2月の風物詩 #和菓子女子の日記

2月の風物詩 #和菓子女子の日記

こんにちは、和菓子コーディネーターのせせなおこです。2月になりました!この前新年を迎えなかったっけ…?本当に時間が経つのはあっという間。1日1日を大切に過ごしたいものです。

うぐいす餅

春を感じるうぐいす餅も少しずつ和菓子屋さんに並び始めました。2月といえば、暦の上では春。体感としてはまだまだ寒いですが、もうすぐ春がやってくる、そう思うだけで少し気持ちが軽くなります。そんな2月はどんなことが待っているでしょうか。早速みていきましょう!

スポンサーリンク

如月

2月の和名は「如月(きさらぎ)」。まだ寒さが残っていて、衣を更に着る季節であることから、「衣更着(きさらぎ)」と呼ばれるようになりました。また、草木が生え始めることを意味する「生更木(きさらぎ)」「草木張り月」から転じたという説など、いくつか説があるようです。他にも梅見月(うめみづき)や雪消月(ゆきげしづき)など、春の訪れを感じさせる名前がついています。

スポンサーリンク

節分と立春

2月3日は節分、そして2月4日は立春。暦の上では春がやってきます。立春は二十四節気の一番初めで、旧暦では立春が新しい年の始まりとされていました。そのため、立春を基準に節目が決められており、例えば、土用や八十八夜など、今でもその風習が残っています。

そして、昔は新年の前日である大晦日、つまり節分に疫病の鬼に扮した人を、鬼を追う人が仮面を被って追払う儀式が行われていました。これは追儺(ついな)と呼ばれ、元々中国で行われていたものが日本に伝わってきて、豆まき・節分として根付いたとされています。

ちなみに、「季節を分ける」と書く漢字の通り、新しい季節の前の日は節分とされ、本来節分は1年に4回あります。前述のように、元々は立春が新年の始まりだったことや、冬から春へと変わるこの時期に一番体調を崩しやすい、などの理由から、この時期の節分に豆まきを行うようになったのだといわれています。

節分豆
(画像出典)PIXTA

豆まきの豆も地域によって異なります。私は大豆で育ちましたが、北海道や鹿児島では落花生が使われます。殻のまま投げるので片付けが楽、という理由もあるとのことで、確かにいいアイデアだな、と感心しました!

スポンサーリンク

バレンタインデー

お正月が終わると同時に始まるバレンタインシーズン。近年は楽しむためのイベント、というよりもいかに欲しいものが買えるか、争奪戦のように感じてしまうのは私だけでしょうか…。

和菓子屋さんからもバレンタイン用の商品が販売されていますが、私のお気に入りはチョコカステラ。チョコレートケーキのような、だけどどこかなつかしいほっこり感を味わえます。

それからあられやおかきにチョコレートがコーティングされたものもおすすめ。チョコレートの“甘い”とあられやおかきの“しょっぱい”が重なって、ついついやみつきになってしまいます。

チョコカステラ

争奪戦、とは言ったもののバレンタインは普段はなかなか言えない気持ちを相手に伝えるいいチャンス。恋愛のみならず、お菓子の力を借りて、大切な人に伝えてみてはいかがでしょうか。

富士山の日

富士山といえば日本の代名詞。新幹線に乗っている際、富士山が近づくといつもワクワクして窓の外を眺めます。富士山といえば、福岡出身の私は上の方が雪に覆われたイメージを持っていたので、初めて夏の富士山を見た時は驚きました。

初日の出やおめでたいものの象徴でもある富士山ですが、そんな富士山の日があるのをご存知でしょうか。2月23日は富士山の日。富士山を学び、親しみ、後世に引き継ぐことを目的に2019年に制定されました。

富士山

富士山は縁起物、といわれるだけあって富士山をモチーフにした和菓子も多く販売されています。富士山を食べるだなんてなんだか恐れ多いな、なんて思いつつも、食べるとなんだか元気が湧いてきます。日本一、とは言わなくても目標を高く、上を目指してみるのも悪くないのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

以上、2月の風物詩をお送りしました。2月は1年の中で唯一28日と1ヶ月が短い月ということもあり、特別な月だな、と思っています。節分にバレンタイン、寒さを忘れるイベントが盛りだくさんです。春はもうすぐそこまでやってきています。今月も元気に楽しい毎日になりますように!

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。