このデパ地下は一味違う!ジェイアール京都伊勢丹に限定お土産菓子がそろい踏み

一味違うデパ地下!ジェイアール京都伊勢丹に限定お土産菓子がそろい踏み

今回伺ったのは、思わずお菓子好きの目がハートになる「わざわざ行きたいデパ地下・ジェイアール京都伊勢丹のスイーツコーナー」。

なんでわざわざ行きたいかって?
デパ地下はどこも同じ感じじゃないかって?

その理由は、限定店舗や限定お菓子の品ぞろえにあり!
十代目伊兵衛菓舗、梅園 oyatsu、ラ・サブレジエンヌなど全国出店していない京都のお店がずらりと並ぶほか、 ここでしか購入できない有名お菓子メーカーの高級ラインや、限定出店の店舗がたくさんあるのです。さらには全国から選りすぐったお菓子のセレクトショップも。

その中でも特におすすめの、ジェイアール京都伊勢丹でしか買えない限定お菓子をご紹介。買って帰れる京都スイーツをたっぷりお楽しみください。

スポンサーリンク

わざわざ行きたいデパ地下「ジェイアール京都伊勢丹」

今回のご紹介は、京都を代表する大型百貨店・ジェイアール京都伊勢丹の地下1階 !

ジェイアール京都伊勢丹は京都駅の駅ビル内にあり、JR・近鉄・地下鉄の京都駅直結。2020年2月26日には2~5階の婦人ファッションフロアが大幅リニューアルしてグランドオープンしました。その先駆けとして、2019年12月5日には地下1階の食料品売り場もリニューアル。フロア面積が約2,000平米 増え、品揃えのバリエーションが地域一番となったのです。

そして品揃え以上に、ここがいわゆるフツーのデパ地下とは違う大きな理由がひとつ。その理由は、数々のジェイアール京都伊勢丹限定店舗があること!こちらの地下のお菓子売り場には、有名お菓子ブランドによるここだけの特別店舗や、他のデパートには出店していないお店 などが多数入っているのです。

限定のお菓子以外にも、レアなお菓子・歴史あるお菓子が博覧会のように並ぶジェイアール京都伊勢丹ですが、今回は贅沢にもここだけの限定スイーツをクローズアップしてご紹介!
またジェイアール京都伊勢丹バイヤーによるセレクトショップも覗いてみますよ。


限定店舗や京都限定~有名お菓子ブランドによる特別店~

まずは限定店舗や限定スイーツの中でも、有名お菓子ブランドによる特別店舗をご紹介!

井村屋 和涼菓堂

井村屋 和涼菓堂1

「井村屋 和涼菓堂(わりょうかどう)」はあずきバーで有名な老舗メーカー「井村屋」の高級ライン!

「和涼菓堂」の名前は“『和』にこだわった、『涼』涼しげな、『菓』和菓子のような【贅沢な高級アイスクリーム】を提供する専門店 ”とのコンセプトから。

ジェイアール京都伊勢丹にしかない、「和アイス」の専門店です。

井村屋 和5涼菓堂3

和涼菓堂の名物「涼菓バー」がこちら。ベースは、あのあずきバーをアップグレードさせたあずきバー。それを薄くしてカーブをつけることで食べやすくした上に、季節のフルーツなどのアイスを乗せた、2層式のアイスバーです。上のアイスは、ミルク系と抹茶系があります。
涼菓バーはすべて一本ずつ手作り。「苺」「豆と抹茶」「柚子」 「栗と抹茶」の4つの味を定番に、季節限定の味も登場しますよ。

井村屋 和涼菓堂3

涼菓バーのパッケージは、和風シンプルでかっこいい!お土産はもちろん、ちょっとした差し入れやギフトにも人気です。
ちなみに入っている箱は一見木製のようですが、実はそうみせかけた発砲スチロールなので軽く、処分も簡単です 。ギフトならこちらの箱でそのまま発送するのが一番のおすすめです!

井村4 和涼菓堂4

和涼菓堂のアイスは 2種類。「涼菓バー」ともう一つが、こちらの「もち涼菓」です。凍っても柔らかい「もち」でアイスクリームをくるんだお菓子で、井村屋の商品「やわもちアイス」「冷凍和菓子」などの技術を応用して新しく作られた、まさに本格和アイス。凍ったままより、ちょっと溶かして食べるのがおすすめですよ。

井村屋 和5涼菓堂5

和涼菓堂の片側はイートインカウンター。購入したアイスをその場でいただくことができます。一番人気はいちご味!フリーズドライいちごのごろごろっと入った涼菓バーは、いただく前に撮影するのもお忘れなく。

公式オンラインショップ:https://www.imuraya-webshop.jp/shop/
※一部商品が販売されています。

といろ by Tawaraya Yoshitomi

といろby Tawaraya Yoshitomi1

「といろ by Tawaraya Yoshitomi」は老舗の京菓子司「俵屋吉富」の手掛ける、ひと口サイズの可愛らしい琥珀糖やラムネ風菓子を発信するお菓子ブランド。「十人十色の想いを届けるための和菓子」をコンセプトに作られるお菓子は、一つひとつがカラフルで可愛らしいのが特徴です。

見ているだけで楽しいお菓子たちは、季節やイベントごとに限定品も登場。バレンタインやハロウィンなど、和菓子なのに西洋由来のイベントにもよく似合う、小さな華やかさを楽しめます。

といろby Tawaraya Yoshitomi2

一番人気は「都色~京だるま~」。小さなだるまは、顔や体の模様、ころんとしただるまのフォルムなど、細かいところまできちんとできていることに驚いてしまうかもしれません。こちらはらくがんの型抜きを使って作られたラムネ。伝統的な製法を使って作った、新しいお干菓子なのですね。

ちなみにちょっとしたトリビア。パッケージに描いてある水引、見たことのない形だと思いませんか?あれは「といろ」のロゴマーク、「と」「い」「ろ」の文字をそれぞれ組み合わせた形なんですよ。

公式オンラインショップ:https://kyogashi.co.jp/
※といろの販売はありません。

Henri Charpentier-Hanare-(アンリ・シャルパンティエ-ハナレ-)

アンリ・シャルパンティエ1

全国的に有名なアンリ・シャルパンティエに、よく見ると中央の柱に「天峰」の文字……?こちらでは宇治茶の老舗「放香堂」の京都府産抹茶「天峰」を使用した、京都限定の抹茶フィナンシェや抹茶クリームサンドクッキーなどが登場していますよ。(一部全国の店舗及び通信販売にて、期間限定での取り扱いあり)

アンリ・シャルパンティエ2

「天峰」シリーズは国内最高位「茶師十段」である六代目東源兵衛氏がスイーツのためにセレクトした、「食べる抹茶」を使ったお菓子ブランド。京都府産の一番摘み抹茶を厳選し、バターやアーモンドの個性を損なわず、かつ抹茶本来の風味を活かせるブレンドをしています。

その抹茶をアンリ・シャルパンティエの代表作であるフィナンシェに使用したのが、「抹茶のフィナンシェ 天峰」。深い抹茶の味わいとアーモンドの風味を同時に楽しめる、これはまさに一味違う抹茶フィナンシェ!

また同店では「京都御所南チョコレート研究所」の「京都さんかくショコラサンド」も購入可能ですよ。「京都御所南チョコレート研究所」とは京都生まれのショコラティエ・垣本晃宏氏とアンリ・シャルパンティエが、「京都文化」と「チョコレート」が織りなす新しい可能性について探求・発信していくために設立した研究所です 。こちらのお菓子も京都限定、ぜひチェックを。

公式オンラインショップ:https://www.suzette-shop.jp/shop/c/cHENRI/
楽天公式ショップ:https://www.rakuten.ne.jp/gold/henri-charpentier/
※一部商品が販売されています。

ここにしかない限定店舗

ジェイアール京都伊勢丹には、そもそもここにしかお店がない、限定出店の店舗も多数。

kindal kindal (キンダル キンダル)

キンダルキンダル2

「kindal kindal」はマカダミアナッツの専門店。舞妓さんの横顔の描かれたパッケージが京都らしくて目を惹きます。京都をイメージした風味を始め、さまざまな風味のマカダミアナッツのお菓子がそろっています。
店名のkindal kindalとは、マカダミアナッツの原産地であるオーストラリアの先住民アボリジニの言葉で、マカダミアナッツのこと。マカダミアの木は1度実がなると100年は収穫できると言われることから長寿や繁栄のシンボル。お祝いや大切な人への手土産に贈りたい、ちょっと特別なお菓子です。

キンダルキンダル1

一番人気は「濃い抹茶」。1箱9粒入りです。京都府産一番碾茶(てんちゃ)をすべて石臼挽きした、茶道用の抹茶がたっぷりと使用されています。一つ口に入れてみると、しっかりとした抹茶のお味を感じられる上に、意外なほどにくちどけなめらか。マカダミアナッツのまろやかで優しい風味と相まって、一口ずつじっくりと味わいたくなるお菓子です。

伊勢丹オンラインストア:https://isetan.mistore.jp/kyoto/brand/060175/list

Usu-kihada(うすきはだ)

 Usu-kihada1

「Usu-kihada」は柑橘王国・愛媛産の柑橘をはじめとした乳菓のお店です。愛媛銘菓「母恵夢(ぽえむ)」の、京都伊勢丹限定ブランドです。

そのラインアップは大きく分けて3種類。看板商品 「Usu-kihada 」のほかに、カラフルで可愛らしい七色展開の一口パイ「結彩パイ(ゆいさいパイ)」、瀬戸内の柑橘類を使った爽やかな「マドレーヌ」があり、それぞれ詰め合わせも用意されています 。
また、春には「Usu-kihada さくら」など四季折々に 季節限定のお菓子が登場。 1年を通して季節に合わせた掛紙も用意されていますよ。

Usu-kihada2

「Usu-kihada」はしっとりした生地で餡を包んだ乳菓。小ぶりで中身のぎゅっとつまったお饅頭という感じです。通年では「紅まどんな」と「宇治抹茶」の2つのお味が楽しめますよ。
「紅まどんな」とは愛媛県産のフルーツ。みずみずしくゼリーのような食感が特徴で、果汁たっぷりで糖度の高い柑橘です。その紅まどんなを主役にした「うすきはだ 紅まどんな」は、なめらかな口当たりと柑橘のフルーティさを同時に楽しめるお菓子。目上の方へのちょっとした手土産にもおすすめです。

伊勢丹オンラインストア:https://isetan.mistore.jp/kyoto/brand/060192/list


バイヤーのおすすめ商品がそろうセレクトショップも!

ジェイアール京都伊勢丹でもう一つ見逃せないのが、デパートならではのバイヤー・セレクトコーナー。
こちらのコーナーに登場するのは美味しいお菓子を知り尽くしたバイヤーによる、日本中の美味しいお店から選りすぐったおすすめお菓子や、その時々の季節にぜひいただきたいお菓子など。ショップ形式・イートイン形式の両方がありますよ。

セレクトお菓子をバラでも購入できる「菓子のAWASE」

菓子のAWASE1

「菓子のAWASE(あわせ)」はお菓子のセレクトショップ。京銘菓をはじめ関西のお店を中心に、全国からピンポイントで集められたおすすめお菓子が並んでいます。その商品数は全部で約300!まさしく選び抜かれた「オイシイもの」がこのスペースにぎゅっとつまっているのです。

菓子のAWASE2

「菓子のAWASE」の大きな特徴は、違うブランド同士のお菓子でも詰め合わせが作れること。クッキー1枚やマドレーヌ1つなどバラ売りのお菓子が多いため、「あちらのジャムとこちらのクッキー、それにあのお店の紅茶を一つに包んでプレゼントに……」なんて風に自分オリジナルのセットを作ることができますよ。

菓子のAWASE3

老舗や有名菓子店を知り尽くしたバイヤーによるセレクトショップだけあって、ここに登場するお菓子はどれもハイレベルに美味しそうなものばかり。「えっこんなお菓子作ってるお店あったんだ!」「こんなに可愛いクッキー缶初めて見た!」などなど、これまで知らなかった名店を発見するチャンスです!
なおこちらの他に、ジェイアール京都伊勢丹地下1階フロアの反対側には「パンのAWASE」もありますよ。

「菓子のTASHINAMI」では季節のおすすめお菓子をカフェ形式で

菓子のTASHINAMI1

美味しいお菓子を買って帰るのも良いけれど、その場ですぐに食べるのも嬉しい。「菓子のTASHINAMI」ではイートイン形式でバイヤーおすすめの季節のお菓子をいただけます。カウンター席とテーブル席の2タイプがあり、カフェと同じ感覚で利用することができますよ。

菓子のTASHINAMI2

登場するお菓子は数種類ずつ、2~3週間で入れ替わります。お菓子は和菓子・洋菓子から季節感のあるおすすめのものが登場しますよ。作り立てが美味しい「本格生わらび餅」など、職人がカウンターで作り立てを用意してくれる日もあります。(「本格生わらび餅」は2020年8月までは取り扱いあり。その後は未定です)

またジェイアール京都伊勢丹地下1階フロアのお酒売り場の隣には「酒のTASHINAMI」もありますよ。

ジェイアール京都伊勢丹の基本情報

住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
電話番号:075-352-1111
アクセス:JR、近鉄、地下鉄「京都」駅直結
公式サイト:https://www.isetan.mistore.jp/kyoto.html


【hitotema 編集部注】
当記事は広告記事ではありません。
ライターおすすめのお店をご紹介しています。

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。