ピクニックやパーティーに!タルト・パイ生地不要のベーコンキッシュ

ピクニックやパーティーに!タルト・パイ生地不要のベーコンキッシュ

家族でのちょっとしたパーティーや、お散歩がてらのピクニック。そんな日は、いつもとは少し違う料理を作りたくなりませんか?
スーパーで気軽に揃えられる食材で、見栄えのする一品が作れたら最高ですよね。今回はフランス生まれの家庭料理・キッシュを、頑張らなくても作れるようアレンジしました。

本来ならタルトやパイ生地に卵液を流し入れ、オーブンで焼き上げますが、生地を使わずに卵液のみの『キッシュ風』にしています。長いベーコンをそのまま使うので、ボリューミーな仕上がりです。

材料(直径8cmの耐熱カップ、アルミカップ4個分)

材料
  • 卵 3個
  • ベーコン 4枚
  • 玉ねぎ(角切り) 1/6個分(20g程度)
  • ほうれん草(下茹で→カットしたもの) 20g程度
  • 溶けるチーズ 20g
  • 塩、こしょう 少々
  • ケチャップ(食べる時に)

※オーブンは200℃に予熱しておきます。

作り方

フライパンでベーコンを焼き、皿に取り分けます。

作り方1

ベーコンの粗熱がとれたら、アルミホイルにくるっと巻き付けるようにします。

作り方2

と同じフライパンで玉ねぎとほうれん草を炒め、軽く塩、こしょうをします。

作り方3

卵は口当たりを良くするため、白身を切るように混ぜて濾しておきます。

作り方4

と溶けるチーズ、塩、こしょうを入れ軽く混ぜます。

作り方5

を均等に流し入れます。

作り方6

200℃に予熱したオーブンで15分ほど焼きます。竹串を刺し、卵液が付いてこなければ完成です。

作り方7

アルミカップを外す場合は、しっかり冷ましてから外しましょう。

タルトやパイ生地は不要!ボリューミーな『ベーコンキッシュ風』

ポイント

  • 卵液がアルミカップの外に流れ出るのを防ぐため、耐熱カップでカバーしておきます。マフィン型やココットなどの器でも。
  • ベーコンの高さがあるので、ケチャップを付けてからお弁当に詰めてもフタにくっつきません。お弁当を彩る一品としておすすめのおかずです。
スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。