何気ない日常の味「キャベツと卵のバター炒め」 #今井真実さんの思い出レシピ

何気ない日常の味「キャベツと卵のバター炒め」 #今井真実さんの思い出レシピ

「あの子ったらこんなの好きって言うのよ」と母が嬉しそうに笑う。
娘が遊びに行った時に作ったら「おばあちゃんのこのキャベツ炒め好きなんだよね!」と大喜びして食べたらしい。
ああ、あれね!母は料理上手でなんでも作れるはずなのに、あんな簡単な炒め物を嬉しがるなんて、と、おかしくなった。

娘がそんなに喜ぶのならば、と、母のキャベツ炒めを、私も久しぶりに作ってみた。なるほど、私のいつもの炒め物よりずっとバターが多い。ホテルのオムレツのような、あのミルクと卵の混ざった香ばしい贅沢な香りがする。

あっという間に出来上がり。
キャベツの色は濃い黄緑、半熟卵のかわいいミモザ色。お皿は白にしよう。
味はお塩だけで、大人は美しい色を邪魔しないように白胡椒をかけた。

匂いに釣られた娘が「味見!」と横にくっついてきた。作ったフライパンから、少しだけよそって、2人でパクリ。思わず顔を見合わせる。

こういう家庭の何気ない味って面白い。
すごく美味しいのに、私も今までなぜだか忘れていてレシピにしようと思わなかった。
しかし、娘は私の母のこういう料理を「あのキャベツ炒め大好き!」と発掘してきたのだ。ここに書くことで、もしかすると、どこかの家庭でも語り継がれるレシピになるかもしれない。少し大袈裟かしら。

スポンサーリンク

キャベツと卵のバター炒め

さっと作れる、炒め物。冬に向かうキャベツであれば、しっかりとした食感で甘味があり、春のキャベツであればさっと炒めれば十分。サラダ感覚で。

シンプルだから、作る時も一口食べた時も、季節を感じます。

材料

  • キャベツ 3枚
  • 卵  1個
  • バター 10g
  • オリーブオイル 小さじ1
  • 塩 適量
  • 白胡椒 適量

作り方

卵はよく溶いておきましょう。

キャベツをちぎっていきます。芯の部分は薄切りにしましょう。ゴリっとした食感が好きな方はそのままちぎっても良いですよ。

オリーブオイル小さじ1を入れて火にかけます。

キャベツを入れて弱火と中火の間にして、ゆっくり炒めていきます。お塩は全体にさらさらと振りましょう。

キャベツの色が濃い緑色に変わり、柔らかくなったら、バターを入れます。溶けたバターをフライパン全体に広げます。

溶き卵を入れて、一呼吸置きます。少し、卵が固まってきてから、大きく裏返すようにしながらキャベツと半熟卵をフライパン上で和えるようにします。
卵は大ぶりにふわっとさせましょう。混ぜれば混ぜるほど卵はポロポロになるので、さっと和えたら、お皿にあけましょう。

さあ、出来上がり。
白胡椒はお好みで。

ちょっとやる気が出ない時のお料理スターターにもぴったり。キャベツをちぎるのはお子様にお任せしても良いですよね。

レモンを搾っても美味しいですし、胡椒たっぷりでスパイシーに仕上げるのもアリです。チーズをかけても美味しい。
こういうシンプルなお料理は、「これ足してみようかしら」とワクワクさせてくれます。
そうすると、台所に立つ時間は俄然楽しい時間になっていきます。

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。