ミッフィーとお食事orカフェ?「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」取材レポ

ミッフィーとお食事「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」取材レポ

ミッフィーでおなじみの絵本作家・グラフィックデザイナーのディック・ブルーナ。2021年3月、横浜にディック・ブルーナの世界観を楽しめるワインバル&カフェレストラン「Dick Bruna TABLE YOKOHAMA」(以下「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」)がオープンしました。

幼い頃から馴染みのあるディック・ブルーナのイラストに囲まれてお食事ができるお店は、シックで大人かわいい空間。今回は大人だけでも通いたくなる、ディック・ブルーナ テーブル 横浜の魅力に迫りたいと思います!

スポンサーリンク

大人かわいい雰囲気が魅力の「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」

JR横浜駅構内にオープンした「ディック・ブルーナ テーブル 横浜」。第1号店の神戸店での反響が大きく、関東初上陸となった横浜店のオープンも大きな話題となりました。

場所はJR横浜駅改札内「エキュートエディション横浜」の中、電車を降りて改札を出ずに辿り着ける便利なロケーション。幼い頃から馴染みのあるディック・ブルーナの作品に囲まれてお食事ができるなんて……これは行ってみたい!と早速取材へ行って参りました。

お店はレンガ造り風の外観に、ブラックを配色した大人な雰囲気。入口ではミッフィーがちょこんと座って待っていてくれました。かわいい~!それでは中に入ってみましょう。

お店の中もブラウンを基調としたシックなデザインで、ディック・ブルーナの世界観を随所に感じられます。シックでありながら雲に乗ったミッフィーの照明、絵本やぬいぐるみなどがディスプレイされた空間は、大人かわいい雰囲気。これはディック・ブルーナファンにはたまりませんね。

入口を入って手前はミッフィーとお食事ができる席(テーブル席)とカウンター席があります。

こちらはその奥にあるブラック・ベアと一緒にお食事ができる席(テーブル席)。本を読み過ぎて目が真っ赤になってしまったというブラック・ベアは、そのかわいらしい姿から大人からの人気も高く、こちらの席も見逃せません。

予約時はテーブル席かカウンター席かのみ選ぶことができ、テーブル席の場合どちらの席になるかは当日のお楽しみ。

スポンサーリンク

おとなのためのお子様ランチが人気!

お店の中はキュンとする瞬間がいっぱい。メニューやカトラリー、紙ナプキンもミッフィーです。もうこの時点でメロメロに……。

お食事メニューは、ランチ、ディナーともにディック・ブルーナが生まれ育ったオランダの郷土料理も取り入れられています。ランチメニューの中で人気NO.1は、「おとなのためのお子様ランチプレート」。

※休日と平日で価格や提供内容が一部異なります。また内容は時期によって異なります。

大人になってお子様ランチが食べられるなんて嬉しいですよね。ミッフィーの形に盛られたライスがかわいらしく、プレートはカラフルで具だくさん。目の前に登場した瞬間のワクワク感がたまりませんでした。

内容は、チキンのクリーム煮をメインに、サラダ、ラタトゥイユ、キャロットラペ、卵焼きなど。柔らかく煮込まれたチキンはほっとするやさしい味で、他のおかずも全て美味しく栄養バランス抜群。そっと添えられたフラワーやミッフィー型のにんじんにも遊び心を感じました。

他、魚介たっぷりアメリケーヌパスタや野菜たっぷりブラック・ベアカレーなども人気です。

スポンサーリンク

ビールや本格ワインも!お酒が楽しめるのは世界初!?

ディック・ブルーナ作品をテーマにした店舗の中で、本格的にお酒を提供しているのは日本のディック・ブルーナ テーブル(神戸・横浜)だけ。

ワイン、ビール、カクテルなどお酒のメニューも豊富です。おすすめは、「リモンチェッロを使ったDBTサワー」。レモンの香りが漂うディック・ブルーナ テーブルオリジナルのビアカクテルです。レモンのリキュール、リモンチェッロを使用した爽やかでフルーティーなビアカクテルにはほんのり甘さがあり、ビールが苦手な私でも美味しくいただけました。

また、ディック・ブルーナ テーブルは、本格的にワインを楽しめるのも魅力!ワインは全部で8種類あり、珍しいワインタップからサーブする樽出しワインも6種類、他にも豊富にワインが用意されています。

おすすめの「DBT限定オリジナルラベルワイン」はここでしか買えない、ディック・ブルーナのデザインをラベルにしたオリジナルワイン。自宅に飾りたくなるかわいいワインボトルはは今後購入も可能になる予定です!

あっと驚く演出も!お酒とともに楽しめるディナーメニュー

ディナーは前菜~メイン料理まで、お酒と一緒に楽しめるメニューが揃います。ディナーの中で一番惹かれたメニューがこちら!この状態では何がなんだかわかりませんよね。でもかわいい……。
ではオープンしていただきましょう!

じゃじゃ~ん!スモークの中から現れたのは「鴨肉の低温調理 桜の木のスモークの薫りに包まれて」。思わず動画を撮りたくなるサプライズ演出です。

鴨肉は柔らかくさっぱり。少し甘味のあるベリーソースを絡ませていただきます。これが爽やかなビアカクテルに合い、最っ高~!他にも、花束のような「DBT 特製花束サラダ」、「DBT特製!トリュフ香るブラック・ベアボール」、「大きなソーセージのスキレット焼き」など目で見ても楽しめるメニューがたくさん用意されていました。

スポンサーリンク

ミッフィーやブラック・ベアと一緒に、幸せのスイーツタイム

食後やカフェタイムは、ミッフィーやブラック・ベアと一緒に幸せのスイーツタイムを。こちらは私がずっと前から食べたかった「ミッフィーチーズケーキバー」。長方形にかたどられたミッフィーがかわいすぎるチーズケーキです。ケーキは濃厚で絶品、ブルーベリーソースを付けて美味しくいただきました。

チョコレート派は「ブラック・ベアチョコレートケーキバー」を。ガトーショコラのような濃厚でとろ~っとしたチョコレートケーキで、甘党にはたまりません。

(画像提供)ディック・ブルーナ テーブル 横浜

キュートなスイーツのおともには、ブレンドコーヒーやホットのカフェラテ、オリジナルブレンド紅茶がおすすめ。何故ならそれぞれにミッフィーのシュガーが付いているから!これもたまらないかわいさですよね。

溶かすのがもったいないほどかわいいミッフィーシュガー。物販スペースでも販売されているので、ご自宅用やプレゼントにいかがでしょうか。

ミッフィースタンドで登場する「アフタヌーンデザートセット」

(画像提供)ディック・ブルーナ テーブル 横浜

次回私が狙っているのは、ミッフィースタンドで登場する「アフタヌーンスイーツセット」!これはズルいかわいさ。もう、これが出てきただけで女子の心を鷲づかみでしょう。前菜とグラスワインが付いた「アフタヌーンワインセット」も用意されています。

グッズやテイクアウトも見逃せない!

ロゴ帆布トートバッグ
(画像提供)ディック・ブルーナ テーブル 横浜

物販スペースには他にも日常で使えるグッズがたくさんあり、どれも目移りしてしまうかわいさ!

断トツで人気があるのは、「Dick Bruna TABLE ロゴ帆布トートバッグ」。正面に大きくDick Bruna TABLEのロゴが入っていて、帆布生地の使いやすいサイズ感のバッグです。かわいさがありながら、シンプルで機能的。お店で使用されているカトラリーやお皿、グラス、マグカップなども販売されていましたよ!

テイクアウト
(画像提供)ディック・ブルーナ テーブル 横浜

また、買って帰りたくなるという意味ではテイクアウトフードも要チェック。カスクートなどのフードメニューやドリンクのテイクアウトが可能で、フード1点&ドリンク1点購入するとミッフィーのテイクアウトボックス「ミッフィーキャリーバッグ」に入れてくれます。
これは公園に持ち出してピクニックしたくなるオシャレさですね!家族へのお土産にも喜ばれそうです。

スポンサーリンク

最後に

ディック・ブルーナの世界に囲まれてのお食事は格別でした!お店に入ってから最後のお買い物まで、どっぷりディック・ブルーナの世界観に浸ることができ大満足。かわいいだけでなく大人な雰囲気もあり、本格的なワインや絶品のオランダ料理まで揃っています。

駅ナカということで、ひとりでも気軽に利用できるお店ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Dick Bruna TABLE YOKOHAMA(ディック・ブルーナ テーブル 横浜)の基本情報

住所:神奈川県横浜市西区高島2-16-1 JR横浜駅エキュートエディション横浜
電話番号:045-620-0708
アクセス:JR横浜駅南改札及び中央南改札内
営業時間:11:00~23:00(LO 22:00)
URL:https://dickbrunatable.com/

※改札外から当店を利用する場合は、JR横浜駅を区間に含んだ乗車券類、または入場券(140円)を購入の上、入場が必要です。
※事前予約がおすすめです。

ライセンス

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。