ネギ好きさんへ!台湾・葱油鶏 (ソンユーチー)のレシピ #世界の料理

ネギ好きさんへ!台湾・葱油鶏(ソンユーチー)のレシピ #世界の料理

九份(きゅうふん)
九份(画像出典)pixta

台湾は、台湾島とその周辺諸島から構成される地域。
日本から飛行機で3~4時間で行ける距離であることと治安の良さ、また異国情緒あふれる観光やグルメで常に人気の旅行先です。親日国としても知られ、特に年配の方は日本語を上手に話せる方が多いです。

観光名所がたくさんある台湾ですが、中でも日本人に人気のスポットといえば「九份(きゅうふん)」。映画「千と千尋の神隠し」のモデル地とも、そうではないとも言われています。ジブリの世界に入り込んだかのようなエキゾチックな雰囲気を味わいながら、タイムスリップした様な気分になれる街です。

スポンサーリンク

台湾グルメの特徴は?

台湾の小籠包
小籠包(画像出典)pixta

観光地をめぐりながら美味しいグルメの数々に出会えるのが台湾の魅力。朝食から外食という外食文化が根付いており、台湾ならではの屋台や夜市に始まり、オシャレで新感覚のスイーツのお店まで堪能できる、魅惑のグルメワールド。 日本でも大ブームのタピオカミルクティーのほか、小籠包や魯肉飯(ルーローハン)、マンゴーかき氷は特に人気ですね。

葱油鶏のレシピ

台湾グルメは多岐に渡るのでお伝えしたいレシピは多々ある中、今回選んだ料理は葱油鶏(ソンユーチー)。とにかく簡単で美味しく、旨味たっぷりネギたっぷりのお料理です。
冷めてもしっとりしている蒸し鶏なので、おもてなしの前菜としても重宝しますよ。ネギ好きさんはレシピの量よりネギを増やして作ってみてくださいね。

材料(2人分)

材料(2人分)
  • 鶏もも肉(皮つき) 1枚
  • 長ネギ(みじん切り) 20cm
  • 長ネギの青い部分(みじん切り) 20g
  • しょうが(千切り) スライス5枚分
  • ごま油 大さじ3
  • 紹興酒(日本酒でも可) 大さじ2
  • 塩 3~4g(鶏肉の重量の約1%)
  • こしょう 適量

作り方

鶏もも肉全体をフォークでブスブスと刺し、塩を揉み込んで10分以上置く。
※味がしみ込みやすくなります。

耐熱皿にの鶏もも肉を皮を上にして置いてしょうがを乗せ、紹興酒を回しかけたらふんわりとラップをかける。

600wの電子レンジで4分程度加熱し、粗熱が取れるまでラップをかけたまま置く。
※鶏もも肉の大きさや厚み、ご家庭のレンジによって差がありますので、加熱具合は調整してください。

鶏もも肉をレンジで加熱している間に、フライパンにごま油と長ネギ、長ネギの青い部分を入れて中弱火にかける。

長ネギがしんなりして香りがたってきたら、いったん火を止める。

の蒸し汁を加えてひと煮立ちさせる。

の鶏肉を2cmほどにスライスし、のネギだれとこしょうをかけてできあがり。

完成写真

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。