絶品オイル蒸し

ごま油の使い分けと絶品オイル蒸しの作り方 #世界のオイルを巡るレシピと油活のススメ

野菜と塩豚のオイル蒸しのレシピ

今回はその黄金タイプのごま油を使った簡単なオイル蒸しをご紹介します。私はこのオイル蒸しが一番野菜をたっぷり美味しく食べられる調理法だと思っているのです。油っぽくはなりませんよ~。
野菜は旬のもの、お好みのものでOK、お肉は入れても入れなくても、魚介類でもいいのです。

とにかく塩とオイルと素材の水分だけの美味しさを実感していただきたい。
今回の野菜や分量などは画像をご参照ください。

沢山盛って蒸せるモロッコのタジン鍋を使うとそのまま食卓に出せて便利ですが、蓋つきの鍋で大丈夫です。野菜の旨みが出たスープごといただくので、網は要りません。

今回使ったごま油

玉締め絞り胡麻油
(画像提供)金田油店

今回使った油はこちら、玉締め搾り胡麻油です。
商品リンク:https://www.abura-ya.jp/SHOP/KB_a002.html

材料(画像は2人分目安)

旬の野菜で。もやしや白菜、お芋やれんこん、ブロッコリーなどでも。
ベーコンを作ろうと塩を振り脱水シートで保存しておいたもの・塩分が強いものは塩抜きして
  • お好みの野菜(キャベツ・スイスチャード・パプリカ・しめじ・アスパラガス・スナップエンドウ)
  • 塩豚(豚バラ肉に塩を振り数日置いたもの)
  • 玉締め搾り胡麻油 大さじ2
  • 水 大さじ1
  • 塩 適量

作り方

野菜はなるべく同じくらいに蒸し上がるように切る。豚肉は薄切りに。
※根菜など硬いものは薄く切ったり、葉物は後で加えても。

蓋つきの鍋にの野菜を軽く塩を振りながら重ね入れ、お肉を乗せる。

油と水を上から回しかけ、蓋をして点火。湯気が出てきたら火を弱め12分程度蒸す。(焦げそうなら水を少し足す)

ポイント

お肉はたまたまあった塩漬け豚肉を使いました。水分が抜けて旨みが凝縮し、保存もできて便利です。生のお肉ならスライスして塩を振って、また塩麹に漬けておくと柔らかくなりますよ。

蒸し加減はお好みですが、野菜がしゃっきりした歯触りでオイルの香りもふわっと漂う仕上がりがおすすめです。使う野菜によって出る水分も変わりますのでいろいろ試してみてください。大根や白菜などを使うなら水を加えなくても大丈夫。塩は野菜の水分を引き出すので忘れずに。

あとはオイルをかけて蒸すだけで艶とコク、香りと旨みがあわさって素晴らしい相乗効果に。味が足らなければポン酢や柚子胡椒などかけてもいいのですが、大体そのままで大満足です。

もちろんどのごま油でも、違う油でも出来ます。油を変えると出来上がりの雰囲気ががらっと変わるのも面白いですよ。アレンジは無限大!!

スポンサーリンク

青木絵麻さんの著書・共著はこちら

油屋ごはん 油屋店主の旨いものレシピ

Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング

からだを活性化させる 魔法の油!オメガ3レシピ

Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング

関連記事

>hitotema

hitotema

贅沢・丁寧は、難しい。でも、節約・時短ばかりじゃつまらない。日々の生活を彩る、嬉しい情報を届けます。