:30(季節によって変更)、夜にしか入れないお店です。店内では書籍だけでなくTシャツなど様々なグッズも取り扱っており、ここでしか買えない限定グッズも。
なお「ナイトウォーク火の鳥」のゴールはここから離れた場所となるため、終了後にこちらのお店に戻ってくるのはちょっと大変。お買い物はスタート前がおすすめです!

「ナイトウォーク火の鳥」参加者は、こちらの店内でエントリー。地図とバッグ、それに懐中電灯を受け取ります。受付時間は季節によって異なりますので、公式サイトやSNSなどで確認を。

火の鳥ナイトウォーク2

「ナイトウォーク火の鳥」は一本道。幻想的にライトアップされた森の中を進みます。最初に渡された地図に物語のポイントとなる仕掛けの位置が記されており、ポイント間は様々な光の演出に彩られた夜の森を進んでいく形。普段は立ち入ることのない夜の自然の森を歩きながら、ファンタジックな世界観と物語を体験するのです。

火の鳥ナイトウォーク3

各ポイント地点では物語に沿ったイベントが行われます。内容は様々で、紙芝居や物語を進める手がかりを探すちょっとした謎解きから、夜の山をそのままスクリーンにして映し出されるプロジェクションマッピングまで。壮大で華やかな光と音楽のショーは、物語と合わせて体験することでさらに感動が深まります!

「ナイトウォーク火の鳥」は道中の写真や動画の撮影がオールフリー!SNS投稿やネタバレも歓迎!の太っ腹なアトラクション。カメラ片手に楽しむのもおすすめですよ。

朝のお楽しみは特製「朝のお始め御膳」!

天窓の下で優雅に目覚めた朝に迎えてくれるのは、グランシャリオ特製の美味しい朝ごはん!写真は朝のお始め御膳「淡路島山海御膳」です。

淡路島山海御膳

瀬戸内焼き魚、名物の淡路出汁巻き玉子、淡路島玉ねぎの特製ドレッシングでいただくサラダやなると金時、淡路島名産・いかなごのくぎ煮や炊き立ての淡路島米など、淡路島の味覚をたっぷり味わえますよ。もちろん一つひとつが自家製。特に豆乳とにがりだけを入れた小鍋で作るお豆腐は、出来たてをすぐにいただけます。

晴れた日にはぜひデッキ席へ。目の前に広がる一面の緑は、もうひとつのごちそうです。

フルーツ

デザートはフルーツ。自然の中で自然なものを食べる、簡単なようで日常の中ではなかなかできない贅沢ですよね。

キャラクタールームもご紹介!

今回宿泊したのは「風のコクーン」ですが、キャラクタールームも特別にちょっと覗かせていただきました。最後にご紹介しておきますね。

クレヨンしんちゃん「オラのコクーン」

まず最初は、ニジゲンノモリにアトラクションのあるクレヨンしんちゃんの「オラのコクーン」。窓や天窓からキャラクターたちが覗き込む部屋の中には、クッションやぬいぐるみやゴミ箱など、クレヨンしんちゃんワールドが満載です!

オラのコクーン

部屋の壁にはクレヨンしんちゃんの絵。ニジゲンノモリ内「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」のアスレチックでしんちゃんが遊んでいる姿を描いた、ここだけのオリジナルイラストです。

宿泊者プレゼント

こちらの部屋には、宿泊者限定プレゼントもついてきますよ。2つのぬいぐるみと、グランシャリオとクレヨンしんちゃんコラボレーションのオリジナルポーチです。こちらはこの部屋へ宿泊した人だけがもらえるオリジナルグッズ、ポーチは非売品なので他では手に入りません!

部屋の中には、クレヨンしんちゃんに登場する正義のヒーロー「アクション仮面」になれる変身セットも用意されています!こちらの装備は大人サイズ。上から下までフル装備揃っているので、しっかりヒーローになりきれますよ。SNS投稿にもいかがでしょうか。

© 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
© 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 1993-2018

キティちゃんでいっぱい!「ハローキティルーム」

ハローキティコクーン

世界のアイドル・ハローキティでいっぱいの「ハローキティルーム」は全部で3棟。「ハローキティ 星のコクーン」「ハローキティ ナチュラルフォレスト」「ハローキティ70’s」があり、すべて内装が異なります。写真は「ハローキティ 星のコクーン」。ハローキティと星をモチーフにしたインテリアに、テンションと乙女度がぎゅーんと上がります!

ハローキティ備品

クッションはオリジナルのハローキティ柄の四角いものが何パターンもあるほか、窓からもハローキティが覗いています。ハローキティの形の鏡に映るのは、向い側の壁に描かれたハローキティ。また写真の他にも、特大のハローキティの顔型クッションがあったり、天窓から覗いていたり。そしてマットや机にも!

入ってすぐに目につくハローキティのほかに、滞在しているうちに「あっ、ここにも!」と気付くようなさりげないハローキティもたくさん隠れていますよ。

ハローキティアメニティ

ハローキティルームだけの特別アメニティがこちら。可愛くてキレイになるアイテムがそろっています。女性に嬉しいハローキティルームですが、もちろんメンズの宿泊もOKですよ。

© 1976, 2020 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. L613146

最後までゆったり自然を楽しむ

展望台

ご紹介した内容のほかにも、グランシャリオ内にはニジゲンノモリなど楽しめるスポットが色々。特に展望台は兵庫県立淡路島公園内で一番の高台にあるため、公園内だけでなく明石海峡大橋や瀬戸内海、お天気次第では神戸空港まで見渡すことのできる絶景ポイントです。
また酵素風呂などのヘルスケアプログラム、トレッキングやバードウォッチングなど自然を楽しむアクティビティも豊富。最後まで大自然をゆったり満喫してくださいね。

グランシャリオの基本情報

住所:兵庫県淡路市楠本2425-2 兵庫県立淡路島公園 アニメパーク ニジゲンノモリ 内
電話番号:0799-64-7090
公式サイト:https://awaji-grandchariot.com/
アクセス:
高速バスの場合:「淡路島IC」下車、無料シャトルバス乗換「ニジゲンノモリF駐車場」下車
車の場合:神戸三宮・明石から約30分
(グランシャリオへ訪れる場合、最寄りの駐車場は「ニジゲンノモリF駐車場」)

【hitotema編集部注】
当記事は広告記事ではありません。
取材をお願いしたところ、ご厚意でご招待いただきました。

スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。