沖縄最大級のクラブラウンジを堪能!ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

沖縄最大級のクラブラウンジを堪能!ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

沖縄らしいゆったりした空気感と、洗練されたホスピタリティが共存している魅力的なリゾートホテル。
沖縄好き、旅行好きの間でそう言われているのが、恩納村にある『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』です。特に沖縄最大級の広さを誇るクラブラウンジ『クラブインターコンチネンタルラウンジ』が素敵だと大評判!

その実力を確かめるべく、今回は贅沢にもクラブインターコンチネンタルルーム(クラブフロア)に連泊してきました。
ホテル内で楽しめるアクティビティやワークショップもご紹介します。

スポンサーリンク

沖縄屈指の人気リゾートホテル

(画像提供)ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

沖縄本島の恩納村は、数多くのリゾートホテルが集まるエリア。『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』(以下『万座ビーチリゾート』)は、その中でも特に人気のあるホテルのひとつです。

ホテル内は吹き抜けになっていて、豪華客船の中のようです。

白い砂浜と青い海をイメージした客室

(画像提供)ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

万座ビーチリゾートの客室には、オーシャンビューとビーチビューがあります。どちらからも海が見え、リゾート感満載。上の写真は、ビーチビューのお部屋。

そしてこちらは、オーシャンビューの客室からの眺め。まさに絶景!どの部屋にもバルコニーがあるので、海からの風を直接感じられます。

沖縄の美食を味わえるレストラン

(画像提供)ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

ホテル内には、琉球料理、ブッフェ、寿司、鉄板焼といった多様なレストランが揃っています。もちろんルームサービスもありますし、ビーチサイドでのBBQやかき氷など、季節限定イベントもあるので見逃せません。

「クラブラウンジで食事するから、レストランでのディナーはちょっと多い」、そんなときでも大丈夫。ホテル内には、気軽に利用できるカフェやバーもあります。

こちらはホテル1階、ガーデンプールが見える場所にある『オーシャンカフェ』。夕暮れ時のテラス席は、特におすすめです。『オーシャンカフェ』はパスタやピッツァのテイクアウトもできるので、軽く部屋飲みしたいときや子どもの食事を調達したいときにも便利ですよ。

スポンサーリンク

沖縄最大級のクラブラウンジ

(画像提供)ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

万座ビーチリゾートには、“沖縄で最もラグジュアリーなラウンジ”と謳われる『クラブインターコンチネンタルラウンジ』があります。
スイートルームとクラブインターコンチネンタルルームの宿泊者だけが利用できる、特別なラウンジです。

※その他のフロアに宿泊の場合は別途料金となります。季節や客室により異なりますのでホテルに確認してください。

アフタヌーンティー

クラブインターコンチネンタルラウンジのアフタヌーンティーは、スイーツがスタンドで運ばれてきます。マンゴーや紅芋、よもぎなど、沖縄の食材が使われているので、到着後の旅気分が盛り上がります。セイボリー(軽食)は別皿で。

ドリンクはコーヒーと紅茶が飲み放題。コーヒーはエスプレッソやカフェラテなど、細かいオーダーが可能です。紅茶はシンガポールの高級ブランドであるTWG。ノンカフェインのフレーバーやハーブティーも選べます。

イブニングカクテルタイム

ホテルラウンジのビールといえば、瓶ビールの場合がほとんど。でもクラブインターコンチネンタルラウンジでは、「沖縄に来たなら、オリオンビールを生で飲みたい!」という旅行者の気持ちに応えてくれます。

並ぶお料理は日替わりですが、オリオンビールによく合うラフテーやゴーヤチャンプルーなどの沖縄料理も登場しますよ。

もちろん、ワインに合うチーズやハムなども豊富。スパークリングワインはなんとシャンパーニュなので、ワイン好きには嬉しいですね。

さらには、ご当地カクテルもあります。

  • コーラルブルー(泡盛、パイナップル、パッションフルーツ、ブルーキュラソー)
  • カチャーシー(泡盛、トニックウォーター、ライム、ゴーヤー)
  • パッションフルーツロイヤル(スパークリングワイン、パッションフルーツシロップ)
  • 沖縄リブレ(沖縄ラム、コーラ、フレッシュライム)
  • まさひろジントニック(まさひろジン、トニックウォーター)

1日では制覇できないので、連泊もしくはリピート必須になりそうです。

朝食

朝食も、ラウンジとは思えない豊富なメニュー。エッグベネディクトやオムレツなどのホットコーナーまでありますし、豪華なフルーツも嬉しい!

沖縄らしい海ぶどうも、朝食でいただけます。茎はキレイに処理してあり、高級感があります。デニッシュもサクサク!
ジュースは定番のオレンジのほか、シークワーサー、グァバなど南国らしさのあるラインアップとなっています。また、アフタヌーンティー同様、コーヒーとTGWの紅茶が飲み放題です。

そしてさらに特別感を演出してくれるのが、巣蜜(コムハニー)。鮮度も風味も抜群なので、パンやヨーグルトと一緒にぜひ味わってください。

スポンサーリンク

ホテルの敷地内で遊び尽くそう

万座ビーチリゾートの魅力は、ホテルの敷地から出なくても沖縄を楽しみ尽くせるところです。ヨガやレンタサイクル、ガーデンプールなどでゆるりと楽しむのもいいですし、マリンアクティビティで大いに遊ぶのも最高です。

ガーデンプール

(画像提供)ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

ホテル1階、ロビーから直結しているのがガーデンプール。浅いエリアと深いエリアは柵で区切られていますし、監視員さんもいらっしゃるので小さい子連れでも安心です(でも、目を離さないようにしましょう)。
タオルもここで借りられますし、プールの近くにシャワーもあります。

ワークショップ

ガーデンプールのすぐ脇には、シーサーの絵付けなどができるワークショップも開催されています。予約不要で空いていれば随時参加できるので気軽です。
ただ、人気のワークショップはキットが完売になることもあるので、やりたいことが決まっているならお早めに!

マリンアクティビティ

沖縄のリゾートホテルなので、マリンアクティビティは当然充実しています。シュノーケリング、ヨットクルーズ、カヤック、ウェイクボード、ジェットスキー、人気半潜水艇「サブマリンJr.II」、体験フィッシングなど、盛りだくさん!
ホエールウォッチングは、1~3月です。

(画像提供)ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

日本最大級の海上アスレチック『万座オーシャンパーク』は、2022年7月にリニューアルされてさらにパワーアップしました。小さな子どもでも楽しめますが、予想外にハード。全コースクリアするのは、大人でもなかなか大変です。

干潮時やメンテナンス時はクローズになるので、営業時間は事前に確認しておきましょう。万座オーシャンパークの脇には、ビーチプールもあります。

万座ビーチリゾートに泊まるなら、連泊でクラブフロアへ!

ガーデンプール、マリンアクティビティ、グルメと、1日ではとても堪能しきれない万座ビーチリゾート。ゆったりとした朝の時間を過ごすためには、ぜひ連泊したいところです。

一般フロアでも充分の楽しめますが、より贅沢で特別な休暇にしたいなら、クラブインターコンチネンタルフロアを選んでみてください。トップシーズンはどうしても料金が高めになりますが、初秋や春先もおすすめ。海に入ることにこだわりがなければ、冬に訪れるのもいいですね。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの基本情報

所在地:沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260
電話番号(代表):098-966-1211
公式サイト:https://www.anaintercontinental-manza.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/ana.ic.manza.beach.resort/

【当取材記事につきまして】
hitotema編集部所属ライターが有料で宿泊後、掲載の許可を得て記事を作成しました。

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。