生肉不使用でも美味!子どもと作れる餃子レシピ。ホットプレートでもOK

生肉不使用でも美味!子どもと作れる餃子レシピ。ホットプレートでもOK

大人も子どもも大好きな餃子。冷凍餃子もハイレベルな美味しさですが、時間があるときは家族みんなで手作りも楽しいですよね。

でも、生のひき肉を触るから小さな子どもには心配……

と思っている方に、「生肉を使わない餃子」レシピをご紹介します。
お肉じゃない餃子も、意外と美味しいですよ。

スポンサーリンク

お肉以外のうま味も無限にある!

お肉以外のうま味も無限にある!
サバとエノキダケ

肉を使わず野菜だけにすると、やっぱり少し味気ないです。では何が肉の代わりになるのか言うと、「うま味があって細かくできる食材」ならなんでもOK。

  • サバの塩焼き(サバ缶)
  • アジの塩焼き
  • しらす(ちりめんじゃこ)
  • 干しエビ
  • 干し貝柱
  • スルメ(イカの燻製)
  • チーズ
  • きのこ類

など。好みですが、イワシだとクセが強すぎるかもしれません。
肉類がよければ加熱調理不要のベーコンやチャーシューでもいいですし、ドライトマト+バジル+チーズでイタリア風なんかもおもしろそうですね。

肉なし餃子のレシピ

今回はサバ&エノキダケ&チーズでご紹介していきます。

材料(30個分)

  • 餃子の皮 30枚
  • 白菜(またはキャベツ) 250g
  • サバ 2切れ
  • エノキダケ 1/2株
  • チーズ 30g
  • ごま油 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • お湯(水) 50ml

※サバ缶(1缶)でも代用できますが、味が濃いので醤油や塩の量は半分くらいに減らしてください。
※サバはあまり塩気が強すぎないものがおすすめです。塩サバの場合は、塩は不要です。
※チーズはピザ用でもベビーチーズなどを刻んだものでもOKです。

作り方

サバを焼き、皮と骨を外してほぐす。

白菜と石づきを取ったエノキダケを細かく刻む。

白菜にごま油、醤油、酒、塩を入れて混ぜ、全体をなじませる。

サバ、エノキダケ、チーズを入れてさらに混ぜる。

作り方1

油(分量外)を敷いたフライパンに包んだ餃子を並べていく。

作り方2

※バットに並べて、全部包んでから熱したフライパンに乗せてもいいのですが、子どもと作るならこちらのほうが洗い物も少なく手軽です。

並べ終えたら中火にかける。

作り方3

焦げ目がついてきたらお湯を入れてふたをし、蒸し焼きにする。

作り方4

2分ほど焼いたらふたを取り、水分を飛ばす。

作り方5

完成!

完成写真

フライパンのほうが焼き目がキレイにつきますが、テーブルで作るならホットプレートも便利です。

完成写真2

チーズは万能!

ベースにチーズがあるとその他は少なくてもそれなりに美味しく仕上がります。 うま味の強さは食材によって違いますが、いろんな具材で気楽に試してみてください。

清潔な手で自由に楽しもう!

餃子を包む子どもの手

餃子は細かい作業なので、調理用の手袋をして作るのはやはり難しいです。調理前の手洗い、消毒は徹底するようにしてください。

子どもの餃子

具を入れすぎてあふれてしまった餃子……

子どもの餃子2

変わった形に挑戦したくなった餃子……

子どもの餃子3

意外と美味しそうに焼けた!、なんてこともあります。

どんな餃子でもいい思い出になりますので、キレイに作ることにはあまりこだわらず、自由な発想で餃子作りタイムを楽しんでくださいね!

スポンサーリンク
>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。