「コンフォートホテル」ってどんなホテル?ビジネスホテルにオシャレなライブラリーカフェも!

「コンフォートホテル」ってどんなホテル?ビジネスホテルにオシャレなライブラリーカフェも!

みなさん、ビジネスホテルにどんなイメージをお持ちですか?シンプル、寝るだけ、安い……なんてイメージを持っていたら、それはちょっと時代bura遅れ。近年、利用者のニーズに合わせて、さまざまなサービスを提供するビジネスホテルが増えており、以前のイメージとはがらりと変わっています。

今回ご紹介する「コンフォートホテル」は、そんな進化系ビジネスホテルの一つ。さあどんなサービスが待っているのでしょうか。その魅力を体感すべく、「コンフォートホテル東京清澄白河」へ行って参りました!

スポンサーリンク

「コンフォートホテル」とは?

「コンフォートホテル」とは?

コンフォートホテルは、世界40ヶ国以上に7,000軒以上のホテルを展開する「チョイスホテルズインターナショナル」が展開しているホテルブランド。日本のコンフォートホテルは、北海道から沖縄まで全64ホテルを展開する、大きなビジネスホテルチェーンです。

コンセプトは、「Color your Journey. 旅に、実りを。」

「お客さまの旅の目的の実現をサポートするホテルとして、一人ひとりの時間を彩りあるものにしたい」という願いが込められています。

抜群の立地が魅力!

コンフォートホテル清澄白河外観
コンフォートホテル東京清澄白河(画像提供)チョイスホテルズジャパン

リピーター客の声や口コミで評価が高いのは、まず立地の良さ。ほとんどのホテルが主要都市、駅周辺に位置しているため、ビジネス・出張や観光でも利用しやすい利便性が魅力です。

清澄白河フロント

今回取材した「コンフォートホテル東京清澄白河」も、東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄大江戸線「清澄白河」駅のB1出入口より徒歩0分と駅チカ!

さらに、ホテルから東京スカイツリーまで地下鉄で7分、東京ディスニーリゾートまで電車で約35分と観光にも便利な立地です。駅チカながらホテル周辺は混雑しておらず、静かな印象でした。ホテルの1階にコンビニもありますし、まさに便利な穴場ホテル。

客室

コンフォートホテルには、なんとウェルカムドリンクも用意されています。チェックイン後は、ドリンクを手にお部屋でゆっくり過ごしましょう。ビジネスホテルとは思えない広い客室なので、リラックスしてくつろげます。
※ドリンクの種類はホテルにより異なります。

スカイツリー

東京清澄白河には、東京スカイツリーが見えるお部屋もあります。スカイツリーの開業が2012年なので、2005年のホテルの開業の方が先。つまり、スカイツリービューを狙ってホテルが建てられたわけではなく、奇跡的にスカイツリービューが現れたホテルなんです。すごいですよね。景観を遮るものがなく、絶景でした!
ちなみに2013年にリニューアルされていますので、ホテルに古さは感じませんでしたよ。

コンフォートホテルの魅力をさらに深掘り!

ここからさらに、コンフォートホテルに迫っていきたいと思います。

居心地抜群のコンフォートライブラリーカフェ

居心地抜群のコンフォートライブラリーカフェ

まずは、私が一番推したい「コンフォートライブラリーカフェ」の話をさせてください!ビジネスホテルとは思えない、こんなオシャレなカフェコーナーがコンフォートホテルの大きな魅力です。

ドリンクサーバー

カフェにはフリードリンクコーナーも。これは本当に嬉しいサービスですよね。宿泊客は、14:00~24:00(一部ホテルは13:00~24:00)の間、このライブラリーカフェを自由に利用することができます。
※ウーロン茶とオレンジジュースは朝食時のみの提供です。

Florida風

コンフォートホテルの誕生の地、フロリダを彷彿とさせる明るく、開放的なライブラリーカフェ。

観葉植物

フォトジェニックなインテリアに囲まれたカフェは、柔らかな光に包まれ、居心地抜群です。いや~これは気分が上がりますね!

本棚

ずらりと並べられた、プロの選書家がセレクトしたこだわりの本や写真集。それぞれのまちの歴史や情報に接することができるよう、ホテルの立地や地場に合った本がセレクトされています。

本とコーヒー

コンフォートホテル東京清澄白河には、ホテルから歩いて行ける超人気スポット「ブルーボトルコーヒー」の本も。いつもは手にしないような本に出会えるのも、ライブラリーカフェの面白さです。

絵本

電源やWi-Fiが完備されているので、ドリンク片手にお仕事をしてもOK。リモートワークにも活用できそうですね。ちなみに絵本もあるので、子連れ旅でも楽しめますよ。

ライブラリーカフェ

そもそも、どうしてビジネスホテルにオシャレなライブラリーカフェを作ったのでしょう。ふとした疑問に、広報ご担当の宮崎さんが答えてくれました。

宮崎さん「きっかけは、2018年のブランドコンセプトのリニューアルです。『Color your Journey. 旅に、実りを。』のコンセプトを実現化するため、常連のお客様を集めて座談会が開かれました。滞在がより充実し、自由気ままに過ごせる場所が欲しい……そういった常連客の声を受け、ライブラリーカフェは誕生しました。旅の情報収集ができたり、本を読みながら思い思いに過ごせる空間を提供し、お客様のサポートをしていきたいですね」

ライブラリーカフェは、東京清澄白河を含め全国で19ホテルに設置されています。

快適なベッドで眠りをサポート!

ツイン

コンフォートホテルでは、ほとんどのツインルームでセミダブルベッド(幅123cm)、シングルルームでダブルベッド(140cm)を採用しているので、広々。しかも全ホテルで寝具メーカーと共同開発された「チョイスベッドパッド」というベッドパッドが使われています。

低反発ウレタンフォームが身体にフィットし、体圧を分散することで肩や腰にかかる負担を軽減してくれるんですって!寝起きが楽になったという声が多く、ひそかにファンも多いのだとか。

そして、全ホテル全室禁煙のため、たばこの匂いの心配はありません。また禁煙にもかかわらず、一部ホテルでは各部屋に空気清浄機が設置されています。

さらなる快眠へのこだわり!

枕

驚いたのは、まだまだある快眠へのこだわり。一見普通の枕ですが、「チョイスピロー」という枕で、これも寝具メーカーと共同開発されたものです。左右非対称にくぼみがあり、どんな姿勢でも安定感のある眠りをサポートしてくれる優れもの。実は、チョイスベッドパッドもチョイスピローもネットで購入が可能です。私も、チョイスピローを即購入しちゃいました!

チョイスフットピロープラス

足が疲れている方は、さらに「チョイスフットピロープラス」を。こちらは希望がある場合のみ、フロントで貸し出してくれます。膝に挟んだり、足を乗せたりすれば、さらなる快眠のサポートになりますね!(これも欲しい……)

ワッフルガウン

ナイトウエアは、「ワッフルガウン」という触り心地のよいワッフル生地のワンピースタイプ。これを着てストレスフリーな夜を過ごしましょう。

無料朝食の美味しさも大評判!

無料朝食
(画像提供)チョイスホテルズジャパン

朝食は、”Color your Morning”をコンセプトにしたブッフェスタイルです。ライブラリーカフェのあるホテルでは、そこが朝食会場になりますよ。

パン、サラダ、メイン、ピラフなど、無料ながら充実したラインアップが人気。朝食無料サービスのビジネスホテルが増えていますが、コンフォートホテルの朝食は、種類や内容、美味しさに定評があります。
仕事や旅の前に、しっかり栄養補給をして、出発しましょう。

※新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、現在は提供方法が異なり、お部屋でもいただけます。

ビジネス利用から家族旅行まで!

ビジネスホテルだけど、家族旅行にも最適!

コンフォートホテルは駅チカなので、移動が楽ちん。さらにベッドやお部屋も広いので、出張利用だけでなく一人旅、カップル旅、女子旅、家族旅行まで、どんなスタイルの滞在にも最適です。

しかも全ホテル、小学生以下の添い寝の子どもが無料です!ベッドとお部屋の広さも、写真でおわかりですよね。もちろん子どもの朝食も無料なので、何かと出費の多い子連れ旅に助かります。

次の旅の選択肢に 、コンフォートホテルを入れてみてはいかがでしょうか。

コンフォートホテル基本情報

公式サイト:https://www.choice-hotels.jp/
ライブラリーカフェ紹介ページ(導入ホテル一覧):https://www.choice-hotels.jp/hotel/comfortlibrarycafe/
快眠アイテム紹介ページ:https://www.choice-hotels.jp/brand/sleep/

<コンフォートホテル東京清澄白河>(今回取材させていただいたホテル)

コンフォートホテル清澄白河

住所:東京都江東区白河1-6-12
電話番号:03-5639-9311
アクセス:東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄大江戸線「清澄白河」駅・B1出入口より徒歩0分

【hitotema編集部注】
当記事は、広告記事ではありません。
編集部スタッフが企画し、中島誠子さんが取材・撮影・執筆を担当しました。

スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。