香り高くてとびきり美味しい!本格ココアの作り方

香り高くてとびきり美味しい!本格ココアの作り方

寒い日に飲む温かいココア、幸せですよね。
お砂糖入りで溶かすだけの調整ミルクココアも手軽で美味しいですが、今日は本格的なココアの作り方をご紹介します。

ココアパウダーを煎って作るココアの味は、もう別格!
今回はココアもお砂糖もちょっと多めの贅沢仕様ですので、手作りチョコレートとしてバレンタインのプレゼントにしてもいいくらいですよ。
お子さま用のときは、ココアとお砂糖を少し減らしてくださいね。

材料(マグカップ2杯分)

  • ココアパウダー(無糖) 大さじ4
  • 砂糖 大さじ4
  • 水 大さじ4
  • 牛乳 400ml

作り方


ココアパウダーを鍋に入れ、弱火で香りが出るまで30秒~1分ほど煎る。
作り方2
弱火のまま少しずつ水を入れ、ペースト状になるように練る。
作り方3
作り方4
弱火のまま少しずつ牛乳を入れ、ホイッパーでペーストを溶かす。
作り方5
砂糖を入れて溶かす。
作り方6
マグカップに注いで、できあがり。もしダマが残ってしまったときは、茶こしでこしながら注ぐといいですよ。
完成写真

ココアパウダーを牛乳で溶かすのはNG!

面倒なときは練るだけでも…

鍋で煎るのはどうしても面倒、というときは、ココアパウダー・砂糖・水(50℃くらいに温める)を練ってペーストを作り、温めた牛乳で溶かしましょう。
粉末状のココアパウダーに牛乳を注ぐと、ダマになって大失敗してしまいます。

自分好みのココアパウダーを探そう

同じココアパウダーでも、製品によってその風味はかなり違います。チョコレートが大好きな人やお菓子作りでココアパウダーをよく使う人は、自分好みのココアパウダーを探してみるのもいいですね。

香り高いココアパウダーで作ろう

今回使ったのは、製菓材料として知られるヴァローナのココアパウダー。1㎏4,000円くらいです。ココアというよりもチョコレートを溶かしたような味と香りで、とても美味しかったですよ。

ヴァローナよりリーズナブルなココアパウダーも、ヴァローナより高級なココアパウダーもたくさんあります。また、オーガニック、ローカカオ、Bean to Bar、フェアトレードなど選ぶ基準もさまざま。自分にフィットするココアに出会いたいものですね。

洗い物は増えるけど……、美味しい!

ココアを煎ると単に鍋が汚れるだけでなく、ココアパウダーが鍋にこびりつくので洗うのが大変です。はっきり言って、毎回ちゃんと作るような優雅な生活はとても無理……!
でも、たまにでもちゃんと作るとやっぱり美味しいし、このひとときも家族の大切な思い出のひとコマになるのかな、なんて思ったりするのです。

商品情報


Amazonでチェック
楽天市場でチェック

【hitotema編集部注】
当記事は広告記事ではありません。
編集部スタッフが実際に愛用している商品をご紹介しています。

スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。