池袋のビストロ「ラシーヌ」がリニューアルオープン!パンが美味しすぎて行列!

池袋のビストロ「ラシーヌ」がリニューアルオープン!パンが美味しすぎて行列!

パンが美味しいレストランって、惹かれませんか?

今回お邪魔したのは、東京・池袋にある「RACINES」(以下ラシーヌ)。焼きたてパンと自然派ワインをいただける、池袋で超人気のビストロです。
2021年3月15日、内装をフルリニューアルし、新しい空間に生まれ変わりました。

人気のランチコースをいただいてきましたよ!ホテルのレストランでいただけるような上品で美味しいランチに感動。「池袋で美味しいお店ない?」と言われたら迷わずおすすめしたいレストランです。系列のパン屋さんも立ち寄り必須。

それでは絶品ランチレポをお楽しみください。

スポンサーリンク

池袋で超人気のビストロ「ラシーヌ」

池袋で超人気のビストロ「ラシーヌ」

「ラシーヌ」は2009年にオープンした、焼きたてのパンと自然派ワインをいただけるビストロ。
全国の契約農家から届く旬の野菜を使った料理、炭火焼きの豪快なお肉料理をはじめとした、ワインとの相性を考えた料理が自慢のお店です。2021年3月15日、内装を一新しリニューアルオープン!

オーナーさんは、

「店名のラシーヌには、フランス語で“ルーツ”という意味があります。12年に渡り愛されているラシーヌですが、開店当時、この場所には人が集えるような場所は何もありませんでした。古くからある自然派ワインと無農薬の食材を用いて、この地にレストランという“ルーツ”を作ったのがラシーヌなんです。街のルーツであり続けるため、また一つこの街のステージを上げるため、進化・深化した私たちの新しい定義づけとして、目に見える部分も、そうでない部分も大きく生まれ変わりました」

と、リニューアルにあたっての熱い想いを語ってくださいました。

池袋で超人気のビストロ「ラシーヌ」

池袋駅から歩いて4分、お店に到着すると緑あふれる美しいエントランスが出迎えてくれました。ナチュラルで洗練された空間がとっても素敵!お店は階段を下りた先にあり、隠れ家に招かれたような気分で地下へ向かいました。

店内

お店の中に入ると、食欲を掻き立てる焼きたてのパンやお肉のいい香りが……。オープンキッチンを構え、ブラウンを基調としたシックで大人な雰囲気。ホテルのレストランのような上品な空間ですが、気兼ねなく滞在できるカジュアル感も兼ね備えています。

「え?お店でパンが買えなくなったの?」という方もご安心ください。ラシーヌから徒歩30秒、2020年11月にオープンしたパンとサラダの持ち帰り専門店「Racines Bread and Salad」(以下ラシーヌ ブレッド&サラダ)で購入できます。

スポンサーリンク

店内の窯で丁寧に焼き上げる自慢のパン!

ラシーヌと言えばパン、です!

ラシーヌ ブレッド&サラダで販売されているパンを含め、ラシーヌのパンは、全て店内の専用窯で焼かれています。パンは素材にこだわり、全て無添加。毎日焼きたてのパンがいただけます。

プレミアムブレッド

こちらは以前から人気のある「プレミアムブレッド」。ラシーヌ ブレッド&サラダでも販売されることがあるのですが、「秒」で売れてしまうほどの人気。ランチでは、このパンを焼きたての状態で食べられるんです!平日でも行列ができるんだそうですよ。これは食べずにはいられませんね。

スポンサーリンク

これぞ幸せの極み!人気のランチコースを食べてみた!

ランチはコースのみとなり全部で4種類。私がいただいたのは、「焼きたてのプレミアムブレッドがついたスペシャルなビストロランチコース」。黒毛和牛のグリルをメインに、サラダ、スープ、パン2種類、コーヒーまたは紅茶がついたプチ贅沢なコースです。
※季節により内容が変わります。

プレミアムブレッド

プレミアムブレッド

ランチコースのスタートを飾ったのはプレミアムブレッド。焼きたてで温かく、ふわふわしっとり。「こんなにふわっふわの食パンははじめて!」と思うほどの柔らかさに感動しました。

最初は何も付けずにいただきます。パンにはハチミツ、生クリーム、バターが入っていて、ほんのり甘く香り豊か。これは絶品です!!
それもそのはず、小麦粉は香りと甘味の高い北海道産の「ゆめちから」、他の素材も北海道産を使用。とことん素材にこだわっているんです。

ホイップバター

続いてホイップバターを付けていただきました。これまたバターが美味しいんです!温かいパンにジュワ~っと染み込み、ほどよい塩気が甘味のある食パンにマッチ。口当たりが軽く、永遠に食べられる美味しさでした。

季節のスープ

季節のスープ

2品目はスープ。パンを口いっぱいに頬張っていたところにナイスタイミングです!

仕入れ状況により日替わりで、取材時にいただいたのは「山梨県産美桜鶏と春キャベツのスープ」。具沢山で、鶏肉の旨味と春キャベツの甘さを感じるやさしい味わい。パンとの相性が抜群でした。

季節のリースサラダ

季節のリースサラダ

3品目はラシーヌ自慢、新鮮野菜のリースサラダ。フォトジェニックで美しいサラダに目が釘付けに……。この日サラダに使用されていたのは、エンダイブ、紫大根、マイクロリーフ、スナップエンドウ、ニンジンなど栃木の益子や徳島県産を中心とした野菜が約10種類。

農家から直送されるから本当に新鮮。そして基本的にオーガニック野菜を使用しているので雑味がなく、どれもシャキシャキ!パリパリ!一つひとつ野菜の美味しさを感じました。

野菜が安定して美味しい理由は、契約農家の野菜のみを使用しているから。なんと、ラシーヌとその系列店には、60以上の契約農家があります。レストランの想いをしっかりと伝えた上で契約しているため、野菜をベストな状態で提供できる体制が整っているのだそう。

淡路新玉葱と有機大葉の無添加生ドレッシング

さらに、ラシーヌのサラダを語る上で欠かせないのは、ロングセラー商品のオリジナルのドレッシング「淡路新玉葱と有機大葉の無添加生ドレッシング」。甘味の強い新玉葱、香り豊かな大葉、そして徳島の「福寿醤油」の醤油を合わせた、非加熱、完全無添加の生ドレッシングです。

まろやかで旨味たっぷり!ドレッシングでよくあるツンとした酸味は一切感じず、野菜の美味しさを引き立てていました。一口いただいただけで虜に。ラシーヌ ブレッド&サラダの店舗や公式オンラインショップで購入できますので、気に入ったらお帰りにぜひ。ギフトにもおすすめです。

黒毛和牛のグリル+バゲット

黒毛和牛のグリル+バゲット

そしてついに、メインの黒毛和牛のグリルがやって来ました~!いただいたのは徳島県産の高級ブランド「和一」。油っぽさがなくさっぱりしていて美味!柔らかく、牛肉の旨味がギュッと詰まっていました。
牛肉本来の美味しさを感じられたのは、無駄がなく美味しさを最大限に引き出すことにフォーカスしたシェフの腕の良さのおかげでしょう。噛むほどに香ばしさを感じるバゲットも最高でした。

締めのスイーツ

締めのスイーツ

最後はラシーヌ特製プリンとコーヒーで締めくくり。豊かなコクが特徴の卵「茜美人」とたっぷりのバニラビーンズを使ったプリンは、超濃厚でリッチな味わいでした。ちなみにスイーツは各コースにプラス300円(税込)。少食な人やスイーツはいらない派の人もいるので、選べるのはありがたいですね。
絶品パンに、美味しい野菜、黒毛和牛に、濃厚スイーツ……これぞ幸せの極みですね。

お帰りは「ラシーヌ ブレッド&サラダ」でお買い物

お帰りは「ラシーヌ ブレッド&サラダ」でお買い物

ラシーヌの美味しさの虜になった私は、パンやドレッシングを買わずに帰るわけにはいきません。お帰りはもちろん「ラシーヌ ブレッド&サラダ」に立ち寄り。プレミアムブレッドはすぐ売り切れてしまうので、置いてあったらラッキーです。

また、超人気のドーナツにもご注目を。1日に1,000~1,300個売れ、夕方には全て品切れになってしまうのでお早目の購入がおすすめです。

スポンサーリンク

また足を運びたくなるラシーヌ

ラシーヌの魅力は、素材にこだわりその美味しさを大事にしていること。さらにコスパがいいこと!私がいただいたコースはなんと3,900円(税込、デザート別)なんです!
いい素材を使うとその分お値段が高くなってしまうのですが、系列店の分も一括で大量に食材を仕入れているためコストカットできているのだそう。

ランチだけでなく、自家製パンとスイーツが自慢のアフタヌーンティーや自然派ワインを楽しめるディナーもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

アフタヌーンティー
アフタヌーンティー(画像提供)ラシーヌ

ラシーヌの基本情報

住所:東京都豊島区南池袋2-14-2 ジュンクドウ書店池袋ビルB1
電話番号:03-5944-9622
営業時間:11:00~17:00、18:00~22:00
アクセス:JR池袋駅東口より徒歩約4分
公式サイト:https://racines-bistro.com/

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。