野遊びの楽しさって!?長野「スノーピークランドステーション白馬」

長野「スノーピークランドステーション白馬」で味わう、野遊びの楽しさ!

みなさんはテントを張ってキャンプをしたことがありますか?2020年はキャンプ人口が増えているようなので、最近デビューされた方も多いのではないでしょうか。

キャンプ好きのライター中島誠子が訪れたのは、キャンパーはもちろん、これからキャンプを始めたい方や観光客にもおすすめしたい「スノーピークランドステーション白馬(Snow Peak LAND STATION HAKUBA)」。2020年7月に誕生した、白馬の野遊びスポットです!

スポンサーリンク

「スノーピークランドステーション白馬」とは?

スノーピークランドステーション白馬は、2020年7月、長野県白馬村に誕生したスノーピーク初となる体験型複合施設。“その土地に深く根付く、人生と野遊びの案内所”をコンセプトに、人気アウトドアブランド「スノーピーク」が“野遊びの楽しさ”や周辺地域の魅力を発信する場としてオープンしました。

ここは、ストアでのショッピング、レストランでのお食事やカフェでのコーヒータイムはもちろん、キャンプやイベントなど、丸ごとスノーピークが楽しめる場所。さあ、どんな野遊びが待っているのでしょうか。さっそく施設をご紹介して参りましょう。

圧巻の美しさ!隈研吾氏×スノーピークの建物

到着してまず目にしたのは、世界的建築家、隈研吾氏が設計したインパクトある建物。北アルプスの峰をイメージした屋根と雪の結晶をイメージして作られた天井部分の木組みは、つい見とれてしまう美しさです。白馬の自然に溶け込むように佇む姿は、隈研吾氏が創り上げた美の結晶と自然が一体となったアート作品のようでした。

アウトドア気分で至福のコーヒータイムを

テラスから建物に入ると、そこは「野遊び×コーヒー」が楽しめるスターバックス。スノーピークのファニチャーに囲まれた空間は、アウトドア気分で過ごせる特別なスタバでした!施設内には、白馬観光局インフォメーション(観光案内所)が併設されているので、美味しいコーヒーとともに、白馬観光のスタートを切ってみてはいかがでしょう。

晴れた日は、ぜひテラスや芝生エリアで至福のカフェタイムを。白馬三山を望むテラスからの眺めは、スカッとした気分にさせてくれます。

イベントエリアではマルシェも開催

私が訪れたのは、土曜日。イベントエリアにて、グルメや地元産の食品、野菜、クラフト、アート、ワークショップなど、信州で生み出された品々が揃う「週末マルシェ」が開催されていました。

スノーピークに来て、マルシェまで楽しめるなんて。私には夢のような場所でした!毎週土曜日と連休に開催されているので、詳しくは記事末尾の公式サイトにてご確認ください。

国内最大級!スノーピークのストアでショッピングを

続いてご紹介するのは、カフェのお隣にある、国内最大規模となるスノーピークの直営ストア。キャンプグッズやアパレル用品などを豊富に取り揃えています。ここからここまで全部ください!と言いたくなるほど、スノーピークのギアはスタイリッシュでカッコイイ。

デザイン性だけでなく、優れた機能性もスノーピークの魅力です。ちょうどテントの中で使えるランタンが欲しかった私は、「たねほおずき」というLEDランタンを購入しました。便利な点灯モードや好きな場所に置いたり吊るしたりできる機能性がある大人気商品です。

土鍋やお皿も素敵。次のキャンプには何を持っていこうかと想像しながら、調理ギアを眺めている時間が幸せでした。キャンプでお料理される方は、このゾーンがたまらなく楽しいはず。

ここでしか手に入らない限定アイテムは、スノーピークファン必見!

スノーピークランドステーション白馬限定品やオシャレな白馬土産もあるので、ぜひチェックしてみてください。

ミシュラン星獲得店「神楽坂 石かわ」監修のレストランも!

ストアの隣には、ミシュラン三ツ星を獲得した日本料理の名店「神楽坂石かわ」の石川秀樹氏が監修するレストラン「Restaurant 雪峰(せっぽう)」も。新鮮な地元の野菜、信州牛、白馬吟醸豚、信州ハーブ鶏や糸魚川の魚介類など、北アルプスの恵みをふんだんに使った、“和のエッセンス”を感じるお食事がいただけます。

ランチでは、ごはんメニュー、パスタメニュー、溶岩石で焼き上げるグリル料理など、2,000円以下で楽しめるメニューが多く揃い、週末のランチは長い待ち時間ができるほど賑わっていました。

夕食
(画像提供)スノーピーク

私が気になったのは、ディナーのコース料理。6品コースの「杓子」は2,800円、そして信州牛ランプや信州サーモンが含まれる7品コースの「白馬」は、3,800円なんです!かなりリーズナブルじゃないでしょうか。次回は、絶対いただきたいと思います。

初心者もOK!森の風を感じながら快適なキャンプ体験を

林
(画像提供)スノーピーク

野遊びをより体験したいなら、キャンプフィールドでキャンプを。野遊びエリアに広がる森の中には、キャンプサイトが5サイトあり、愛用のテントやギアを持参してキャンプが楽しめます。AC電源付きなので、初心者にも安心。

キャンプサイトでは白馬の薪を自由に使うことができるので、夜は焚き火を囲みながら、まったり過ごしてみてはいかがでしょう。そして、店舗で購入した地元のお酒やおつまみをプラスすれば、より白馬を感じるキャンプになるはず。

朝食
(画像提供)スノーピーク

キャンプをするからと言って、全て自分で食事を作らなきゃいけないなんてことはありません。夕食はBBQを楽しみ、朝食はレストランでいただく、というチョイスもアリ。せっかく、素敵なレストランがある場所ですので、たまには頑張らないキャンプをして、都会では味わえない贅沢な時間を堪能しましょう。

キャンプ
(画像提供)スノーピーク

初心者が気軽に楽しめるプランも!

アウトドア需要が高まっている今、始めてみたいけど何からスタートしたらよいかわからないという方は、「CAMPプラン/設営サポート付き STAY」プランを。キャンプに必要なアイテムのレンタルが含まれており、テントの設営方法や道具の使い方など、スノーピークスタッフが全部サポートしてくれます!

「もう設営も何もかも、全部やって欲しい!」という方は、1日1組限定の「コンフォートスタイルSTAY」プランを。緑の中に佇むアイボリー色のテントがとっても素敵!テントの中にはベッドが設置され、優雅なキャンプステイが楽しめます。

もっともっと気軽にキャンプをしたい方は、隈研吾氏とスノーピークが共同開発したモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」へ。エアコンやベッド、冷蔵庫付き、1日2組限定のスペシャルなお部屋です。お部屋の中は、木の香りやぬくもりを感じるスタイリッシュな空間。そして、大きな窓からは、森の緑を望むことができ、屋内にいながらしっかりアウトドア気分が味わえます。

キャンプで、源泉かけ流しの温泉!

キャンプ場には、温泉「みみずくの湯」が隣接しています。サイトは電源付きで、敷地内にはレストランも店舗もあって、さらに温泉もあるなんて!超高規格サイトじゃないですか。

しかも、温泉は源泉掛け流し、pH11.2という強アルカリ温泉です。これは、お肌をツルツルにしてくれる美肌の湯。ほんのり温泉の香りがする湯に浸かり、白馬の山々を眺めながら、野遊び後の疲れを癒しましょう。ちなみに白馬観光インフォメーションでは、割引価格の500円(税込/大人)で入浴チケットを購入できます。

敷地内には、24時間OPENのきれいなシャワールームも完備され、シャワー派の方も安心。朝の洗顔にも便利でした。

レンタルサービス「Snow Peak GO」で気軽にアウトドア体験

スノーピークの電動アシスト⾃転⾞「e-BIKE」をレンタルして、白馬村をサイクリングするアクティビティも用意されています。「Snow Peak GO」のプランは、e-BIKEレンタル、スノーピークのピクニックセット、スターバックスのコーヒー豆、併設レストランの特製ランチボックス、温泉⼊浴券付き。サイクリングコースの絶景ポイントでいただくランチ&コーヒーは格別です。

最後に

スノーピークランドステーション白馬は、カフェでコーヒーを飲んだり、レストランでランチをしたりするだけでも楽しめます。しかし、野遊びの楽しさをじっくり体験したい方は、ぜひキャンプをして、どっぷりスノーピークの世界に浸ってみてください。

感じることは人それぞれですが、少なくとも私は、ここで白馬が好きになりました。野遊びとスノーピークがもっともっと好きになりました。特にこれからキャンプをしてみたい、という方にぜひぜひ行っていただきたい場所ですね。

今回の取材ではイベント「LOCAL FOOD TOURISM in HAKUBA」にも参加させていただいたので、そちらのレポートもご覧ください。

ぜひこちらもどうぞ

2020年7月、長野県白馬村に、スノーピーク初となる体験型複合施設「Snow Peak LAND STATION HAKUBA(スノーピークランドステーション白馬)」がグランドオープン。今回、私はそちらで開催されたキャンプツアー「LOCA[…]

スノーピーク×食×白馬「LOCAL FOOD TOURISM in HAKUBA」イベント体験記

スノーピークランドステーション白馬の基本情報

住所:長野県白馬村北城5497
電話番号:0261-75-1158
アクセス:白馬駅より徒歩約10分/北陸新幹線「長野駅」より直通バスにて約60分
公式サイト:https://www.snowpeak.co.jp/landstation/hakuba/

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。