クリスマスディナーの1品に!きゅうりのリボンがポイントのリースサラダのレシピ

クリスマスディナーの1品に!きゅうりのリボンがポイントのリースサラダのレシピ

リースサラダとは、クリスマスリースのようにドーナツ形に盛り付けたサラダのことです。いつもよりちょっと豪華な食材を使い、色とりどりの野菜やチーズを飾ればパッと目を引く華やかな一品に。準備から完成までの所要時間は約15分とかなり手軽に作れるので、もう一品何か欲しいというときにもぴったりです。

トッピングはこのレシピで紹介している食材ではなく、スモークサーモンやローストビーフに変えてもOK!家族の好みに合わせてアレンジしやすいのも魅力のひとつです。紹介しているレシピを参考に、お好みの野菜や具材に変えて作ってみてくださいね。 

スポンサーリンク

リースサラダに向いているレタスの種類は?

リースサラダで使うレタスは、よく目にする玉レタスよりもフリルレタスやレースレタスを使うのがおすすめです。葉がやわらかくふわふわとしていて形を作りやすいだけでなく、芯まで緑色をしているのでまるで本物のクリスマスリースのように可愛らしい見た目になります。
もし、フリルレタスやレースレタスが手に入らない場合は、グリーンリーフの葉先を使ってください。

リースサラダのレシピ

では、リースサラダのレシピをご紹介しましょう。

材料(2~3人分)

  • フリルレタス 1袋
  • きゅうり 1本
  • プチトマト(赤・黄) 各2~3個
  • スライスチーズ 1枚
  • レモン 1/4個
  • いくら 大さじ1
  • ブラックオリーブ 4~5粒

作り方

フリルレタスを手で小さくちぎります。ドレッシングとの馴染みが良くなるので、包丁で切るよりも手でちぎるのがおすすめです。

プチトマトは4等分、レモンとブラックオリーブはスライス、スライスチーズは星形で抜きます。

きゅうりでリボンを作ります。

 きゅうりをスライサーで3枚スライスします。最初に縦半分に切るとスライスしやすいです。

 31枚目の両端を中央に向けてふんわりと折ります。

 31本目を2本目の上に置き、2本目を中央に巻き付けます。

 33本目も同じようにして巻きつけます。

 3リボンの足の部分をカットしてバランスを整えます(の完成写真を参照してください)。

フリルレタスをリース状に配置します。

バランスを見ながらきゅうりのリボン、プチトマト、スライスチーズ、レモン、ブラックオリーブ、いくらを盛り付けます。
平置きするだけでなく、レモンをレタスに差し込んだり、食材同士を重ねたりすることで立体感をもたせることができます。

最後に形を整えたら完成です。

シックなアレンジもぜひ!

今回はきゅうりをリボンに見立てたりスライスチーズを星形に抜いたりして、可愛らしい雰囲気にコーディネートしましたが、紫色のサニーレタスやシルクレタスをチョイスし、ローストビーフや生ハム、カラートマトをトッピングすれば大人でシックな見た目になるでしょう。

テーブルコーディネートや他の料理とのバランスを見て食材選びをし、クリスマスディナーを美しく彩ってみてください。

スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。