この冬、チョコレートとビールを合わせる新感覚の“口福感”を

この冬、チョコレートとビールを合わせる新感覚の“口福感”を

チョコレートかビールか。

バレンタインギフトの定番、チョコレート。しかし最近はギフトの選択肢としてビールも人気だ。
どちらが相手に喜ばれるだろうか…二者択一。

贈り主はこう考えがちだが、実はビールとチョコレートは合う。「合わなくもない」ではなく、全く新しい味わいを体験できる。だから今冬は、ビールもチョコレートも、を提案したい。

ただし、そこにはちょっとしたコツがある。
今回は、ビアエッセイストが複数のチョコレートと複数のビールを用意。検証の結果得られた、ベストマッチな組み合わせを紹介する!

スポンサーリンク

いろいろな味のチョコとビールを組み合わせる実験。

今回準備したチョコレートはミルク、ナッツ、ベリー系、柑橘系、ビター系と幅広い味わい。

ビールもいわゆる“フツーのビール”であるピルスナーのほか、フルーツビール、ホップの苦みがきいたIPA、香ばしいスタウト、小麦を使ったベルジャンホワイトなどこちらも幅広く揃えた。

組み合わせのなかには、正直あまりピンとこないものもあった。が、全く新しい“口福”体験を届けてくれたものも。以下でそんな3つの厳選ペアリングを力説していきたい。

甘と酸の無限ループ!フルーツビール×ミルクチョコ

まず紹介したいのが、クリークというチェリーを使ったベルギービールとミルクチョコレートの組み合わせ。

クリークは酸味が特徴で口内がキュッと締まる感覚がある。その口に甘~いミルクチョコレートを放り込むと、口のなかがまろやかになる。ケーキにチェリーソースがかかっていることがあるが、あの感じに近い。まさに緊張と緩和。甘味と酸味の心地よい行ったり来たりを堪能できる。

これはスイーツ好きにぜひ試して欲しい!
チェリービールとラズベリーチョコレートも酸味が掛け合わされる感じで美味しかった。

ただ、掛け算タイプで言うなら、次に紹介する組み合わせの方がおすすめできる。

柑橘感増し増しで力強く!IPA×オレンジチョコ

次のおすすめが、IPAとオレンジチョコレートの組み合わせ。

IPAはインディアペールエール(India Pale Ale)の略。イギリスで造ったペールエールを遠く離れた植民地のインドでも飲めるよう、防腐効果の高いホップをたくさん入れて誕生したビールだ。このIPAというスタイルはアメリカに渡って、アメリカのホップで造られるように。

グレープフルーツのような柑橘系のホップ香が特徴のアメリカンIPAに、オレンジチョコレートを合わせると、柑橘感の掛け算が発生。マーマレードのような力強い味わいが楽しめる。

オランジェットもあるように、柑橘系とチョコレートの相性はばっちり。これもぜひ試して欲しい組み合わせだ。

香ばしさの競演!黒ビール×ヘーゼルナッツチョコ

最後におすすめするのが、スタウトという黒ビールとヘーゼルナッツのチョコレート。

スタウトは原料の麦芽を焙煎しているため、芳ばしい香りが魅力。ヘーゼルナッツチョコレートも上品な香ばしさがある。そんな風に香りは通底していながら、チョコレートの甘みとビールの苦みという別方向の味覚がうまいことバランスを取ってくれていて至高である。

酸味が少し立つような黒ビールを選ぶと、さらにチョコレートの甘みと噛み合うから面白い。

パンチ力のあるビールを選ぶと面白い結果に

実験をしてわかったのは、繊細なビールより個性派ビールの方が面白い結果が出やすいということ。
例えば、ピルスナーやゴールデンエール、ベルジャンホワイトのような強い個性があるとは言えないビールだとチョコレートの強さに押されてしまいがち。

美味しくないわけではないのだけど、どうしても「弱いな…」と感じてしまう。
その点、酸っぱい、スモーキー、ハイアルコールで強烈に甘い…といった個性派のビールだとチョコレートと対等に渡り合える。チョコレートと合わせるなら、キャラがあってパンチ力強めのビール、は覚えておいて損はないだろう。

また、ビールの炭酸が思いのほかチョコレートと合うことは強く主張したい。チョコレートの甘さをビールの炭酸が口のなかで切って、サッパリさせてくれる。この炭酸による油脂分洗い流し効果のおかげで、いつまでもペアリングの妙を満喫できるのだ。これは発見だった。

まだまだビールとチョコレートの組み合わせは無限大に広がる。きっとなかには驚くべき意外な組み合わせもあるに違いない。新スタンダードを見つけるのはあなたかもしれない!

今回試した商品情報

チョコレート:ピープルツリー

  • ミルク
  • ラズベリー
  • ビターカカオニブ
  • ヘーゼルナッツ
  • オレンジ

ビール

【hitotema編集部注】当記事は広告記事ではありません。ライターがセレクト、購入して試したおすすめをご紹介しています。

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。