ギュッと濃縮された美味しさ!バスクチーズケーキのレシピ

ギュッと濃縮された美味しさ!バスクチーズケーキのレシピ

バスクチーズケーキは、スペインのバスク地方・サンセバスチャンにあるバルの名物であるチーズケーキです。特徴は、表面がこんがりと黒く焦げてキャラメル状になっていること。
最近はコンビニでよく見かけるほど人気のスイーツになりつつありますね。

リード

しっかりと焼き上げているのですが、中はしっとりとろけるような味わいなので、ベイクドケーキとレアチーズケーキの中間のような味わいです。出来立てよりも1~2日寝かせたほうが生地が馴染み、チーズのコクを感じられます。

スポンサーリンク

材料(15cmの丸型1台分)

  • クリームチーズ 200g
  • 砂糖 60g
  • 卵 2個
  • 生クリーム 180ml
  • レモン汁 大さじ1
  • 薄力粉 大さじ2

作り方

室温に戻して柔らかくしておいたクリームチーズを泡立て器でクリーム状に練ります。

作り方1

砂糖を入れて混ぜます。

作り方2

砂糖を入れて混ぜると、下の写真のようにとろりと柔らかくなります。

作り方3

卵を入れて混ぜ、続けてレモン汁を入れて混ぜます。

作り方4

ふるいにかけた薄力粉を入れて混ぜます。

作り方5

生クリームを入れて混ぜます。

作り方6

クッキングシートをサッと水に濡らして絞り、くしゃくしゃにして型に敷きこみます。

作り方7

生地を流し込みます。

作り方8

220度に予熱したオーブンで30~40分ほど焼き、完成です。上が焦げすぎそうなら、途中でアルミホイルをかぶせてください。

作り方9

焼き上がりは膨らんでいますが、冷めるとしぼみます。

口に入れると、チーズのコクと濃厚さをたっぷり味わえます

口に入れると、チーズのコクと濃厚さをたっぷり味わえます

チーズのコクと美味しさがギュッとつまったバスクチーズケーキ。
15cmの丸型で焼き上げるとぷく~っと膨らみますが、冷めると沈んでぺったんこになります。結構小さいな……と思われるかもしれませんが、その分チーズの味わいがギュッとつまっているので小さな1切れでも満足できますよ。
ワインとの相性もいいです。素材の美味しさをじっくりと味わうことのできる大人のスイーツです。

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。