ハーブクリームソースでカボチャのニョッキ #ハーブとスパイスの教科書

ハーブクリームソースでカボチャのニョッキ #ハーブとスパイスの教科書

もっちり美味しい手作りニョッキ。秋に美味しくなるカボチャをたっぷり使って作ります。秋冬ならクリームソースでいただくのがおすすめです。ハーブの香りをソースに移すと、コクと爽やかさの両方が合わさってなんとも言えない美味しさです。

リード
スポンサーリンク

材料(2人分)

カボチャのニョッキとハーブクリームソースに分けて材料を紹介します。

カボチャのニョッキ

材料
  • カボチャ 300g
  • セージ(フレッシュ) 2枚

<A>

  • 強力粉 100g
  • オリーブオイル 大さじ3
  • 粉チーズ 15g
  • 塩、こしょう 少々

ハーブクリームソース

ソース材料
  • 牛乳 200ml
  • バター 10g
  • 米粉 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • 白こしょう 少々
  • セージ(フレッシュ) 6枚
  • ローズマリー(フレッシュ) 1本
  • パルミジャーノ・レッジャーノチーズ お好きなだけ

※パルミジャーノ・レッジャーノチーズは塩分が強いので、塩の量を少し控えておきましょう。

作り方

カボチャのニョッキとハーブクリームソースを別々に紹介します。並行して作業する場合は、まずニョッキを作り始め、生地を寝かせている間にソースを作ってください。

カボチャのニョッキ

カボチャの種の部分を取り、適当な大きさに切る。

鍋で蒸すか電子レンジで、竹串が通るくらいに柔らかくする。

ボウルに移して皮を取り除き、マッシャーで潰す。

ニョッキ作り方3

<A>の材料をのボウルに入れ、しっかりこねる。

ニョッキ作り方4

全体を丸くまとめたらボウルに布巾をかぶせて、20分ほど常温で寝かせる。

ニョッキ作り方5

大きめのバットに打ち粉をし、を平らに広げる。

スケッパーなどで食べやすい大きさにカットする。

ニョッキ作り方7

小さく丸め、フォークの上に乗せて転がすと可愛らしい形になる。

ニョッキ作り方8

下の写真のように丸めたニョッキをバットの上に置いてフォークの先で軽く押して型をつけてもよい。また、フォークは使わず丸いままでもOK。

ニョッキ作り方8-2

大きめの鍋にお湯を沸かし、塩ひとつまみ(分量外)を入れてニョッキを茹でる。

ニョッキ作り方9

10お湯の表面に浮いてきたら、網杓子ですくってハーブクリームソースのフライパンに入れる。

11弱火で温めながらハーブクリームソースをニョッキに優しく絡めたら火を止める。

12皿に盛り付けてパルミジャーノ・レッジャーノチーズを振りかけ、仕上げにセージをトッピングする。

完成写真

ハーブクリームソース

フライパンで牛乳を温め、バターと塩、白こしょうを入れたら沸騰直前に火を弱める。

セージとローズマリーを入れ、ハーブの香りがホワイトソースに移ったら取り出す。

作り方2

長く入れておくと苦味が出るので、注意してください。

ふるった米粉を少しずつ足してとろみをつける。

作り方3

水分が飛んでクリームソースの量が少なくなったら牛乳(分量外)を足し、味を調えて火を止める。

生クリーム不使用でも爽やかなコクと旨味

米粉を使うとダマにもなりにくく、クリームソースも滑らかに仕上がります。生クリームを使わなくても、カボチャをたっぷり使うので自然の甘さとチーズのコクで旨味たっぷり。
クリームソースとの相性のいいセージとローズマリーの風味が見事にマッチして、あとを引く美味しさです。

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。