ポイント解説&和訳!ディズニーの公式レシピ「トンガトースト(Tonga Toast)」

【和訳付き】ディズニー公式レシピ「トンガトースト」ポイント解説も!(Tonga Toast)

新型コロナウイルス感染症拡大により、世界的に外出自粛傾向が続いている今。世界中の子どもたちやその家族におうち時間を楽しんでもらおうと、ディズニーが「#DisneyMagicMoments」という企画を展開しています。

そのひとつが、公式レシピの公開!今回は2020年5月6日に「母の日の朝食に」と公開された、トンガトーストです。アメリカにあるホテル「ディズニー・ポリネシアン・ビレッジ・リゾート」のメニューです。

実際にhitotema編集部が作った工程写真もありますので、参考にしてください。

材料(4人分)

材料
(写真は1/4です)

シナモンシュガー

グラニュー糖 160g
シナモンパウダー 小さじ2

バッター液(卵液)

卵 4個
牛乳 320ml
シナモンパウダー 小さじ 1/4
グラニュー糖 大さじ1

トンガトースト

キャノーラ油(揚げ油) 1L
サワードウブレッド 1本(30cm) ※
皮をむいたバナナ 2本

※乳酸菌を使った酵母で作る、ライ麦入りのパンです。ここでは、ライ麦入りの食パン(6枚切り)を使いました。

作り方

シナモンシュガー

トーストが入る大きさのボウルでグラニュー糖とシナモンシュガーをしっかり混ぜ、置いておきます。

シナモンシュガー

バッター液

トーストを浸せる大きさのボウルに卵を割りほぐし、牛乳、シナモンパウダー、グラニュー糖を入れてしっかり混ぜ、置いておきます。

バッター液

原文はWhip(ホイップ)ですが、公式動画では泡立ていないため、今回は画像のようにしました。

トンガトースト

キャノーラ油を170~180度に熱します。

キャノーラ油を170~180度に熱します。

※今回はフライパンに1cmほどの油で揚げ焼きにしましたので、点火したのはのあとです。

サワードウブレッドを7.5cmの厚さで4枚にカットします(今回は食パンですのでカットはしていません)。

バナナを横半分に切ったあと、縦半分に切ります。

バナナ

パンに切り込みを入れ、1/2本のバナナを入れます。

バナナを挟む

原文はポケットを作るイメージですが、今回は食パンなので半分に切って挟みました。

パンの両面をバッター液に浸します。

バッター液に浸す

今回は2枚とも両面浸してバナナを挟み直しました。それでもバッター液は余ったので、食パンで作る場合はバッター液は3/4量でよさそうです。

熱い油に入れます。

熱い油に入れる

きつね色になるまで4分ほど焼き、油を切ります。必要に応じて2分で裏返してください。

きつね色になるまで焼く
裏返す

今回は、上のパン・バナナ・下のパンに分けて裏返していきました。

油を切る

かなり重いので、油から上げるときはフライ返しだけでなくスプーンやフォークで補助すると安定しやすいです。

シナモンシュガーをまぶします。

シナモンシュガーをまぶす

できあがり!

完成写真

揚げ焼きが美味しいフレンチトースト

揚げ焼きが美味しいフレンチトースト

トンガトーストという名前ですが、日本ではフレンチトーストという名前のほうがしっくりくる味でした。バッター液にも仕上げにも使う、Wシナモンがポイント!温まって少しやわらかくなったバナナも最高でした。

【原文】

DisneyMagicMoments: Tonga Toast at Disney’s Polynesian Village Resort –The Ultimate Mother’s Day Breakfast Treat
Disney Parks Blogより
©Disney

スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。