ねこねこ食パンを七輪で!京都嵐山 ・イクスカフェ のめちゃカワ朝ごはん

ねこねこ食パンを七輪で!京都嵐山・イクスカフェのめちゃカワ朝ごはん

今回のご紹介は、可愛くて美味しい朝ごはん。
京都の和カフェ「イクスカフェ(eXcafe)京都嵐山本店」でいただける、「京都ねこねこ」とのコラボ朝食「イクスカフェの朝ごはん」です!

「イクスカフェ(eXcafe)京都嵐山本店」は渡月橋のすぐ近く

イクスカフェ京都嵐山本店は、京福電鉄(嵐電)「嵐山」駅から徒歩2分。渡月橋からは歩いて1分ほどという、観光時に立ち寄りやすく便利な立地ですよ。メイン通りから路地を少し入ったところにあるため、周囲が静かで落ち着いた時間を楽しめるのも嬉しいところ。

京都らしい和情緒あふれる店内

イクスカフェ京都嵐山本店は、昭和の旧邸宅を改装した和カフェ。店内は日本家屋の美しさや温かさを感じられる造りです。靴を脱ぐことなく利用できるテーブル席のエリアと、靴を脱いで利用するソファや和室のエリアに分かれていますよ。

おすすめは靴を脱いで上がる和室エリア!和室は2部屋あり、どちらの部屋でもふすまに大きく和モダンアートが描かれています。写真の部屋は「赤獅子」、もう一つの部屋は「白獅子」。どちらも壁画絵師・木村英輝氏の作品です。

こちらは靴を脱いで上がるソファエリア。天井が高くゆったりした空間です。窓からは日本庭園が広がり、その奥には嵐山が望める素晴らしい景観ですよ。

スポンサーリンク

ねこねこ食パンは朝ごはんのみ

ねこねこ食パンが可愛い「イクスカフェの朝ごはん」がいただけるのは、8:00~11:00(L.O.10:00)のみ。食パン+トッピング(あずき、バター、生クリーム、みかん)+デザート+ドリンクのセットです。

こちらは“ねこ型”ベーカリー&スイーツ専門店「京都ねこねこ」と「イクスカフェ」のコラボレーションで、イクスカフェで初めての朝ごはんメニュー。2020年9月に登場して以来、この朝ごはんを目当てに開店前から待つ人がいるほどの人気です。

ねこねこ食パンはなかなかの厚切り。横から見るとこんな感じです。食パンの耳までふんわり柔らかですよ。

七輪で焼く時にはちょっと注意

さあ、ねこねこ食パンを七輪の上へ。七輪は初めから火が入っています。
「パンは焦げやすいので、気をつけてくださいね」とお店のスタッフさん。

もう焼けたかなー、まだ早いかなー、としょっちゅう焼き目を確かめつつ……

好みの焼き加減になったので、裏返し!網目の形の焼き目が、猫の模様みたいでなんだか可愛い。パンの焼けるいい香りもじんわり立ちのぼりはじめます。

好みの加減に焼いたパンを食べやすいように千切ると、中からふわあっと柔らかな湯気が!しっとりもっちりとして、パンの耳までフワフワです。トッピングがたくさんあるので、自由に楽しめるのも嬉しい。
「京都ねこねこ」の食パンは水を一切使用せず、水分は100%ミルクのみで作られているのが特徴。コクのある優しい味わいです。

なお、ねこねこ食パンは意外に大きいので、七輪に乗せるとねこの耳部分がはみ出します。焼かなくても美味しいパンなのでそのままいただくのもありですが、私はそこだけちょっと焼き足し。手元で手軽にちょい焼きができる自由さも魅力ですね。
ねこねこ食パンはふわふわ柔らかながら食べ応えもしっかり。パン自体も厚切りなので、見た目よりもボリュームがありますよ。

デザートのお団子も七輪で

デザートのお団子も七輪で焼いていただきます。ねこねこ食パンと違い、お団子はじっくりと火を通すのがおすすめ。こちらのお団子はイクスカフェ京都嵐山本店の人気メニュー「ほくほくお団子セット」でもいただけますよ。
白いのがしろ串団子、緑色がよもぎ串団子。しろ串団子を特製のみたらしダレに絡めて、よもぎ串団子にあずきを乗せてなど、お好みのトッピングも楽しめます。

七輪で美味しいものをのんびり焼く、京都の朝。ゆったりと流れてゆく時間は、日常ではなかなか味わえないもうひとつのごちそうですね。

次ページ:祇園店には三毛猫ちゃんも!

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。