キッチンのシンク上の吊り戸棚は何を収納するのがベスト?

キッチンのシンク上の吊り戸棚は何を収納するのがベスト?

キッチンのシンク周りの収納はキッチン収納のなかでも特に難しいと感じる場所。シンク下は構造が複雑なため収納方法に苦労し、シンクの上はそもそも何を収納したらいいか分からず困っている印象です。

ですからシンク上の場合、あまり考えずにモノを収納してしまっている方も多いのではないでしょうか?まとまりのない収納はとても使いづらいもの。もう1度見直してみることをおすすめします。

そこで、この記事ではキッチンのシンク上の吊り戸棚の収納方法や収納に適したモノをご紹介します。シンク上がムダなく使えるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

シンク上の吊り戸棚収納がうまくいかない原因

シンク上の吊り戸棚収納がうまくいかない原因

キッチンのシンク上にある吊り戸棚、有効に使えていますか?
各家庭で吊り戸棚の大きさが違うので、一概にこれがベスト!という答えはありません。それゆえに、具体的に何を収納したらいいのか分からないと感じている方が多いようです。

シンク上の収納棚は自分の目線よりも高いところにあります。そのため比較的スペースはあるのに、何が入っているのか分かりづらく、奥のモノが取り出しにくい点がデメリットです。これはキッチンの吊り戸棚全体にも同じことがいえます。

シンク上に食料品を収納しているという話はあまり聞いたことがありません。つまり、誰でもなんとなく収納に向いていないモノは分かっているのです。

シンク上に収納しているのは雑多なモノがほとんど。新しいキッチン用品を購入したとき、空いているスペースについポンと置きたくなってしまうと思います。その「つい」置いてしまうのがシンク上の収納をごちゃごちゃにしてしまう原因なのです。

シンク上の吊り戸棚に何を収納したらいいの?

シンク上の吊り戸棚に何を収納したらいいの?

では、具体的にシンク上の吊り戸棚に何を収納したらいいのでしょうか?
シンク上の収納に向いているモノ、向いていないモノのポイントを説明しつつ、適したモノを挙げていきます。

重いモノは避ける

吊り戸棚は自分の目線よりも高いところにあるため、重いモノを収納すると落下したときにとても危険です。落下しても割れないモノ、ケガの心配のない軽いモノ、シンクに落ちて濡れても大丈夫なモノを収納します。これは大前提として守ってほしいことです。

シンク周りで使うモノを収納する

家事動線を最短にすると、家事が効率よくこなせます。ですから、シンク上にはシンク周りで使うモノを収納するのがベストです。
たとえば、以下のようなモノを収納してみてはどうでしょうか?

  • 食器洗い用スポンジのストック
  • ゴミ袋やレジ袋
  • ザル・ボウル
  • キッチンタオル、台拭き、キッチンペーパーなど

ザル・ボウルやゴミ袋は、スペースがなければシンク下に収納しても構いません。ご自宅の吊り戸棚の大きさに合わせて、臨機応変に定位置を決めてくださいね。

よく使うモノを出し入れしやすい段に収納する

ほとんどの場合、キッチンの吊り戸棚の最上段は踏み台を使わないと出し入れできません。それなのによく使うモノを収納してしまったらとても面倒です。
シンク上の吊り戸棚はだいたい3〜4段あると思いますが、段ごとに使用頻度で分けていくと使いやすくなります。

  • 最上段:年に1〜2度使うモノ(重箱、すし桶など)
  • 真ん中:月に数回使うモノ(ゴミ袋、スポンジのストック)
  • 最下段:毎日使うモノ(布巾、ティータオル、ザル・ボウルなど)

最上段に置くモノがなければ、空っぽのままでも構いません。スペースがあるからといって、何かを収納しなければいけないわけではないのです。

シンク上の吊り戸棚に適した収納用品は?

シンク上の吊り戸棚に適した収納用品は?

吊り戸棚は高い位置にあるので、モノが落ちてきたらとても危険。地震などによる落下の可能性を考えると、モノをそのまま収納するのは軽いモノであってもあまりおすすめできません。

高いところの収納には、取手付きの収納ケースを使うと安全です。棚の奥行きと幅を測り、ピッタリ入りそうな収納ケースを選んでください。可動棚であれば高さは調整できます。
取手付き収納ケース以外では、側面に指が入るくらいの穴の空いている収納ケースもおすすめです。

吊り戸棚の最下段に限っていえば、取手はあってもなくても構いません。ですが、カゴやケースでまとめておくと奥のモノが使いやすくなります。

1つの段に2つ以上の収納ケースが使えるようであれば、用途別にまとめておくと使いたいモノを見つけるのが早くなります。また、収納ケースに入れてしまうと中身が見えず探しにくいので、収納したモノを書いたラベルを貼っておくと便利です。

シンク上の収納を使いやすくして楽家事をめざそう

シンク上の収納を使いやすくして楽家事をめざそう
(画像出典)pixta

キッチンのシンク上の吊り戸棚に何を収納するかは「絶対にこれ!」という正解はありません。なぜなら家庭によって収納棚の大きさも違えば、よく使うモノも違うからです。
ですが、下記の3つを守るととても使いやすくなります。

  • 重いモノは避ける
  • シンク周りで使うモノを集中させる
  • 出し入れしやすい取手付き収納ケースを活用する

あとは工夫しだいです。少しでも家事が楽になるように、シンク上の収納を見直してみてくださいね。

関連記事

キッチンのシンク下は収納ケースが置きづらく、デッドスペースができやすい場所です。シンクや排水ホースが邪魔して、なかなかピッタリ収まりません。なので、片付けたくてもどこから手をつけていいか分からず放置しがち。使いにくいと思っている方も多いの[…]

キッチンのシンク下を見直せば収納力も使いやすさもアップ!
スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。