レストランでキャンプ!?「スノーピーク Eat 昭島アウトドアヴィレッジ」の魅力をレポ!

レストランでキャンプ!?「スノーピーク Eat 昭島アウトドアヴィレッジ」の魅力をレポ!

スポンサーリンク

スタッフおすすめランチメニューを注文!

スタッフおすすめランチメニューを注文!

2019年11月に、メニューが大きくリニューアルされました。新メニューのコンセプトは、「キャンプでつくる料理のように、食べたい食材と調理方法を選べるよろこび」。本当にアウトドア体験をしているような気分でお食事がいただけます。

食べたい食材を選べるメニューはディナーが中心となりますが、ランチでも自分で野菜やお肉を巻いて食べるラップサンドや、調理方法が選べる日替わりセットメニューなど、オシャレキャンプで味わうようなメニューが揃っていました。

私がオーダーしたのは、スタッフおすすめの「本日の日替わりセットメニュー」(食材により1,190円~1,890円)。日替わり食材から、焼く・蒸す・煮る、の調理方法を選べる楽しいメニューです。取材日の食材は、北海道産経産肥育牛。私は、蒸す、を選んでみました。夫は、人気の「BBQプレート ライス付き」をチョイス。

さらに取材ということで、私が食べたかった「北海道産中礼内田舎どり」の「煮る」(ポトフ)も特別にご用意いただけることになりました。今日の日替わり食材は牛だったのですが、ありがたいです。しっかりレポートしますね!

待ち時間は、セルフで淹れるコーヒーでアウトドア体験を

待ち時間は、セルフで淹れるコーヒーでアウトドア体験を

コーヒーが飲める方は、ぜひ「Snow Peak 特製ブレンド アウトドアドリップコーヒー」のご注文を。セルフでコーヒーを淹れることができ、何杯飲んでも500円です。

待ち時間は、セルフで淹れるコーヒーでアウトドア体験を2

「フォールディング コーヒードリッパー 焚火台型」が並べてあり、ドリッパーの下にカップを置き、フィルターとコーヒー粉をセットしてお湯を注いだら、コーヒーが抽出されます。こうしたオシャレグッズが欲しいと思っても使い勝手が分からないとなかなか手が出ませんが、こうして体験できるのはいいですね。

待ち時間は、セルフで淹れるコーヒーでアウトドア体験を3

コーヒーのカップは、「シェラカップ」という、キャンプでスープやごはんなどを入れて使える万能アイテム。オシャレに淹れたコーヒーは、グッと美味しく感じます。

セルフサービスのお水や食器にも萌え!

セルフサービスのお水や食器にも萌え!1

店内中央に、お皿、カラトリー、塩コショウ、紙ナプキンなどが置いてあるので、使いたいものを取りに行きます。「このコーナー、全部買います!」と言いたくなるほど、とにかくどれも素敵。

セルフサービスのお水や食器にも萌え!2

スノーピークファンは、あれこれ食器が欲しくなってしまうかもしれません。

セルフサービスのお水や食器にも萌え!3

ウォーターサーバー(ステンジャグ)&マグカップ(チタンシングルマグ 300)もハイセンス。ほ、欲しい……。

セルフサービスのお水や食器にも萌え!4

ナイロン素材のバケツ(キャンプバケツ)はアイスペールのカバーに使われていました。こんな使い方もできるんですね。店内の植木鉢の受け皿としても使われていましたし、勉強になります!

セルフサービスのお水や食器にも萌え!5

お料理はもうちょっとかな~。待ち時間には、店内に置いてあったスノーピークのカタログをぱらぱら。今年はどんなキャンプグッズを揃えようかな、と想像しているこの時間もキャンパーにとっての幸せ時間です。

お料理がやってきた!

パーティプレート

そうこうしている間に、メインのお料理が運ばれてきました。まずは、BBQ プレート。彩りが良く、「パーティプレート」に入ったお料理は、ワイルド!

パーティプレート肉

しっかり味付けされたお肉は、甘辛く、ジューシー。上品にナイフとフォークで食べる夫に対し、私は豪快に手でかぶりつきます!まさにキャンプ料理という感じで、美味しかったです。

北海道産経産肥育牛リブロースの蒸し料理

続いて、日替わりセットメニュー、北海道産経産肥育牛リブロースの蒸し料理をいただきます。「コロダッチオーバル」で調理された、葡萄の葉っぱで包まれた牛肉は、香草のいい香りが。油分が少なく、あっさりとしているので、お好みで八丁味噌をアレンジした特製ソースを付けていただきます。ゴロゴロ入ったお野菜は甘みが強く、お肉との相性も抜群。ダイエット中の方にもおすすめです。

ポトフ

ポトフも来ました!こちらは、日替わりセットメニューで出ることがある「北海道産中礼内田舎どり」の「煮る」料理。ほろほろとほどけるお肉と、その旨みを受け取ったスープはやさしい味。付け合せのバゲットをスープに浸しても美味しかったです。

コロダッチで丸ごとアップルパイ

スイーツもキャンプ風ということなので、「コロダッチで丸ごとアップルパイ」も注文しちゃいました!コロダッチで作られたアップルパイは、あっつあつ!パイの上に、甘く煮こまれたリンゴとバニラアイスが乗っていて、頬が落ちるほどの美味しさでした。キャンプでこんな素敵な料理作ってみたいです。

ちなみに、コロダッチとは、小さいサイズのダッチオーブンで、キャンプに気軽に持参できるだけでなく、家庭でも使えるコンパクトさが人気の商品です。気になった方は、ぜひお隣のお店で。

食材へのこだわりに感銘!

食材へのこだわりに感銘!

メインのメニューに使用されるお肉やお魚は、全国にあるスノーピークのキャンプフィールドのスタッフやスノーピークイートのスタッフが、厳選して契約した生産者のもの。そして野菜も、多彩な土地の新鮮なお野菜を中心に取り入れるなど、食材もこだわったそうです。

古代野菜
(画像提供)スノーピークイート

また、古来種野菜という、改良されていない昔からの野菜を使った面白いメニューもあり、消えゆく古来種野菜を未来につなげる活動も行っているのだとか。

食材へのこだわりに感銘!2

美味しくいただいたお食事の裏には、お客様に美味しく食べてほしいとのスノーピークイートの深い想いが隠されていたのですね。そして、どれもキャンプ気分を楽しんでもらいたいというスタッフの想いが伝わってくるお料理でした!キャンプ用のローテーブルのちょっと食べづらい感じも、キャンプっぽくていい感じ。外の席では焚火のディナーコースのメニューも楽しめるので、次はプライベートで、絶対に家族みんなで行きたいと思います!

次ページ:食後は気になったスノーピークグッズを探しに!

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。