イギリスの“本場”ティールーム気分を満喫!人形町の「Tiny Toria Tearoom」

イギリスの“本場”ティールーム気分を満喫!人形町の「Tiny Toria Tearoom」 #ロンドン女子の紅茶通信

こんにちは、フリーライターの山田志桜里です。こちらの連載コラムでは、私の大好きなイギリスや紅茶についての小話を紹介しています。

本日ご紹介するのは、東京・人形町にある「Tiny Toria Tearoom(タイニートリア ティールーム)」。

イギリスの田舎町のティールームのようなアットホームな空間、現地さながらの本格的なメニューが魅力で、イギリスが恋しくなったら、真っ先に訪れたいお気に入りのお店です。

下町で見つけた、小さなイギリス

下町で見つけた、小さなイギリス

お店があるのは、老舗のお食事処や名店が立ち並ぶ「甘酒横丁」沿い。人形町駅から徒歩2分ほどで、ドアの前に掲げられたイギリスの国旗・ユニオンジャックと、黒いティーポットの看板が目印です。

ラベンダー色の自転車

お店の前には、フラワーデコレーションがあしらわれた、ラベンダー色の自転車が。お花いっぱいのカゴからも、ユニオンジャックがちらりとのぞいています。

イギリス現地のカフェやベーカリーでも、お店のロゴが入った可愛らしい自転車が、店頭に飾られていることが多いので、思いがけない“イギリスらしい”お出迎えに、思わず心が躍りました。

スポンサーリンク

田舎ティールームの温かな雰囲気

田舎ティールームの温かな雰囲気

店内に入ると、まず目に飛び込んでくるのが、ドア前のおしゃれな物販コーナー。イギリスのご家庭で飲まれているティーバッグタイプの紅茶や、お店のオリジナルブレンド、そして店内で焼き上げた焼き菓子などが並びます。

テーブル席が4卓ほど。予約優先

店内には、テーブル席が4卓ほど。予約優先となっているので、公式サイトからの事前予約がおすすめ。お席は2時間制で、紅茶と焼き菓子を楽しみながら、のんびりと過ごすことができます。

ティーカップやソーサー、ユニオンジャック

ティーカップやソーサー、ユニオンジャックのフラッグが飾られた店内に腰を下ろせば、まるでイギリスのティールームにいるかのよう。

それもそのはず、ここ「Tiny Toria Tearoom」は、オーナーの慶本さんの「イギリスのカントリーサイドにあるような、アットホームなティールームを作りたい」という思いで生まれたお店。

ちょっぴり背筋を伸ばして、ドレスアップしながら楽しむ高級ホテルのアフタヌーンティーとは一味違う、友人や家族とくつろぎながらお茶を囲める、イギリスの田舎のティールームならではの雰囲気が魅力です。

スポンサーリンク

イギリス“本場”の味

店内奥、キッチン前にあるカウンターには、お店で焼き上げられている美味しそうな焼き菓子がずらり。焼き菓子も本場イギリスのレシピを基準に作っているそう。

イギリス“本場”の味

以前、「イギリスのティールームの定番!英国の伝統ケーキ5選」という記事でご紹介した、イギリスの定番ケーキ、「キャロットケーキ(648円)」や「ヴィクトリア・スポンジ(540円)」「コーヒー&ウォルナット(648円)」も揃います。

関連記事

こんにちは、在英ライターの山田志桜里です。こちらの連載コラム #ロンドン女子の英国日記 では、私の大好きなイギリスや紅茶についての小話をご紹介しています。 前回は「茶葉を使った美味しい紅茶の淹れ方」をお話しましたが、より贅沢なティー[…]

イギリスのティールームの定番!英国の伝統ケーキ5選 #ロンドン女子の英国日記
ブラムリーアップルのクランブルタルト

期間限定のメニューに出会えることもあり、この日は、イギリスで人気の青リンゴ・ブラムリーを使った「ブラムリーアップルのクランブルタルト(756円)」が登場していました。

イギリスのティータイムには欠かせないスコーン

もちろん、イギリスのティータイムには欠かせないスコーンも。「プレーン(248円)」だけでなく、「ダブルチーズスコーン(324円)」や「ラムレーズンとクルミの全粒粉スコーン(324円)」も並び、どれを選んでいいものか目移りしてしまいます…。

クリームティー&ケーキセット

私のように、「どれにするか選べない…。ケーキもスコーンもどちらも楽しみたい!」という方におすすめなのが「クリームティー&ケーキセット(1,650円〜)」。

クリームティー&ケーキセット

ジャムとクロテッドクリームを添えたプレーンスコーンに、ポットの紅茶をセットにした「クリームティー(1,100円)」と、ケーキ1種を2段スタンドで提供してもらえるセットで、ジャムはストロベリージャムかレモンカードから、ケーキはカウンターからお好みのものを選ぶことができます。

ヨークシャーティー

ポットティーは、イギリスの家庭で親しまれている「ヨークシャーティー」となっていますが、豊富なメニューの中から好きなものに変更することも可能です(差額分追加あり)。

カップ約2杯分ほど楽しめるので、クリームをたっぷりつけたスコーンと、イギリス本場のケーキに舌鼓を打ちながら、ゆっくりティータイムを楽しむことができますよ。

クランペットランチ

クランペットランチ

しっかりお食事を楽しみたいという方は、1日20食限定の「クランペットランチ」で決まり。

発酵生地をグリドル(鉄板)で焼き上げたイギリスのパンケーキ“クランペット”に、目玉焼き、ハーブを入れたソーセージ、サラダをたっぷり添えたワンプレートで、ボリュームもたっぷりです。クランペットの穴から奥まで染み込んだバターが、口の中でじゅわ〜っと染み込み、もちもちの食感が癖になるおいしさ!

クランペットを食べたことがない、という方に、ぜひチャレンジしていただきたいメニューです。おふたりでランチをシェアして、別腹にケーキを…という楽しみ方もおすすめですよ。

豊富な紅茶のラインアップ

豊富な紅茶のラインアップ

気になる紅茶も「タイニートリア オリジナル ティールームブレンド(880円)」をはじめ、イギリスで大人気の「テトリー エクストラストロング(550円)」、老舗茶商テイラーズオブハロゲイト(550円〜)など種類豊富! 

ダージリンやアッサム、ニルギリなどの、リーフティーも用意されています。リーフティーは、ストレート向きのもの、ミルクを入れても美味しいものとメニューが分かれているので、紅茶にあまり詳しくない…という方でも、お好みの味を見つけることができますよ。

ノンカフェインのフルーツティーも揃っているので、カフェインフリーをお好みの方も安心です。

都内で本場のイギリスティータイムを体感!

都内で本場のイギリスティータイムを体感!

都内でいつでも本格的なイギリスの味を楽しむことができる、人形町の「Tiny Toria Tearoom」。

イギリスのティールームを訪れたことがある方は、きっと懐かしい雰囲気の虜になってしまうはず。イギリスに行ったことがないという方も、ぜひイギリス旅行気分を味わってみては?

また、11月10日〜12月26日は、期間限定で、クリスマスをテーマにしたアフタヌーンティー「フェスティブ・アフタヌーンティー(5,280円)」が提供されています。

こちらは完全予約制となっているので、気になる方はぜひ公式ホームページをチェックして見てくださいね。

スポンサーリンク

Tiny Toria Tearoom

住所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 柿沼ビル1F
アクセス:人形町駅より徒歩2分、水天宮前駅より徒歩3分、浜町駅より徒歩5分
営業時間:11:00〜17:30
定休日:月・火曜 (祝日は営業)
電話番号:070-7795-1889
HP:https://www.tinytoria.com/
Instagram:https://www.instagram.com/tiny_toria/

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。