金柑のコンポート・ローズマリー風味 #ハーブとスパイスの教科書

金柑のコンポート・ローズマリー風味 #ハーブとスパイスの教科書

金柑がスーパーに並ぶと作りたくなるコンポート。そのまま生で皮ごとかじるのも美味しいですが、コンポートにしておくと柔らかくて食べやすいですし、料理のあえ物やお菓子作り、またドリンクにも使えて重宝します。

今回はローズマリーの香りをプラスして、飽きのこないすっきりした甘さに仕上げました。もしあればフェンネルリーフの甘い香りもあわせてください。より上品な風味になりますよ。

スポンサーリンク

材料(作りやすい分量)

  • 金柑 400g
  • てんさい糖 120g(金柑の分量の30%)
  • レモン(輪切り) 1/2個
  • ローズマリー 2枝
  • フェンネルリーフ(あれば) 2枝

※金柑の色を綺麗に仕上げるために、今回は無漂白の白いてんさい糖を使っています。代わりに上白糖でも大丈夫です。

作り方

金柑は洗ってヘタを取っておく。

金柑を半分にカットして種を取る。

鍋に金柑を入れ、かぶるくらいの水を入れたら中火にかける。

お湯がグラグラし出したら、ローズマリーとフェンネルリーフ、レモンを入れ、弱火にして20〜30分煮る。

竹串が通るくらい金柑の皮が柔らかくなったら、ハーブ類とレモンを取り出して火を止める。

金柑が浸かるように、汁ごと消毒済の瓶に移す。

冷蔵庫で1週間ぐらい保存できます。それ以上保存する場合は、汁ごとフリーザーバッグに入れ、使いやすいように平らにして冷凍保存することをおすすめします。

金柑で冬を乗り切ろう

金柑は昔から喉の痛みや風邪によいとされています。カップに入れたお湯の中でほぐしながら金柑茶として飲んだり、紅茶に入れたりしても、心身ともに温まりほっこりします。体が冷える冬を、金柑の香りとともにリラックス&リフレッシュしながら健やかに乗り切りたいものですね。

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。