残暑を乗り切れ!茨城県のスタミナラーメン #ご当地レシピ

残暑を乗り切れ!茨城県のスタミナラーメン #ご当地レシピ

まだまだ暑い日が続く9~10月は、夏の疲れが出やすい時期ではないでしょうか。そんな時に食べてもらいたいのが茨城県のご当地グルメ、スタミナラーメンです!
「 栄養が偏りがちなラーメンで元気が出るの?」と思うかもしれませんが、スタミナラーメンは豚レバーやニラ、かぼちゃなど栄養満点の食材がたっぷりと使われています。

この記事では、見た目も味もインパクト大のスタミナラーメンの特徴やレシピを紹介しているので、元気をつけたい日にぜひ作ってみてください。

スポンサーリンク

スタミナラーメンとは?

まずは茨城県のご当地グルメ、スタミナラーメンの魅力をお伝えします。

甘辛いあんにたっぷりの野菜と豚レバー

スタミナラーメンは、あんかけラーメンに近い見た目です。しかし、あんに入っているのが豚レバー、ニラ、かぼちゃなどラーメンの食材としては珍しいものばかり。たっぷりの野菜が取れるのが嬉しいポイントです。

もちもちの太麺

スタミナラーメンに使われる麺は太麺です。ちぢれた太麺があんによく絡みます。

スタミナホット?スタミナ冷やし?

醤油ラーメンの上にあんをかけるホットバージョンの他に、冷水でしめた麺にあんをかけるスタミナ冷やしがあります。

話題沸騰!茨城のスタミナラーメンのレシピ

スタミナラーメンのことが分かったところで、早速レシピを紹介します。
今回は「スタミナ冷やし」です!

材料(2人分)

  • 中華麺 2玉
  • 豚レバー 100g
  • キャベツ 1/4個
  • ニラ 1/2束
  • にんじん 1/2本
  • かぼちゃ 1/8個
  • 片栗粉 適量
  • 牛乳(レバー下処理用) 50ml

<あん>

  • 水 300ml
  • 水溶き片栗粉 大さじ1と1/2
  • A:中華スープの素 大さじ1
  • A:醤油 大さじ1
  • A:みりん 大さじ1
  • A:砂糖 大さじ1
  • A:豆板醤 小さじ1

作り方

<レバーの下処理>

豚レバーを食べやすい大きさにカットしてボウルに入れ、水を2~3回変えながら血や汚れを洗い流します。

ザルにあげて水気を切り、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

トレイやバットにレバーを並べて牛乳を入れ、30分ほど置いて臭みを取ります。

表面についた牛乳を流水で洗い流し、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

<あん>

キャベツは食べやすい大きさにざく切り、ニラは5cmの長さにカット、にんじんは2〜3mmの厚さの正方形、かぼちゃは5mmの厚さにカットします。

下処理をしたレバーに片栗粉をまぶします。

フライパンに多めの油(分量外)を入れて熱し、キャベツ、にんじん、かぼちゃを揚げ焼きにし、バットに取り出します。

続いてレバーを揚げ焼きにし、バットに取り出します。

鍋に水を入れて沸かし、Aを入れます。

とニラを加えて混ぜ合わせ、ニラがしんなりとしたら水溶き片栗粉でとろみをつけます。

<仕上げ>

麺を茹でて、冷水で冷やします。

麺をお皿に盛り、あんをたっぷりかけたら完成です。

美味しいスタミナラーメンを作るポイント

スタミナラーメンを作るときは、

  • 豚レバーの下処理をして臭みを取ります。
  • 野菜のシャキシャキ感を残すため、あんと合わせたらサッと馴染ませます。
  • あんの仕上がりに合わせて、麺が茹で上がるように調節します。

今回はスタミナ冷やしのレシピを紹介しましたが、温かいスタミナラーメンが食べたい場合は、市販の醤油ラーメンにあんを乗せるだけでOKです。

栄養満点のスタミナラーメンを食べて残暑を乗り切ってくださいね!

スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。