「ぐりとぐらのおおそうじ」のにんじんクッキーレシピ #絵本のおやつ

絵本の中でも特に人気のある、野ねずみのぐりとぐらシリーズ。絵本のおやつシリーズの第1回ではあのカステラを作りましたが、今回はおおそうじをするお話です。

冬の間にほこりだらけになってしまった家を掃除しようとしたのですが、家にある雑巾やほうきは古くなってしまい使い物になりません。
そこでぐりとぐらは古い布を身体に巻き付け、自分たちが雑巾やほうきになって掃除することにしたのです。部屋中をす~いす~いと滑ってピカピカにします。
その後、キレイになった家にみんなを呼んでにんじんクッキーを食べます。にんじんの色をした可愛いクッキーです。

すりおろしたにんじんをたっぷりと入れて作る素朴なクッキー。卵とベーキングパウダーの力でふんわりと膨らませました。

材料(20個分)

  • バター 60g
  • 砂糖 50g
  • 卵 1個
  • にんじん 50g
  • 薄力粉 120g
  • ベーキングパウダー 小さじ1
スポンサーリンク

作り方

常温に戻したバターをクリーム状に練ります。

砂糖を入れ、白っぽくふわふわになるまで混ぜ合わせます。

室温に戻しておいた卵を入れて混ぜます。

にんじんをすりおろします。

ににんじんを加えて混ぜます。

にんじんの水分が入ることにより、分離したように見えますが大丈夫です。

ふるった薄力粉とベーキングパウダーを加え、サックリと練らないように混ぜます。

天板にクッキングシートを敷き、生地をスプーンですくって落とします。

180度に予熱したオーブンで20分ほど焼いたら完成です。

スポンサーリンク

にんじんがたっぷり入った素朴な味わいのクッキー

にんじんの素朴な味わいがほんのり楽しめる、ふんわりクッキーです。食べると身体の中から力が湧いてきて元気になれそうな気がします。ぐりとぐらのように部屋中をピカピカにしてから、温かい飲み物といっしょにゆっくり食べたいですね。

甘さ控えめなのでホットビスケットのように朝食代わりに食べてもいいですよ。トースターでさっと焼くと、できたての美味しさがよみがえります。

【参考文献】
なかがわ りえこ(著), おおむら ゆりこ(絵)『ぐりとぐらのおおそうじ』福音館書店, 2002年

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。