『からすのパンやさん』のいろいろなパンのレシピ #絵本のパン

『からすのパンやさん』のいろいろなパンのレシピ #絵本のパン

小さなころから何度も読んでいる、お気に入りの絵本です。

からすのお父さんとお母さんが子どもたちを必死に育てている姿がほほえましくて、つい今の自分と重ねてしまいます。子どもを育てることは大変だけれど、それ以上に楽しいことや面白いこともたくさんなんですよね。

からすの家族が作ったユニークでいろいろなパンもまた魅力的です。チューリップパンやおさかなパン、スターパンなど……。からすのパンやさんが作るパンはどんな味なんだろう?と考えました。

ふんわり柔らかくて優しい味なんだろうなと思いながら、レシピを作りました。ほんのり甘くて、玉子と牛乳の優しい風味がプラスされた生地です。

スポンサーリンク

材料(8個分)

  • 強力粉 300g
  • 砂糖 30g
  • 塩 4g
  • ドライイースト 3g
  • 玉子 1個
  • 牛乳 130ml
  • 無塩バター 20g
  • チョコペン お好みで
  • 溶き卵 少々
スポンサーリンク

作り方

ボウルに強力粉、塩、砂糖を入れてスプーンで混ぜます。

玉子、牛乳、ドライイーストを入れたら手にくっつかなくなるまでこねます。

室温に戻した無塩バターを入れ、さらに全体がまとまるまでこねます。

ボウルに入れてふんわりとラップをします。

温かい場所に置き、生地が2倍以上に膨らむまで一次発酵させます。(目安:30~35度で約1時間。オーブンの発酵機能を使うと便利です)

※ホームベーカリーをお持ちの方は、この工程までは「生地コース」で作れます。

生地を8等分して手で丸め、そのまま15分おきます。(ベンチタイム)

生地を使って、自由に形を作ります。スケッパーがあると便利ですよ。

温かい場所に置いて二次発酵させます。(目安:30~35度で約40分)

表面に溶き卵を塗ります。

10180度に予熱したオーブンで、10分ほど焼きます。

11お好みで、チョコペンで顔や模様を描いたら完成です。

スポンサーリンク

アイデアは無限!さぁあなたならどんなパンを作る?

今回子どもと生地を丸めながら色々なパンを作ったのですが、とても楽しかったです。やっぱり自分でアイデアを出しながら作るっていいなと感じました。そして自分たちで作ったパンが焼けるとまたこれが美味しくて、あっという間に食べてしまいました。

生地を発酵させている間、膨らむパンを見ているのも面白いものです。
時間のある日に、ゆったりとした気分でパン作りしてみませんか?日々のストレスもパンが膨らむにつれて消えていって優しい心になれますよ。

【参考文献】
かこさとし(著)『からすのパンやさん』偕成社, 1973年
Amazon 楽天ブックス

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
Cookieなどの設定や使用の詳細については詳細をよくお読みいただき、これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになりますので、ご了承願います。

同意する