完成写真チュニジアの「ブリック」#世界の料理

サクサクとろ~りの逸品!チュニジアの「ブリック」#世界の料理

リード
チュニジアの風景(画像出典)shutterstock

北アフリカのチュニジア(マグレブ)は地中海に面した風光明媚な国。多くの日本人にとっては未知の国ですが、カルタゴ遺跡などの世界遺産や美しいビーチリゾートのある観光立国です。

そんなチュニジアのお料理は、日本人がよく知るイタリア・スペイン料理と似通う地中海料理。
オリーブオイルや地中海シーフード、小麦で作るクスクス、マカロニ料理やワインなど日本人にもすっかりお馴染みの食材を使ったチュニジア料理は、日本人に抵抗なく受け入れられるものが多い国の料理とも言えます。ただし、イスラム教が国教のため豚肉を使うことはありません。

ブリックとは?

ブリックとは?
(画像出典)shutterstock

今回ご紹介するチュニジア料理は、「ブリック」。小麦粉で出来た薄い皮に具材を包んで揚げるお料理です。とても簡単ながらサクサクふんわり、玉子のとろ~り感など、食感までもがたまらなく美味しい一皿です。
日本のチュニジアレストランでも提供されていて、メニューの中でもブリックは大人気。玉子とツナが入るとてもシンプルなものから、マッシュポテトやひき肉などを入れてボリューミーにしたものまでバリエーション豊かに楽しめます。

辛いのが好きな方は「ハリッサ」をつけていただきます。ハリッサとはキャラウェイシード・コリアンダーシード・クミン・パプリカパウダー・唐辛子・ニンニク・オリーブオイル・塩などをペーストにした風味豊かなチュニジアの薬味です。

レシピ

では、ブリックのレシピをご紹介しましょう。

材料(2人分)

材料
  • パートブリック(春巻きの皮で代用可) 2枚
  • 玉子 2個
  • 刻んだパセリ 大さじ1
  • チーズ(とろけるチーズやグリュイエールなどお好みのチーズ) 80g
  • ツナ(しっかり水気を切る) 70g
  • ケーパー 20粒
  • 塩胡椒 適宜
  • 揚げ油 フライパン2センチほどの量
  • レモン 2切れ

作り方

パートブリックを広げ、中央に空間を作るようにツナ・チーズ・ケーパー・パセリを乗せます。
この時なるべくしっかりと土手の用に作らないと玉子の白身が流れてしまうので気を付けてください。

土手の真ん中に玉子を割り入れます。

作り方

上から軽く塩胡椒を振ります。

生地を半分に(春巻きの皮なら三角になるように)畳み、小麦粉を溶いたものをぬって剥がれないようにします。

フライパンに2センチほどの油をいれ160度ほどに温め4を置きスプーンでオイルを回しかけながら表面がきつね色になるまで揚げます。

お皿にレモンとともに盛り付け熱いうちにいただきます。

完成写真

ポイント

本来はパートブリックという薄い皮を使いますが、日本で購入できるお店は少ないですし、また味わいは春巻きととても似ているので春巻きの皮で代用が可能です。
ただ、春巻きの皮を使うとパートブリックより厚みがあるため、揚がるまで時間がかかります。「きつね色」を目安に温度が上がりすぎないようにご注意ください。
中に入れる量はあくまでも目安なのでお好みで増減してくださいね。

スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。